週刊仮想通貨ニュース|バイナンスCZ氏の発言に注目集まる、BTC2,700万円相当で個人情報販売の可能性など

今週のニュース

一週間(7/2〜7/8)のニュースを中心にまとめてお届けしていく。

今週は、暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスのChangpeng Zhao最高経営責任者(通称CZ氏)が、現在の弱気市場における同社の方針と強み、そして今後の計画について語ったニュースが最も多く読まれた。

仮想通貨市場については、ビットコイン(BTC)が2万ドル水準を回復した背景について書いた5日のレポートが注目を集めている。

このほか、中国で10億人分の個人情報が流出した可能性があることを報じた記事も関心が高かった。


目次
  1. 今週のニュースランキング
  2. 相場ニュースランキング
  3. 仮想通貨・ブロックチェーン業界ニュース

今週のニュースランキング

1位:バイナンスCZ氏「現在50社以上と救済策を協議中」(7/2)

バイナンスのCZ氏は1日、現在の弱気市場におけるバイナンスの方針と強み、そして今後の計画について発言。現在50社以上と救済策を協議していると明かし、個人投資家にメッセージも寄せている。(記事はこちら

2位:韓国の自動売買サービス、LUNA空売りで顧客資産99%損失(7/7)

仮想通貨投資プラットフォームUpriseが、顧客資金を使ったトレードで約27億円(267億ウォン)の損失を出したことが分かった。Upriseのロボアドバイザーは、今年5月の「テラ(LUNA)」の暴落時に先物市場で空売りを試みたが、価格の反発時に資産が清算されたようだ。(記事はこちら

3位:仮想通貨ヘッジファンドThree Arrows、米国で破産申請(7/2)

仮想通貨ヘッジファンドThree Arrows Capital(3AC)は1日、米国で破産申請を出したことが分かった。英領バージン諸島(BVI)で同社の清算作業が進行しているが、併せて米国破産法第15章(国際倒産)を適用する。(記事はこちら

相場ニュースランキング

1位:ビットコイン2万ドル水準回復の背景は、SOPRでは長期保有者の「降伏シグナル」も (7/5)

ヘッジファンド3ACの破産と業界内の救済行動を経て、過去最悪の状況にあった投資家心理に改善傾向が見られ始めた。オンチェーンデータのSOPRでは、ビットコイン長期保有者の降伏シグナルが確認された。(記事はこちら

2位:ビットコイン反発で22000ドル台を回復、金融市場で過度の警戒感和らぐ(7/8)

米株指数上昇で買いが優勢となり、仮想通貨市場ではビットコインが22,000ドル台を回復。イーサリアム(ETH)などのアルトコインも買われた。過度の警戒感が後退したことが背景にある。(記事はこちら

3位:低迷続く仮想通貨市場、マイナー収益率悪化で「プエルマルチプル」は過去最低水準を推移(7/4)

仮想通貨市場では3ACの破産が伝わり、連鎖的な破綻リスクが懸念される。ビットコインやイーサリアムのマイナー収益率の悪化の影響で、「プエルマルチプル」は過去最低水準を推移する。(記事はこちら

仮想通貨・ブロックチェーン業界ニュース

ビットコイン2,700万円相当で個人情報を販売すると提示 中国で10億人分のデータ流出か(7/5)

「ChinaDan」と名乗るハッカーは、上海市の警察当局のデータベースから、中国の国民約10億人分の個人情報を盗んだと主張。この個人情報を、ビットコインによる支払いの場合は10BTC(2,700万円相当)で販売するとした。(記事はこちら

イーサリアムSepolia、マージ実装完了(7/7)

イーサリアムのテストネット「Sepolia」は日本時間7日未明、大型アップグレード「The Merge」の実装を完了。Sepoliaは、Ropstenに続く2番目のテストネット実装である。(記事はこちら

ソラナ(SOL)開発のSolana Labs、投資家から集団訴訟を受ける(7/7)

ソラナ(SOL)の開発企業やリードインベスターに対して、米国の投資家がカリフォルニア州連邦裁判所に集団訴訟を起こしたことが明らかになった。未登録の証券販売からインサイダーが利益を得る一方で、一般投資家が損害を被ったとして補償を求めている。(記事はこちら

国内取引所DMM Bitcoin、ジパングコイン(ZPG)の取り扱い開始へ(7/4)

国内の取引所DMM Bitcoinは4日、ジパングコイン(ZPG)の取り扱いを近日中に開始すると発表した。ジパングコインの日本での取扱いは初。(記事はこちら

FTXサムCEO、「最悪の事態は過ぎ去った」(7/7)

大手仮想通貨取引所FTXのサム・バンクマン=フリードCEOは、ロイターとのインタビューで、仮想通貨業界では厳しい状況が続いているものの、最悪の事態からは脱しつつあるとの考えを明らかにした。(記事はこちら

Mt.Gox債権者、ビットコインや現金の弁済手続き開始(7/8)

2014年に経営破綻した仮想通貨取引所マウントゴックス(Mt.Gox)の小林信明再生管財人は6日、債権者の弁済手続きの案内メールを送付。マウントゴックスは約14〜15万BTCを保有しているとされていることから、市場への売り圧が投資家に懸念されている。(記事はこちら

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します