セルシウス、再建のために弁護士を雇い直す

未だ出金停止

仮想通貨融資プラットフォームCelsius Network(セルシウスネットワーク)は財務再編のために、新たな弁護士を雇っている。米WSJが報じた。

同社は6月13日に「極端な市場変動」を理由に顧客資産の引き出し、スワップ、口座間の送金の一時停止を発表した直後、財務再編に向けて法律事務所Akin Gump Strauss Hauer & Feld LLPを雇い、財政問題の解決策を模索することが報じられた。以降セルシウスは顧客の出金を停止しながら、MakerやAaveといった融資プラットフォームの債務を返済開始。

関連知られざるセルシウスの内情とは、Arkhamの報告書

セルシウスは今回、法律事務所Kirkland & Ellisに交代させ、担当弁護士が破産申請を含む選択肢について助言する。Kirkland & Ellisは先週破産申請を発表したVoyager Digital社も担当している。

関連バイナンスとFTXの両トップ、SNS上で舌戦を展開

セルシウスは未だ出金再開の目処に関する計画を提示していない。一方、The Blockが入手した情報筋の内容によると、同社は長期化する破産手続きを避けることを望んでいるという。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します