CoinPostで今最も読まれています

人工衛星の活用、ビットコインがインターネットなしで利用できる可能性

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

衛星活用で世界中の誰もがビットコインネットワークにアクセス可能
インターネット環境が使えない40億人の人口が衛星を介してビットコインを使用可能になる世界を目指す
地域性・一過性が高く、信頼度の低い通貨が不要になる可能性
P2P管理により、金融システムをユーザー同士が監視。世界的に信頼された価値を利用することで、価値の高騰・暴落を防ぐ。

技術の進化はあらゆる産業に変化をもたらし、貯金やお金のやりとりといった金銭に関する面でも革命を起こしています。

10年もしないうちに、ビットコインは多くの人々や企業に採用され、技術革新の中心となり金銭の未来を開拓しているでしょう。この変化をより加速し、地球上の人々がより多くビットコインを使用できる機会を持つ未来を作るために、Blockstream社は‘Blockstream Satellite’を発表します。

‘Blockstream Satellite’は世界初、リアルタイムでビットコイン取引を宇宙の衛星で管理し利用できるようにするためのサービスです。これにより、経済面や様々な理由でネットに繋げない約40億の人々を含む世界中の人々がどこからでもビットコインネットワークにアクセスできるようになります。

サービスを開始した今日(8月15日)、Blockstream Satelliteはすでに地球上の3分の2の地域からのアクセスが可能であり、今年中には全世界中で利用ができるようになる予定です。多くの人がBlockstream Satelliteを通しビットコインを使用することによって、さらに多くのビットコイン利用者が増え、さらには全体的なネットワークの強化が期待できます。

ビットコインは従来の金融システムに革命を起こす

2008年の導入以降、ビットコインは世界中のたくさんの開発者、投資家、技術者の熱意や想像力を膨らませています。彼らのような未来を創造する方達は政府や銀行機関に制御されない金融システム、すなわち使用者が直接金銭の管理ができる仮想通貨に価値を見出しました。

従来の金融システムの制限(従来の通貨など)を考えてみてください。何世紀もの間、貨幣は政府によって発行・管理され、普通に生活する人々は自分のお金を使用すること以外は容易にできない現状があります。時に、通貨はそれを信用し利用していた人々の信頼を完全に失わせることもあります。一例として、ベネズエラは今年の初旬、経済破綻によるスーパーインフレーションに陥り、100ボリバル(歴史上最高額で約$31)が米国1セントまで崩落しました。未だベネズエラ通貨価値の変動は続いてます。

インドも近日、政府がすでに流通している貨幣の86%が一般の商店で使用できなくなり新しい通貨への移行宣言したときに、選択肢のない人々は新しい紙幣に頼るしかなく経済的な大惨事を引き起こしました。この法律の施工はそもそも税金を支払っていない富裕層に向けられたものですが、それとは裏腹に国全体の経済を揺るがす自体に陥り、インド全体の支出の低下、現金不足、銀行前に長蛇の列ができ、企業も破産が相次ぐなどの大きくマイナスな結果をもたらしました。ウォールストリート・ジャーナルはこのインドの取り組みを『Demonetization Debacle(貨幣廃止による暴落)』と名付けました。

これらのような通貨による経済危機は、不安定な財政状態にある世界で人々に自由や管理の権限を与えるビットコインの採用を後押しします。

またクレジットカードやPaypalのようなネットバンキングの金融システムに焦点をあててみると、それらもまた組織に管理され使用の規制や制限をかけられています。ビットコインはこのような制限を取り除き、銀行口座開設、クレジットカードの発行などをせずに誰でも好きな相手に支払いをすることを可能にします。

成長を続けるビットコインは世界に新しい価値や概念、方法を生み出します。ビットコインは所有者に制御権利があるため、権力は分散されるため、国と国との壁や法人などによる管理もないので、誰にも制御されていない今までの貨幣とは一線を画したものです。その上取引や支払いをする際、相手や企業との取引上の許可を必要としないため、どんな時でも色々な形で自分の利用したい方法での取引ができるのです。これにより消費者や商人、さらには経済全体により多くの選択肢を与えることになります。

Blockstream Satelliteはビットコインをさらに国際化させる

インターネットがコミュニケーション、貿易、出版などの産業に革命を与えたように、ビットコインも金融界に革命を起こしています。ピアツーピアの技術が基盤のため、本質的に中央制御や許可を得る義務(Permissionless)が生じないのです。ビットコインはユーザに管理する権限を与え、世界中の人々を繋げることにより、アクセスできる機会を平等にし、結果として従来の通貨によって発展を妨げられていた経済そのものを改善し、長期的な価値を構築することになります。

もちろんこのような分散型で許可を必要とせず、その上で安全な金融システムを構築するのは容易なことではありません。しかしながら革新的なアイデアと技術を使えば実現できる可能性はあります。現代に革命をもたらしたとされるインターネットですら一日で出来上がった訳ではないように。

ビットコインが確実に世界の金融情勢を革新をもたらすためには、誰もが平等に利用でき、世界中どこからもアクセスができるようになる必要があります。弊社のBlockstream Satelliteによりビットコインネットワークにアクセスするコストは大幅に低下しました。これにより多くの人々のアクセスが可能になり、ビットコインのみならず世界の金融情勢に影響を与えるのは間違いありません。

今回のサービス開始を私たちはとてもうれしく思い、ぜひみなさんにもBlockstream Satelliteを通してビットコインネットワークに参加してみてください。もしあなたがIT技術者なら、さらに多くのコミュニティ、ユーザーまた起業家がビットコインネットワークに参加できるよう、あなたの助言や意見を共有していきましょう!

Announcing Blockstream Satellite

Aug 15, 2017 by Adam Back, Ph.D.

原文はこちらから
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06:00
コインベース、ソラナミームコイン「WIF」の永久先物提供へ
米仮想通貨取引所大手コインベース(およびインターナショナル取引所)は19日、ソラナ基盤のミームコイン「WIF」のパーペチュアル先物取引を新たに提供する予定を発表した。
04/18 木曜日
17:05
Flare Network、PFP NFT生成AIサービスの一部機能を公開
Flare Network(フレアネットワーク)はデータに特化したブロックチェーンとしてAIを強化。Atrivと提携してコードなしでNFTを生成するプラットフォームを提供。このプラットフォームは、デジタルアートの取引と集大成を容易にし、安全なクロスチェーン取引をサポートする予定。
17:00
ビットコインの新トークン標準「Runes」が注目される理由
仮想通貨 ビットコイン新たな代替トークン基準「Runes」にコミュニティの注目と期待が集まっている。ビットコイン版NFTの発行を可能にしたOrdinalsの開発者が、設計した新たなプロトコルで、ビットコインの半減期に合わせてローンチされる。
16:25
ソラナのDEX「Drift」、18万ユーザーに1億トークンのエアドロップ実施へ
ソラナのDEXプロトコル、Driftが1億トークンのエアドロップを実施予定。取引量200億ドル超のプラットフォームで、ユーザー活動に基づくトークン配布が行われる。新たな暗号資産(仮想通貨)DRIFTの詳細を解説。
15:00
コンサル大手EY、イーサリアム基盤の契約管理サービスを立ち上げ
世界四大会計事務所の一つ、アーンスト・アンド・ヤングは、ブロックチェーン技術を活用した企業契約管理ソリューション「EY OpsChain Contract Manager」の立ち上げを発表した。
14:00
「ビットコイン半減期は年単位で見れば価格に大きなインパクト」Bitwise分析
Bitwiseは今後の価格についてビットコイン半減期の長期的な影響は過小評価されていると述べた。一方、ゴールドマン・サックスはマクロ経済情況も重要と分析している。
12:00
RWA分散型金融Centrifuge、23億円調達
Centrifugeは新たな資金を利用し、Baseチェーン上に構築され、Coinbase Verificationと統合されたRWA向けの機関投資家グレードの融資市場の構築に取り組んでいく。
10:50
分散型決済Slash Payment、エアドロップ第一弾の詳細発表
仮想通貨決済サービス「Slash Payments」は、独自トークンSVLエアドロップ第一弾の詳細を発表した.。SlashのNFT保有者などが対象となる。
08:15
Roninチェーンが初のWeb2ゲームIP導入、韓国の「Ragnarok」
「Ragnarok: Monster World」は、Ragnarokが出すWeb3戦略ゲームで、タワーディフェンスとモンスター収集の要素を組み合わせたこのゲームだ。プレイヤーは「Ragmons」を集めたり、PvPモードで戦ったり、ギルドを作ったりできる。
07:15
「4月末までにブラックロックのビットコインETFがGBTCを追い抜く可能性」アナリスト予想
仮想通貨ビットコインのETFについて、4月末までにはブラックロックのIBITがGBTCを追い抜くとブルームバーグのアナリストが予想。両ETFの差は確実に狭まってきている。
06:30
ワールドコイン、独自のレイヤー2「World Chain」発表
ワールドIDを持ち人間であることが確認されたユーザーは、ボットよりも優先的に仮想通貨のブロックスペースを利用でき、無料のガスも利用できる。
06:00
TikTok関連企業BytePlus、Suiブロックチェーンを採用
BytePlusとの提携のほか、Sui財団がリアル・ワールド・アート・トークン化(RWArt)の先駆である「Artfi」に投資を行ったことも発表された。
04/17 水曜日
17:30
Polyhedra Networkがグーグル・クラウドと提携 ゼロ知識インフラ「Proof Cloud」を発表
Polyhedra NetworkがGoogle Cloudと提携し、ZK-as-a-service「Proof Cloud」を発表。ゼロ知識証明の生成を簡略化し、個別要件に最適なインフラストラクチャを提供する。Google Cloudは、AIの品質管理に関する機械学習機能を強化するため、ゼロ知識技術を活用するためにPolyhedraと協力する方針だ。
17:29
HashPalette『THE LAND エルフの森』と『EXPO 2025 デジタルウォレット』のコラボ企画発表
メタバース型ファーミングブロックチェーンゲーム『THE LAND エルフの森』と『EXPO 2025 デジタルウォレット』のコラボ企画が2024年4月24日に開始。特別な釣りイベントで万博チケットを獲得するチャンス!NFT関連事業を手掛けるHashPaletteが開催。
16:16
コインチェックTVCMを5月に放映開始、稲垣吾郎と鈴木もぐら出演
コインチェックが新CM「コインチェッくん篇」を、半減期後となる2024年5月から放映開始。稲垣吾郎と鈴木もぐらが出演。暗号資産(仮想通貨)「ビットコイン買うならコインチェック」と訴求する。過去のCMからの一貫性にも注目だ。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/04/20 ~ 2024/04/21
大阪 京セラドーム大阪
2024/04/25 ~ 2024/04/26
東京 国立新美術館
重要指標
一覧
新着指標
一覧