国内取引所Bitgate、「Himalaya Exchange Japan」に改名へ

ブロックチェーン事業を更に強化へ

国内暗号資産(仮想通貨)取引所のBitgateを運営するBitgate株式会社は、社名を8月1日付で「Himalaya Japan株式会社」変更すると発表。併せて、取引所の名称も「Himalaya Exchange Japan」に改名することを公表した。

Bitgate社は、フィンテック事業を通じてインターネットインフラや、付加価値サービスの企画開発を行っている企業。21年末にはNFT(非代替性トークン)マーケットプレイスやECサイトの向けの決済ソリューションの展開も開始している。

運営する取引所Bitgateは、資産を100%コールドウォレットで取り扱っているのが特徴、取り扱い銘柄はビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)だ。

関連:GMOコイン、取引所で新たに4銘柄(ADA、MKR、DAI、LINK)取り扱いへ

発表によると、今回の社名変更は「グローバルな企業へ生まれ変わることを目的」としているという。

鈴木 実代表取締役は、プレスリリース上で以下のようにコメントした。

当社は従来通り日本国内の規制に準拠した暗号資産交換業を営むとともに、今後はグローバルな企業へ生まれ変わることを目的に「Himalaya Japan株式会社」へ社名を変更する運びとなりました。社員一同新たな気持ちで、より一層業務に邁進してまいります。今後ともご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

Bitgate社は今後、「暗号資産販売事業及び暗号資産決済ソリューションサービスの強化を図るとともに、様々なブロックチェーン関連事業に積極的に挑戦し、個人・法人を問わず、多くのお客様にご利用いただけるようサービスの拡充」を図っていくと説明している。

IEOに向けたプロジェクトも開始

同社は現在事業の拡大を進めており、7月初旬には、観光に特化したデジタル通貨「ルーラコイン」を展開する株式会社ルーラと提携し、「Travel to Earn」をコンセプトにした仮想通貨「ルーラトークン」のIEO(Initial Exchange Offering)実現に向けたプロジェクトを開始したことを発表した。

ルーラトークンは、所有することで、全国の観光地で使える「VIPチケット」が付与され、そのチケットを使って、観光地で特別な体験などができるというもの。

ルーラ社が運営する観光DAOに参加することも可能で、集まった観光支援予算を活用して、新しい観光商品の開発や観光地の整備、観光プロモーションの実行など、様々な観光支援策を起案したり、投票することができる。

IEOとは

プロジェクトが開発・発行するトークンの資金調達を仮想通貨取引所が支援する仕組み。取引所がトークンの販売業務、多くの場合で上場までサポートする。

▶️仮想通貨用語集

関連:11周年迎えた世界最古の仮想通貨取引所BTCC、ビットコインの歴史を振り返る

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します