CoinPostで今最も読まれています

経済産業省、「大臣官房Web3.0政策推進室」を設置

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Web3事業の課題検討を加速へ

日本の経済産業省は、省内横断組織として「大臣官房Web3.0政策推進室」を設置した。

資金調達や税制、事業体などを担う事業環境担当課室や、コンテンツ・スポーツ・ファッション・アートなどを担う業種担当課室が一体となり、デジタル庁等の関係省庁と協働。その上で、Web3.0(分散型ウェブ)に関連する事業環境課題を検討する体制を強化するという。

Web3.0とは

現状の中央集権体制のウェブをWeb2.0と定義し、ブロックチェーン等を用いて非中央集権型のネットワークを実現する試みを指す。

▶️仮想通貨用語集

15日の発表では、「暗号資産(仮想通貨)やNFT(非代替性トークン)などのトークンを基盤とし、ブロックチェーン上でユーザーが自身のデータを管理・活用できるようにして、新しい価値を創出する動きがグローバルに広がっている」と指摘。

関連「NFTを国の成長戦略に」自民党デジタル社会推進本部・平将明議員インタビュー

また、「Z世代など若者を中心にメタバース(仮想空間)が新たな個人のインターフェースとなりつつあり、デジタル空間の比重が高まってきており、ビジネス的価値も飛躍的に上昇する可能性がある」と、同室設置の背景を説明している。

関連次世代の仮想空間サービス「メタバース」とは|ブロックチェーンとの関係も解説

こうした潮流に対し、Web3.0関連の起業家が国外に流出している状況も踏まえると、日本国内の事業環境整備について検討スピードを上げる必要があると主張。まずは可能性とリスクを正確に捉える必要があると述べている。

関連「新しい資本主義はWeb3.0」 Astar Network 渡辺CEOが自民党の河野太郎氏、平将明氏と対談

同室の業務内容は、海外での事業環境や国内での事業環境課題について、事業者や投資家、法曹、エンジニアらから情報収集を行い、関係府省庁と協力してWeb3.0に関連する事業環境を整備すること。省内各局に分散しているWeb3.0関係課室等が一体となって政策立案を行うチームがWeb3.0政策推進室だとした。

現行制度の論点

今回の発表には「第30回産業構造審議会総会 資料」という、5月19日付のファイルを関連資料として添付した。資料のタイトルは「経済秩序の激動期における経済産業政策の方向性」。ロシアのウクライナ侵略やコロナ禍の影響などと共に、Web3.0についても記載している。

資料では「Web3.0の可能性と政策対応」という項目を設け、「Web3.0とは」といった内容や各国政府の動向、政策課題などをまとめた。その上で、「Web3.0という新たな動きは今後の日本経済にどのようなチャンス・リスクをもたらすか」や「この新たな経済的フロンティアにおける政府の役割はどうあるべきか」を議論した模様だ。

この資料では、「現行制度の論点」として以下の例を挙げている。

  • 企業が発行・保有するトークンが含み益とみなされ、法人税の課税対象となる。特にキャッシュ不足のスタートアップにとっては資金調達及び意思決定プロセスにトークンを用いることが困難に。
  • 個人の仮想通貨による収入は雑所得とみなされ、最大55%の総合課税対象(株式のキャピタルゲイン課税は約20%)。
  • 仮想通貨に係る会計基準が曖昧であるため、仮想通貨を保有する企業は監査法人によるチェックが受けられず、適正意見が出ない。上場企業の参入が困難に。
  • 多くのVCは投資事業有限責任組合(LPS)形態のファンドを組成してスタートアップに投資を行うが、LPS法上、投資対象として仮想通貨やトークンが明示されていない。
  • 他人が制作したコンテンツを第三者が無断でNFT化する事案が発生。NFT・メタバースに係る権利関係の整理は途上。

関連福岡市、仮想通貨企業の規制緩和を提案=内閣府

資料の最後では「本日の議論を踏まえ、今後の政策に反映。今夏の産構審総会でも改めて議論いただく」と説明している。

『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
10:40
ソラナなどアルトコインの現物ETFが承認される条件は? 識者が議論
仮想通貨業界の識者らは、ソラナなどアルトコインの現物ETFが米国SECから承認されるための様々な条件について議論した。
10:15
米バイデン大統領、ビットコインETF反対派のSEC委員の留任を希望
米バイデン大統領は、SECのクレンショー委員の留任を希望。クレンショー氏は、仮想通貨ビットコインの現物ETF承認の際に反対票を投じていた委員である。
09:40
コインベース、NOTコインなど2銘柄の永久先物提供
米仮想通貨取引所大手コインベースデリバティブは14日、2つの銘柄のパーペチュアル先物取引を新たに提供すると発表した。
08:45
1300億円調達成功、仮想通貨VCパラダイムの第三ファンド
暗号資産ベンチャーキャピタル大手Paradigm(パラダイム)は新たに仮想通貨企業などへの投資に特化した第3のファンドで、8.5億ドルを調達したと発表した。2022年5月暴落以降の最大調達額となった。
08:15
ソラナやBONKで支払い、米Shopifyが100銘柄以上の仮想通貨決済に対応
昨年初めてローンチされたHelioのSolana Payプラグインは昨年から最初の6ヶ月間で200以上のShopify店舗に対して約5,000万ドルの取引を処理した。
07:35
「BTC価格の高さが市場への資金流入を抑制か」JPモルガン
ビットコイン価格の高さが仮想通貨市場への資金流入を抑制する可能性があるとJPモルガンのアナリストが分析。その理由を説明している。
07:12
a16z出資「Pirate Nation」の独自トークン、コインベースに新規上場
PIRATEトークンは、Web3基盤のゲーム「Pirate Nation」のユーティリティトークンだ。Pirate Nationは無料でプレイできるRPGゲームで、その開発企業のProof of Playが昨年9月にa16z cryptoやAnchorage Digitalから約52億円を調達している。
06:15
米イーサリアム現物ETFの上場承認は「今夏中に」、ゲンスラー委員長発言
SECは先月末、ブラックロックやフィデリティ、グレースケールなどを含む計8銘柄の上場ルールにおける「19b-4フォーム」を全て承認しているが、実際のETF商品に関するS-1の登録書類についてはまだ承認していない。
05:50
マイクロストラテジー、ビットコイン買い増し目的で約800億円資金調達へ
米マイクロストラテジーは13日、暗号資産(仮想通貨)ビットコインを買い増しするために、約800億円(5億ドル)の転換社債売却による資金調達の提案を公開した。
06/13 木曜日
19:00
イーサリアムの買い方、取引所選びの完全ガイド
米国初のビットコインETF承認の影響でBTC価格が過去最高値を更新し、仮想通貨投資による資産運用の注目度が急上昇しています。本記事では初心者向けに高騰するイーサリアム(ETH)の買い方、アルトコイン投資のメリットやデメリット、リスクなどを解説しています。
18:07
シバイヌ(SHIB)のDeFi市場の利便性が拡大、ShibaSwapの進化
時価総額でトップ2のミームコイン、暗号資産(仮想通貨)シバイヌ(SHIB)エコシステムのDeFi市場が拡大中。ShibaSwap 2.0のアップグレードとShibarium対応により、取引手数料の削減やスケーラビリティの向上が期待される。
17:24
「BEER」前日比76%急落、一部回復もミームコイン市場のリスクが浮き彫りに
暗号資産(仮想通貨)のミームコイン「ビアコイン(BEER)」が13日に一時76%急落した。その後一時反発するも、ミームコイン市場のリスクが再び浮き彫りとなっている。
16:26
2024年注目の暗号資産アプトス(APT)の買い方とおすすめ取引所
アプトス(APT)の特徴や将来性、リスクを詳しく解説し、投資対象としての暗号資産(仮想通貨)APTの買い方を紹介します。おすすめの取引所の口座開設、注文方法も掲載。
16:26
取引所の貸暗号資産サービスを徹底比較 より高利回りを狙う方法
ビットコインなど長期保有する暗号資産(仮想通貨)を貸し出し、利息を受け取る投資法であるレンディングサービス。仮想通貨取引所ごとにどのようなサービスがあるのか、主な特徴とメリットについて解説。
15:25
テラフォームラボ、米SECと44億7000万ドルの和解へ
暗号資産(仮想通貨)開発会社テラフォームラボは、2022年に崩壊したアルゴリズム型ステーブルコイン「TerraUSD(UST)」に関する詐欺行為で米SECと44億7000万ドルの和解に達した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア