仮想通貨取引所Zipmex、破産法に基づき法的保護を申請

法的措置からの猶予求める

出金停止中の暗号資産(仮想通貨)取引所Zipmexは先日、破産法の下で法的手続きからの保護を申請した。

この手続きは、シンガポールの倒産・再建・解散法に基いてZipmexの代理人であるMorgan Lewis Stamford合同会社が行ったものである。

最大6ヶ月間、Zipmexに対する法的手続きの開始や継続を、禁止・抑制するためのグローバルなモラトリアム(猶予期間)を求めている。債権者からの法的措置に対してZipmexを一定期間、保護する格好だ。タイ、インドネシア、オーストラリアの法人を含め、グループ企業5社を保護対象として申請した。

シンガポールの法律に基づき、申請を行ったことにより、まず30日間、あるいはシンガポールの裁判所が申請に対する決定を下すまでの間、Zipmexは法的措置から保護される。

再建計画を検討

Zipmexは、モラトリアム期間を再建計画に使いたいとして、次のように説明している。

このモラトリアムにより、Zipmexグループは、流動性の問題を解決するための選択肢(Babel Financeに対する債権回収も含む)を検討し、再建計画を策定し、グループの今後の事業を支える追加投資を確保するために、必要な時間を得ることになる。

また、現時点で様々な関係者と話し合っており、複数の投資家との間で、Zipmexへの出資方法やその条件について交渉を進めているところだという。進捗に応じて、最新情報を知らせていくとしている。

Zipmexは24日にも、ある団体が買収に向けた覚書を提供したと明かしていた。

関連仮想通貨取引所Zipmex、買収先を確保か

市場の悪影響受け出金停止

Zipmexは流動性の問題を受けて、7月20日にすべての取引と引き出しを一時停止。その後、トレードウォレットとNFT(非代替性トークン)のプラットフォームは再開したものの、顧客資金が保管されている主なウォレットからの引き出しは凍結されたままの状況だ。

これは、5月のテラエコシステム崩壊と、それに続くThree Arrows Capitalの破産手続きなど、仮想通貨市場に生じた悪影響の波及を被ったものである。

ZipmexはBabel FinanceとCelsiusに資産を預け入れていた。Babelに約65億円、Celsiusに約6.8億円だった。

Babel Financeは、一部の業界大手が相次いでデフォルト(債務不履行)に陥ったことを背景に、「流動性プレッシャーに直面している」として顧客資金の出金を停止している。財務再編について大手投資銀行と話し合っているとも伝えられる。

関連仮想通貨融資のBabel Finance、財務再編へ

Celsiusも、テラエコシステム崩壊の波及を受けて11億9,000万ドルの赤字を抱えており、米連邦破産法11条の適用を申請。18日には再建計画の概要を提示したところだ。

関連セルシウス、事業再建計画の概要を提示

米連邦破産法11条(チャプターイレブンとは

日本の民事再生法に似た再建型の倒産法制度。経営を継続しながら負債の削減などを実施し、企業再建を行う。申請後に債権取り立てが停止され、債務者は負債の整理に取り組み、原則120日以内に再建プランを策定する。

▶️仮想通貨用語集

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します