KuCoin、NFTの上場投資信託取引を提供開始

BAYCなどで運用

海外仮想通貨取引所KuCoinは28日、ETF(上場投資信託)の形で顧客にNFTの分割所有の取引を提供することを発表した。

この新商品はNFTのフラクショナル・オーナーシップに特化したプロジェクトFracton Protocolと提携して実現。Fracton Protocolでは、分割されたBAYCなどのERC20トークン「スワッププール」が設けられている。類似したサービスは、「Fractional」というプロトコルも提供している。

当ETFはBAYCやPUNKSといった時価総額上位のコレクションを1/1,000,000と分割し運用される。最初は、hiBAYC、hiPUNKS、hiSAND33、hiKODA、hiENS4の5つのETFをUSDT建てで提供するという。一例として、hiBAYCは現在0.18ドルで取引されている。

KuCoinはこのような商品を取り扱う初の取引所だと言及。顧客が高額なNFTを購入し安全に保管することなくエクスポウジャーを得るメリットがあるとしている。

KuCoinは今月21日に大手取引企業Susquehanna International Groupから1,000万ドルを調達したことを発表していた。

関連仮想通貨取引所KuCoin、13億円調達

関連:「NFTを国の成長戦略に」自民党デジタル社会推進本部・平将明議員インタビュー

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します