CreatorDAOが約27億円を資金調達、a16zやパリス・ヒルトン氏などが出資

クリエイターを支援するDAO

自律分散型組織のCreatorDAOは9日、シードラウンドで約27億円(2,000万ドル)を資金調達したことを発表した。出資者には、著名VC(ベンチャーキャピタル)のa16z(アンドリーセン・ホロウィッツ)などが含まれる。

CreatorDAOは、暗号資産(仮想通貨)を活用して各分野のクリエイターを支援することを目的としたプロジェクトで、選ばれたクリエイターは、資金援助や各種指導、ツールの提供などを受けることが可能。

それらの支援の対価として、CreatorDAOはクリエイター側の収益の一部を受け取るという仕組みだ。

またWeb3(分散型ウェブ)エコシステムへの貢献によって、分散型コミュニティを前進させることも目標としている。

関連:FTT DAO、FTXサム氏の支持者から約10億円調達

今回の出資は、a16zとInitialized Capitalが主導した。その他には、2 Ventures、M13、Audacious Ventures、6th Man Ventures、Abstract Ventures、SV Angel、Hack VC、Fika Ventures、Fuel Capital、Goldhouse、Soma Capitalなどが参加。個人投資家として、実業家パリス・ヒルトン氏や音楽グループ、ザ・チェインスモーカーズが参加したことも公表されている。

DAOとは

インターネット上に構築された、多人数参加型の3次元仮想現実世界のこと。アバターを使い、様々な楽しみ方ができる。

▶️仮想通貨用語集

CreatorDAOと、その将来について、Michael MaCEO兼共同創業者は、プレスリリースで以下のようにコメントした。

(シードアクセラレーターの)Y Combinator、エンジェル投資家やアーリーステージ(の企業を対象とする)VCは、世界で最も技術的才能のある人々に、従来のキャリアとは別の道を提供してきた。私たちは、世界で最もクリエイティブな才能を持つ人々のために、同じことをしたいと考えている。

FTT DAOも資金調達に成功

仮想通貨市場の方向性が定まらないなかでも、一部のDAOは資金調達に成功するなど成長傾向を見せ続けている。

6月には、仮想通貨取引所FTXのプラットフォームトークンFTTを中心とする分散型組織「FTT DAO」が、同取引所のサムCEOの支持者から、約10億円(700万ドル)を調達することに成功。

関連:MakerDAO、米老舗銀行との共同融資が可決

また、DeFi(分散型金融)レンディング大手のMakerDAOは、7月に米国の老舗銀行ハンティンドン・バレー・バンク(HVBank)と共同融資事業を開始するために融資枠を設ける提案を可決した。

同DAOは、伝統金融の金融機関同士が融資を折半するために行う「シンジケートローン」に進出し、まずはHVBankが組成するローンに限定して50%ずつ出資することを予定している。期待利回りは年率3%とされている形だ。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します