先読み投資情報 7/22~7/28|最注目の仮想通貨とイベント一覧(ビットコイン先物・VeChain他)

来週最注目の仮想通貨とイベント一覧
来週(7/22〜7/28)以降に価格上昇などを期待できる好材料など、最注目の仮想通貨や最新のイベント情報まとめ。シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)で販売しているBTC先物契約の最終取引日・VETトークン(VeChain)のトークンスワップ・TRFトークンのアルゴリズム変更が近づいています。
burn(バーン)とは
通貨の何割かを消滅させて、流通量を減らすこと。 需要が保たれたまま流通量が減少することで、希少性が増すと判断され、投資家が集い、高騰しやすいと言われている。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

来週の注目イベントと通貨

7/22(日曜)〜7/28(土曜)までの、仮想通貨価格に影響する可能性のある注目イベントと、注目通貨情報をまとめています。

仮想通貨市場の注目日程
イベント名 注目度 日程
VeChainトークンスワップ、入出金一時停止 ★★☆☆☆ 7/22(日)~23(月)
TravelflexがプロトコルをIOTA等と同じDAGへ変更 ★★★☆☆ 7/23(月)
米CMEのBTC先物7月限最終取引日 ★★★★☆ 7/28(土)

7月28日(土):米CMEのBTC先物7月限最終取引日

CboeでのBTC先物契約の決済日が日本時間19日(木)となりましたが、BTC相場は18日(水)から7千ドルを超えたまま下がる気配無く、穏やかに横這いしています。

出典:coinmarketcap

一方で、日本時間7月28日(土)、米CMEのBTC先物(BTCN)は、7月限最終取引日を迎えます。BTCのアップトレンドにどのように影響を及ぼすかについて、多数の投資家が関心を寄せている模様です。

出典:CME

米証券取引委員会:ビットコインETF申請に関する「要望欄」を公開、投資家のコメントが急増
停滞する仮想通貨市場のトレンド転換点となり得る「ビットコインETF」の上場に向け、SEC公式サイトで意見を募っている。申請可否の判断については、8月前半に行われる可能性があると各所で予想されている。

7月22日(日)~23日(月):VETトークン(VeChain)のトークンスワップ・入出金一時停止

先日報道したVeChain(時価総額20位)によるVeChainThorメインネットの完了に引き続き、トークンスワップが行われる日時が決まりました。

詳細はこちら:

  • 1.日本時間7月22日(日)午前9時から、旧VENトークンの入出金をすべて停止され、メインネットへのスワップを行う予定です。
  • 2.日本時間7月23日午後1時から、VENトークンの取引ペアを全て停止し、リストから外します。同時にVEN残高をスナップショットします。そして、VETトークンをVEN所有者へ「1 VEN:100 VET」の割合で配布する予定です。
  • 3.日本時間7月25日午後1時から、VET/BTC・VET/ETH・VET/BNB・VET/USDTという4つの新しい取引ペアを開始します。それと同時に、VETの入出金も可能となります。

Binanceの公式発表はこちら

VeChainのメインネットが始動、7月中旬にトークンスワップ実施へ
VeChainのメインネットであるVeChain Thorにおいて、最初のブロックが正常に生成され、メインネットが始動しました。7月中旬には取引所やメインネット上でトークンスワップが行われる予定です。トークンスワップでは、従来の1VENトークンが100VETトークンに交換されます。

7月23日(月):TRFトークンがアルゴリズムをDAGへ変更

旅行決済プラットフォームTRFトークン(時価総額561位)はMediumの公式アカウントで、7月23日(月)既存のプロトコルをIOTAやByteballが用いるDAG(有向非循環グラフ)へ変更する模様です。

また、トークンスワップは1:1で、所有数に変化は無いようです。

更に、30日内で、EUから法定通貨での入出金ができるライセンス下りる予定だそうです。

スワップやその他の詳細はこちら

先週の動き

BinanceCoin(BNB)の動き

Binance(時価総額18日)の公式ブログによれば、第4回のトークンバーンで、約253万枚BNBトークン(当時約3千万ドル相当)を総流通数から消したと報告されました。

今回のバーンは、相場の全面高のポジティブな影響とともに、16日から18日にかけて、出来高を伴い、約12%上げましたが、その後価格調整に戻りました。

出典:coinmarketcap

仮想通貨取引所Binance一周年の軌跡:世界No.1の急成長を遂げた理由
世界最大手仮想通貨取引所Binanceが、先日7月14日に1周年を迎え、初年度の振り返りを行った。激動の仮想通貨市場の中で、着実に事業規模を拡大し、顧客体験を優先した優良取引所として不動の地位を築き上げている。

Hempcoin(THC)の動き

先週報道したHempcoin(時価総額274位)は7月20日(金)に行うトークンスワップとその後のマスターノード機能実施を前に、7月16日(月)からアップトレンドに入り、執筆時点で、すでに40%以上上昇しています。

出典:coinmarketcap

免責事項

当サイトで書かれている情報は、独自の調査に基づいたものであり、正確性を保証するものではありません。

投資情報からの不利益や損害については、当サイトでは一切の責任を負いかねます。

仮想通貨や上場企業に投資される際は、ご自身で入念に調査した上、ご判断下さい。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加