SBINFT、音楽配信サービス運営「レコチョク」と戦略的パートナーシップ締結 レコチョクNFTを「SBINFT Market」で販売する準備開始

メタバース開発も視野に

SBINFT株式会社は19日、音楽配信サービスを展開する株式会社レコチョクと、戦略的パートナーシップを締結したことを発表した。共同で、NFT(非代替性トークン)やメタバース関連の展開を行う。

SBINFT社は、パブリックチェーンによるNFTマーケットプレイス「SBINFT Market」を運営している企業で、同マーケットプレイスではイーサリアム(ETH)またはポリゴン(MATIC)を使った、NFTの作成、販売、購入が可能。

レコチョク社も2021年からブロックチェーン領域に参入しており、現在はECソリューション「murket」でNFTの展開(発行・販売)も支援している。

今回の提携に伴い、「SBINFT Market」は、コンテンツ販売者の希望に応じて、「murket」で販売したNFTを同マーケットでも取引可能になるよう準備を進める。将来的には、レコチョク基盤のNFTを制作したアーティストの作品がSBINFT Marketを通じて世界市場に流通することも想定されている形だ。

関連:バンタングループ、卒業証書にNFTを活用 SBINFTと協力

またプレスリリースでは、レコチョク社が、SBINFTの仮想空間(メタバース)でのサービス展開に向けた開発が可能になることも公表されている。

NFTとは

NFTとは、「Non-Fungible Token」の略称で、代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークンのこと。ゲームや音楽、アート作品、各種証明書など幅広く技術が活用されている。

▶️仮想通貨用語集

ローソンなどと提携

「SBINFT Market」は、「株式会社スマートアプリ」が開発したNFTマーケットプレイス「nanakusa」をリブランディングしたサービスで、22年3月から提供が開始されている。

スタートバーン株式会社が提供するアート流通・評価システム「Startrail」を搭載しており、アート作品に対してブロックチェーン証明書(NFT)を発行することで、売買・贈与・展示・保管・修復されるたびに、その情報が自動で記録されるのが特徴。

購入時の決済には、仮想通貨のほかクレジットカードを使うことも可能だ。

関連:SBINFTとローソン、「LAWSON TICKET NFT」提供開始へ

SBINFT社自体は、レコチョク社以外との提携も進めており、3月には、ローソンチケットを記念NFT化する新サービス「LAWSON TICKET NFT」を発表。また同月には人材育成を行う株式会社バンタンが、卒業式でSBINFTと協働し、NFT形式で卒業証書を授与している。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します