グローバル版FTX、DeFiプライバシーアプリ利用者の口座を凍結か

プライバシーサービスに対する禁止

暗号資産(仮想通貨)取引所大手FTX(グローバル版)が、トランザクションの秘匿化サービス「zk.money」にトークンを送付したアカウントの口座を凍結したことが明らかになった。

zk.moneyはイーサリアム(ETH)やダイ(DAI)のトランザクションを秘匿化できるサービス。イーサリアムのVPN(専用ネットワーク)を掲げるL2プライバシーソリューション「Aztec Network」上に構築されており、ゼロ知識証明をトランザクションのロールアップ(圧縮)に使用している。

出典:OurNetwork #133

zk.moneyはまた、「プライベートDeFi金利アグリゲーター」サービスとして、固定金利市場の「ElementFi」や分散型取引所の「Curve」等と連携したステーキング手段も提供しており、利用者は増加傾向にあった。

複数のユーザーの証言によると、FTXは「Aztec Connect、Aztec network、zk money」がハイリスクなミキシングサービスに該当するとして、ユーザーに使用を避けるよう促しているようだ。

業界をリードする第三者取引監視ツールにより、ユーザーがハイリスクなアドレスに接触しているかチェックされているため、ミキシングサービスを使用しないことを勧める。そうしない場合は、FTXのアカウントを危険にさらす可能性がある。

背景には、米財務省がミキシングサービス「Tornado Cash」を利用したウォレットアドレスを8月初旬に制裁リストに追加した経緯がある。

ミキシングサービスは、トランザクションデータを複数混ぜ合わせることによって、通貨の出所や保有者のアイデンティティを隠す。米財務省は、これまでハッキングにより資金が盗まれた際に、サイバー犯罪者がTornado Cashをマネロン(資金洗浄)に利用してきたことから、同サービスを制裁リストに追加したと説明していた。

関連:Tornado Cash制裁措置の影響、dYdXでブロックユーザーが急増

ソーシャルメディアでは、「FTXを利用したいならトランザクションの秘匿化サービスを直接使用しない方が良い」といったコメントが見られるが、プライバシー関連ソリューションを一緒くたに排除する対応に不満の声も挙がっている。

Aztec Networkの事業開発責任者であるJonathan Wu氏は、ユーザーのプライバシーを犠牲にすることなく、アンチマネーロンダリング保護を導入できる可能性があると主張していた。

関連:グローバル版FTX、イーサリアムPoWフォークの対応方針を表明

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します