CoinPostで今最も読まれています

BNBチェーンのリキッドステーキング、預け入れ総額が40億円到達

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

BNBチェーン上のリキッドステーキング

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスが開発したブロックチェーン「BNBチェーン」上では、3つのプロトコルがリキッドステーキングを導入している。コインデスクが報じた。

具体的にはAnkr、Stader、pSTAKEという3つのプロジェクトがリキッドステーキングを提供している形だ。この3つをあわせると29日の時点で、BNBトークンの合計預け入れ総額(TVL)は42億円(3,000万ドル)相当に達した。

BNB Chainの投資ディレクターGwendolyn Regina氏は、次のように説明している。

ステーキングプラットフォーム時価総額の24%しかステーキングでロック(預けられて)されていない。

我々は、ユーザーがステーキングの利点をまだ十分に認識していないと考えている。(BNBチェーンでは)3つの競合プロトコルによって、単一障害点リスクを軽減する。

リキッドステーキングとは

仮想通貨のステーキング金利を受け取りながら、その代替資産(ステーキング証明トークン)を運用できるDeFi(分散型金融)の仕組み。従来はロックアップされてきた資産の流動性(Liquidity)を解放できる利点がある。

▶️仮想通貨用語集

pSTAKE

pSTAKEは、コスモス(ATOM)のチェーンを基盤とするステーキングプロトコルで、2021年には約11億円の資金調達に成功している。BNBチェーンでも8月初旬にローンチした。

ユーザーは、BNBトークンをpSTAKEのプロトコルに預けてステーキングすることで、BNBのリキッドステーキング用トークンstkBNBを発行できる。BNBトークンのステーキング報酬に加えて、BNBチェーンのdAppsエコシステムでstkBNBを活用し、DeFiでさらなる利回りを獲得することも可能だ。

関連コスモス基盤「pSTAKE」、10億円超を調達

Stader

Staderも、マルチチェーンステーキングプロトコルであり、BNBの他、ヘデラハッシュグラフ(HBAR)、ポリゴン(MATIC)、テラ2.0などでステーキングを提供している。

BNB上では、ユーザーがBNBトークンをステーキングで預けると、ステーキングトークンBNBxを発行。同プロトコルはユーザーから預かったBNBトークンを、ネットワーク上の最適なバリデーターを選択してステーキングを行う。

Staderによると、これらのバリデーターが取引を処理すると報酬が発生し、この報酬はステーキングプールに追加され、流通しているBNBxトークンの価値を高めることになる。Staderは、BNBトークンに対するBNBxトークンの価値は、ステーキングの報酬が蓄積されるにつれて上昇していくと説明している。

Ankr

ブロックチェーンノードのホスティングソリューションAnkr(ANKR)は3日に、同銘柄のステーキングサービスやイールドファーミングを実装するためのソフトウェア開発キット(SDK)を発表したところだ。

関連Ankr、ステーキングサービス実装のための開発キットを公開

BNB上で、ユーザーがAnkrをステーキングに利用すると、BNBトークンを預けることでaBNBbトークンやaBNBcトークンを入手することができる。aBNBbトークンの数は、ステーキング報酬に応じて増えていき、ユーザーはBNBトークンと1対1で交換可能だ。

一方でaBNBcトークンの数は一定だが、BNBトークンに対する価値がステーキング報酬と共に増加していく仕組みである。ユーザーは、Ankrの提供する機能を使ってこれらのトークンを交換することもできる。

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07:30
米デリバティブ大手CME、小口のユーロ建のビットコイン・イーサ先物を提供へ
CMEのビットコイン先物OIは先月過去最高値の52億ドルを記録。仮想通貨ビットコインETFへの高い需要に伴ってヘッジの需要も高まっているようだ。
07:00
EVMウォレットMetaMask、ユーザーへの警告機能を導入 モバイル安全性強化
マルチチェーンへ対応 暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)の主要EVMウォレットMetaMaskは、モバイルアプリおよびエクステンションで、ユーザーへのセキュリティアラー…
05:50
Optimism、4回目のエアドロップで約60億円分の仮想通貨OPを無料配布
今回のエアドロップはOptimismを利用するWeb3アーティストやクリエイターをターゲットとしたもので、合計10,343,757.81 OPトークン(約4100万ドル)を2025年2月13日までに付与する。
05:30
バイナンス、全てのレバレッジトークン廃止へ
仮想通貨(暗号資産)取引所バイナンスは全てのレバレッジトークン廃止の予定を発表した。一方、昨夜StarknetのSTRKトークンの新規上場を実施した。
02/20 火曜日
14:51
韓国与党、選挙公約でビットコインETFやIEOの承認など検討 課税猶予の延長も
韓国の与党「国民の力」は4月の総選挙に向けた選挙公約の一環として、ビットコイン現物ETFの認可を含む、仮想通貨投資に関連した法律の制定を検討すると発表した。
14:36
Uniswap v4は2024年第三四半期に実装へ
Uniswap v4が2024年第3四半期にリリース予定。新機能「フック」の導入、暗号資産(仮想通貨)イーサリアムDencunアップグレードの影響、および監査プロセスに焦点を当て、ロードマップの近況をまとめる。
14:14
LINE NEXT、読んで稼ぐ「ReadON」と提携 コラボNFTを販売
NFT市場DOSIを手掛けるLINE NEXTが、読んで稼ぐアプリReadONとの提携を発表。コラボデジタルアイテムを2月21日に発売。Web3エコシステムにおけるマーケティングやビジネス領域での連携を図る。
12:23
50000ドル台で揉み合うビットコイン、イーサリアム先物市場に過熱感も
暗号資産(仮想通貨)市場では半減期を控えるビットコインが50000ドル台で一服。続伸中のイーサリアムは先物市場のOI(未決済建玉)に過熱感も見受けられる。
11:30
スタートアップ育成のY Combinator、ステーブルコインへの取り組み推奨
Y Combinatorはスタートアップ企業への推奨分野を発表。「ステーブルコインを使った金融」にも巨大なチャンスがあると述べている。
10:00
仮想通貨投資商品、1週間で約3,700億円の純資金流入を記録ーCoinShares
CoinSharesによると、仮想通貨投資商品への1週間の資金流入額が急増。約3,680億円となった。ビットコイン現物ETFが牽引したとみられる。
08:30
ヴィタリック・ブテリン氏、イーサリアムのAI活用に期待
仮想通貨イーサリアム最大の技術的なリスクはバグだとし、イーサリアム共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏は、コードの検証やバグの発見にAIを活用できるようになることを期待していると述べた。
07:30
バイナンス、Roninチェーンのゲーム「Pixels」トークン新規上場 20%高
仮想通貨PIXELトークンはバイナンスなどへの新規上場で価格が高騰している。Pixelsが昨日トークンのエアドロップを実施した。
06:30
Starknetのエアドロップ取得日確定、DeFiへ4000万STRK付与も
日本時間2月20日21時よりStarknetの仮想通貨STRKが取得可能になる。このエアドロップを見逃したユーザーはDeFiへのインセンティブプログラムに参加することができる。
06:00
ソラナBackpackウォレット、Wormholeを搭載 マルチチェーンスワップ可能に
Backpackのユーザーはウォレット内で、ソラナブロックチェーンとイーサリアムブロックチェーンの間でトークンのブリッジとスワップができるようになった。利便性が向上しクロスチェーンスワップのUXが改善される。
02/19 月曜日
17:24
分散型ストレージ「Filecoin」がソラナと提携
分散型ストレージネットワークのファイルコインは、ソラナ(SOL)との戦略的提携を発表。ファイルコインの分散型ストレージ機能を活用することで、ソラナはネットワークの信頼性、拡張性及びセキュリティの向上を目指す。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
重要指標
一覧
新着指標
一覧