米ロビンフッド、ADA新規上場

新規銘柄の上場実施

米国の投資アプリ「ロビンフッド」は1日、暗号資産(仮想通貨)銘柄の新規取扱を開始した。

今回はエイダ(ADA)が対象銘柄で、すでに売買が可能になっている。

関連初心者でもわかる仮想通貨カルダノ(ADA)とは|仕組みや将来性について

ロビンフッドとは

ロビンフッドは米国で近年注目を集めている個人投資アプリ。8月にはアバランチ(AVAX)とステラルーメン(XLM)の取扱を開始し、15種類以上の銘柄に対応している。

関連米ロビンフッド、アバランチ(AVAX)とステラ(XLM)取り扱い開始

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します