OpenSea、PoS版イーサリアムにのみ対応と表明

OpenSeaもマージに対応へ

NFT電子市場大手OpenSeaは来たるイーサリアムの「マージ」アップグレードに向けて、PoS版イーサリアムにのみ対応すると表明した。

マージアップグレードについては、採掘を続けるためにイーサリアムを分岐させる一部のマイナーが存在し、マージ後にはETHW(PoW版ETH)がハードフォークチェーンとして分岐する見込みだ。

関連2部構成のイーサリアムマージ|9月6日予定の「Bellatrix」アップグレードとは

関連イーサリアム、チェーン分岐後の世界線とは|Banklessが考察

マージが実現すれば、既存のERC-20やERC-721(NFT)資産価値はPoS版イーサリアムに移行する。OpenSeaはユーザーの資産やセキュリティを確保するために、PoS版イーサリアムにしか対応しない形だ。

関連制裁準拠かステーキング事業停止か、コインベースCEOがPoS版イーサリアムへの葛藤示す

先日、「Bored Ape Yacht Club(BAYC)」など高級NFTコレクションを複数手掛ける制作スタジオYuga Labsも分岐チェーンをサポートしない方針を表明していた。

関連Yuga LabsはPoS版ETHにのみ対応、イーサリアム分岐のリスクとは?

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します