分散型金融dYdXが部分的本人確認システムを導入 批判も

不正対策を導入するも批判続出

暗号資産(仮想通貨)デリバティブの分散型取引所dYdXは今週、Webカメラを使った新たなアカウント確認方法「Liveness Checks」を導入した。

「Liveness Checks」は、Webカメラを使用して利用者のイメージをスキャンし、dYdXの他アカウントで使用されたことがあるかを確認する仕組み。

シビルアタック(複数のアカウントや偽のIDを使用したネットワーク攻撃)防止を目的としており、別アカウントで使われていた場合、チェックは不合格となる仕組みだ。

関連:デリバティブ分散型取引所dYdX、コスモス上で独自チェーン構築へ

同システムはdYdXが8月末に開始。アカウント登録後、最初に500ドル以上を入金したユーザーは25ドルのボーナスを受け取れるという、プロモーションキャンペーンに伴って実装された。なお、キャンペーンはすでに終了。

キャンペーンでの不正防止のために導入された本システムだが、「分散型」を謳っているにも関わらず、ユーザーの情報を収集することから批判の声が出ている。

dYdXはキャンペーンでの違反行為の検出のみに使用され、プラットフォームにおけるユーザー登録や既存ユーザーに強制的に適用されるわけではないと説明したが、有識者らは異を唱えている状況だ。

独自チェーンの構築を計画中

dYdXはビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)ソラナ(SOL)アバランチ(AVAX)ポリゴン(MATIC)コスモス(ATOM)など主要銘柄のレバレッジ取引をオンチェーンで提供していることで知られる分散型取引所だ。

これまではイーサリアムのレイヤー2ネットワークとして稼働していたが、6月にはコスモス(ATOM)の開発フレームワークを使用して、独自ブロックチェーンを新たに構築する計画を発表。

dYdX V4専用のブロックチェーン(アプリチェーン)を作成することで、サービス構成の完全な分散化と現行の100倍の処理能力を獲得することを目指している。

関連:Tornado Cash制裁措置の影響、dYdXでブロックユーザーが急増

なお、同プラットフォームでは最近、コンプライアンス要件に抵触して自動的にブロックされるユーザー数が増加していた。

これは、仮想通貨ミキシングサービスTornado Cash(トルネードキャッシュ)が米国で制裁対象となった影響。Tornado Cashを直接使用していないユーザーがブロックされたケースも確認されており、dYdXは、後に一定数の制限を解除したことを報告している。

関連米議員、イエレン財務長官へTornado Cash制裁について質問状を送付

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します