CoinPostで今最も読まれています

バイナンス、イタリアで集団訴訟に直面 取引システム停止を巡って

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

取引システム停止をめぐり集団訴訟

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスは、イタリアで集団訴訟に直面しており、15日に現地裁判所への出頭が求められている。投資家グループが、2021年に同取引所のシステムが停止した際に損失を被ったとして訴えている形だ。現地メディアなどが報じた。

原告は、バイナンスのプラットフォームが複数回オフラインになり、ポジションを変更することができなかった投資家に損失を与えたと主張する形だ。

その他に、原告はバイナンスが規定された投資会社の資格を有することなく、レバレッジのかかった先物取引を提供したとも訴えている。本件に関する手続きは、2021年7月から開始されていた。原告は、投資金額の返還、および損害賠償を求めている。

関連仮想通貨取引所バイナンス、イタリアで集団訴訟の可能性

原告の代理人はミラノの法律事務所Lexia Avvocatiが務めている。同事務所の運営パートナーFrancesco Dagnino氏によると、バイナンスは補償を申し出ていたものの、ごくわずかな額であったという。

Dagnino氏は、今後のステップは、まず裁判所が集団訴訟を先に進めるかどうかを決定することだと話した。訴訟が承認されれば、イタリアや他の欧州地域から、さらに多くの投資家が参加することになるだろうとしている。現時点で、少なくとも100人の投資家が訴訟に参加していると説明した。

バイナンスはイタリア法人を設立しており、5月にはイタリアの規制機関Organismo Agenti e Mediatori(OAM)に暗号資産サービスプロバイダー(CASP)としてライセンス登録した。現在進めている欧州での事業拡大の一環であるとしている。

関連バイナンス、イタリアで仮想通貨事業ライセンスを取得

バイナンスは特に2021年、世界各国の規制当局から、未登録でサービスを提供していると警告を受けた。その後、コンプライアンスを強化していくと発表し、様々な地域でのライセンス登録を進めているところだ。

欧州ではイタリアの他、フランスやスペインでもライセンスを取得している。

関連バイナンス、スペインで仮想通貨ライセンスを取得

バイナンスとは

取引高・登録者数が世界一多く、世界的に有名な暗号資産取引所。

▶️仮想通貨用語集

訴訟事例

これまでにも、取引システムの一時停止を理由とした訴訟はたびたび起こっている。

一例として、投資アプリのロビンフッドは、2020年3月に株式市場が急騰する中、同社のシステムが一時停止したことに対して、機会損失を被ったユーザーに現金約14億円(990万ドル)を支払うことに同意した。

関連米ロビンフッドが集団訴訟に直面 ミーム株の取引制限めぐり

USTに関する訴訟も

バイナンスに関しては、ステーブルコイン「テラUSD(UST:現USTC)」を巡る集団訴訟も進行中だ。米ユーザーが、米国版バイナンスに対して、カリフォルニア州の地裁で集団訴訟を提起した形だ。

原告は、USTが有価証券だったと主張。バイナンスUSが、米証券取引委員会(SEC)に登録せずに有価証券を販売したと訴え、損害賠償などを求めている。

バイナンスUSはこれに対し「当社は米財務省の金融犯罪取締ネットワーク(FinCEN)に登録して規制を遵守しており、訴訟には根拠がない」とコメントした。

関連米国版バイナンス、USTを巡り投資家から集団訴訟

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/15 土曜日
13:00
「CBDCの実証実験を行う先進国が増加」国際決済銀行レポート
国際決済銀行は中央銀行デジタル通貨についての調査結果を発表。特に先進国でCBDCの実証実験を行う国が増加していると指摘した。
11:30
エルサルバドル、ビットコイン投資家のための銀行設立を検討
この銀行は、ビットコイン投資家のためのもので、従来の銀行と比べて制限も少なくなる。承認されればビットコイン投資家が金融サービスを利用できるようになる。
10:10
バイナンス前CEOのCZ氏、BNB流通量の64%を所有=フォーブス
仮想通貨取引所バイナンスのCZ前CEOの資産総額がBNBトークンの価格上昇と共に増加。9.6兆円に達したと見積もられている。
08:50
ビットコインレイヤー2「Stacks」、9時間ほどブロック生成停止
仮想通貨ビットコインに属するレイヤー2ネットワーク「Stacks」は14日、ブロック生成が約9時間停止し、混乱に見舞われた。
08:30
金融庁、海外仮想通貨取引所LBankに警告
金融庁は6月14日、海外仮想通貨取引所「LBank Exchange」に対して、事務ガイドラインに基づき、無登録で仮想通貨取引を提供しているとして警告した。
07:55
BTC価格は25年末までに20万ドルへ=バーンスタイン
仮想通貨ビットコインの価格は25年末までに20万ドルまで上昇する可能性があると、バーンスタインのアナリストが予想を引き上げた。予想の根拠を説明している。
06:50
ビットコイン一時66000ドル割れ、280億円相当のロングがロスカット
仮想通貨ビットコインは15日、前日比1.3%安。14日深夜に66,000ドルを割り込み一時65,000ドルまで急落。その後反発し、66,000ドル台を回復した。
06:00
マイクロストラテジー、ビットコイン買い増しの資金調達額を引き上げ
より多くの仮想通貨ビットコインを購入するために、マイクロストラテジーは14日、転換社債売却の発行額を引き上げた。
05:45
DMMビットコイン、顧客補償用ビットコインを調達完了
暗号資産取引所DMMビットコインは顧客への保証のためのビットコインをすべて調達した。
06/14 金曜日
17:45
オーケーコイン・ジャパン、トンコイン(TON)の新規取扱い開始を発表
国内暗号資産(仮想通貨)取引所OKCoinJapan(オーケーコイン・ジャパン)にトンコイン(TON)が上場することが発表された。TONは大手メッセージアプリTelegramが始めた分散型ブロックチェーンであるThe Open Network(TON)のネイティブトークン。
17:26
チリーズ(CHZ)が17日にハードフォーク Tokenomics 2.0を導入へ
Chiliz ChainがDragon8ハードフォークを計画。EIP-1559の実装とTokenomics 2.0で暗号資産(仮想通貨)CHZのユーティリティを強化する。
15:37
トンコイン(TON)が過去最高値を更新 テレグラム・エコシステムでの成長が後押し
暗号資産(仮想通貨)トンコイン(TON)は14日に史上最高値を更新し、一時8.00ドルに達した。テレグラム・エコシステムにおける統合と新機能の導入がその背景にある。
13:10
韓国最大手アップビット、RWA銘柄ONDOを新規上場
仮想通貨ONDOは、ブラックロックとPIMCOが提供する米国債ETFに投資するRWAオンチェーンファンドOndo Financeのガバナンストークン。発表後一時16%急騰していた。
12:30
リップル社、罰金はテラフォームラボの事例と比べても過大と主張 対SEC裁判で
リップル社は米証券取引委員会との裁判で、再度SECの提案した罰金額は過大と申し立てた。テラフォームラボの件を参照している。
12:19
ビットコイン相場はCPI・FOMC通過で乱高下、売り買いのシグナル交錯へ
暗号資産(仮想通貨)市場では、CPIやFOMC結果を受けビットコイン(BTC)が乱高下するなど一時ボラティリティが急上昇した。大手マイナーの売りシグナルやCMEの先物ショートの行方にも関心が集まる。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア