CoinPostで今最も読まれています

韓国の捜査当局、Do Kwonの国際指名手配の申請開始

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

インターポールの指名手配手続きを開始

韓国の捜査当局は19日、国際刑事警察機構(インターポール)の国際指名手配リストにTerraform LabsのDo Kwon CEOを掲載する手続きを開始した。また、韓国外務省に対して、同氏のパスポートを取り消すよう要請した。フィナンシャルタイムズなどが報じた。

国際指名手配リスト(通称、レッドノーティス)は、指名手配されている逃亡者に対して発行されるもの。世界各地の法執行機関に対して、犯罪者の引き渡しなどの法的措置がとられるまで、その所在を突き止めて暫定的に逮捕するよう要請する。

Do Kwon氏は18日、逃亡はしていないとして次のようにツイートした。

私は「逃亡中」などではない。接触することに関心を示した政府機関には全面的に協力しており、隠すことは何もない。

我々は、複数の司法管轄区で抗弁している最中である。私たちは非常に高い誠実さの基準を自分に課しており、今後数か月で真実を明らかにすることを楽しみにしている。

一方で、韓国の検察当局はKwon氏に反論している。

検察は、Kwon氏が4月下旬ごろ「明らかに逃亡」のためにシンガポールに移動し、「捜査逃れ」を行うために、Terraform Labsの韓国支社を解散したと述べた。

5月にはKwon氏の家族もシンガポールに移動し、Terraform Labsの主な幹部も続いたとしている。また、ある検察関係者によると、Kwon氏は捜査に協力しておらず、8月頃には弁護士を通じて「出頭して取り調べを受ける意思はない」と伝えていたという。

検察関係者は「現在、Kwon容疑者の所在を突き止め、逮捕する手続きを進めているところだ」としており、「国内外の捜査機関と協力し、事件の真相究明を進めていく」とも続けた。

これまでの経緯

ソウル南部地検は今月中旬。資本市場法違反の容疑でKwon氏とTerraform Labs幹部らの逮捕令状を出している。暗号資産(仮想通貨)旧テラ(LUNA)について、法律上「投資契約証券」に該当するとみなした上で、Terraform Labsが「詐欺的な不正取引」を行ったとする形だ。

関連韓国当局、テラのDo Kwon創設者らに逮捕令状を発行

仮想通貨旧テラ(LUNA)とステーブルコイン旧USTは5月に暴落し、これをきっかけとして仮想通貨市場で債務不履行の連鎖を引き起こした。韓国の検察当局は、Do Kwon氏をはじめ韓国籍の従業員がいるために、Terraform Labsを捜査しているところだ。

捜査過程で当局がテラの初期開発作業に携わっていた従業員に聴取したところ、社内でも、開発当社から無担保型(アルゴリズム型)ステーブルコインであるUSTのディペッグが発生することについて懸念の声が挙がっていたという。

ディペッグとは

ステーブルコインの価値が、対象とする資産の価格から乖離すること。USTは米ドルと価値が1:1の割合で連動(ペッグ)するように設計されていたが、99%以上急落する事態が発生した。

▶️仮想通貨用語集

有識者の見解

仮想通貨に詳しいJake Chervinsky弁護士は、「テラが米国で仮想通貨に対する認識に与えたダメージは計り知れない」と苦言を呈している。

「多くの政策立案者は、(テラのディペッグ騒動以前から)許可性ではないデジタル市場という考えを嫌っており」、仮想通貨のすべてを規制などで拘束したがっていたと言及。「テラは彼らに、前進するための口実を与えてしまった」と述べた。

Chervinsky氏は、米ホワイトハウスが16日に示した仮想通貨についての開発枠組みについても言及。「分散化という考え方そのものを否定」するような内容がみられるもので、「テラ騒動やその余波がなければ、この中身は全く違ったものになっていただろう」と意見している。

一部の不適切なプロジェクトにより、仮想通貨全体のイメージが悪くなることを懸念する格好だ。

Chervinsky氏の発言に対し、米国の仮想通貨業界団体「ブロックチェーン協会」のディレクターKristin Smith氏も同意を示した。その上で、希望もあるとして次のように語っている。

悪質な事業者はエコシステム全体に影響を及ぼす。しかし、希望もある。米国には正しい規制のバランスを理解し、それを望んでいる多くの政策立案者がいる。そこで、私たちは規制の適切なバランスを見出すために、もっと力を入れて動いていけばよい。この業界は私が知る限り、最も勤勉な業界であり、それを成し遂げることができる。

関連米バイデン政権、仮想通貨やNFTについての包括的な開発枠組み示す

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
14:00
SuiブロックチェーンがStardustと提携、Web3ゲーム開発促進へ
Web3ゲーム用ウォレットを手掛けるStardustが、Suiブロックチェーンの統合を発表。この提携により、Web3ゲームのエコシステムが強化され、新たなゲーム体験が提供される。暗号資産(仮想通貨)スイは時価総額トップ50にランクインした。
13:00
米トランプ前大統領、ビットコインに前向きな姿勢に変化か
米ドナルド・トランプ前大統領は「仮想通貨ビットコインとは共存できる」と発言。懐疑的だった以前よりもビットコインに前向きな姿勢を示した。
12:00
グレースケール、プライバシーテーマのインデックスETFを申請
グレースケール「匿名銘柄のインデックスETF」はデータ・プライバシー技術を開発する企業およびZcashに投資する。ビットコインETF以外の製品を増やす狙いだ。
11:00
米登録の投資アドバイザーCarson Group、iSharesなどのビットコインETFを顧客に提供
ブラックロックのIBITでの仮想通貨ビットコイン保有数は126,950 BTCで、45.3万 BTCを保有するGBTCにつぐポジションを維持。一方、グレースケールのGBTCを除けば現在時価総額が最も高いのはブラックロックのIBITで、66億ドルに相当する。
10:00
Matrixport、3月までにビットコイン6.3万ドルも視野
Matrixportは2024年3月までにビットコインが6万3,000ドルに達する可能性があると強気予測。現物ETF承認や利下げなど複数要因を背景に挙げた。
09:00
加速する仮想通貨リステーキング、a16zがEigenに150億円投資
仮想通貨ETHやSOLのリステーキング「ストーリー」は今年の代表的なテーマの1つであり、投資家の注目と資金を集めている。
07:45
アバランチ、約2時間ブロック確定停止
仮想通貨アバランチのブロックチェーンで、ブロックの確定に問題が発生。ノードのソフトウェアのアップグレードを実施し、約6時間後に解決したことが報告された。
07:15
Flare Network、初期投資家のトークンアンロックを延長 FLR価格20%以上上昇
今回新たに出資したFlareの既存投資家はFLRトークンのロックアップ期間を2026の1Qまで延長し、30日の日平均出来高の0.5%を超えないトークンの売却に同意した。
06:30
UniswapのUNIに利益分配を提案、トークン価格が50%急騰
今まで仮想通貨UNIトークンの保有者には、Uniswapの手数料が分配されない仕組みとなっているが、これが変わる可能性が出てきた。
05:45
bitFlyer、仮想通貨3銘柄新規上場へ
国内暗号資産取引所bitFlyerは3銘柄の新規取り扱いを開始する予定だ。今週2度目の銘柄リスティング発表となる。
02/23 金曜日
16:00
Valkyrie「イーサリアム現物ETFの承認には1〜2年はかかる」
米仮想通貨投資企業Valkyrieの最高投資責任者は、イーサリアム現物ETFは今後1、2年以内に承認される可能性があると意見した。
16:00
Web3とは|次世代を担う非中央集権的インターネット環境のメリットを解説
世界中で技術革新の進むインターネット環境は、今まさに新たな時代へと移り変わろうとしています。Web3(ウェブスリー)という言葉の意味やメリットについて詳しく解説します。
13:05
JPモルガンアナリスト「仮想通貨相場の力強い上昇は、個人投資家の関心の高まりが寄与」
JPモルガンはリテール投資家が、ビットコインなど2月の仮想通貨市場の上昇に寄与した可能性が高いと述べた。背景として3つの要因を挙げている。
02/22 木曜日
16:00
スターテイル・ラボ、サムスンとシンガポール大手銀行UOBから資金調達
日本発のWeb3プロダクト、暗号資産(仮想通貨)ASTRのエコシステムAstar Networkを率いるスターテイル・ラボが、サムスンとUOBからのシード追加ラウンドで5億円を調達。渡辺創太CEOはプロダクト開発を加速の意向示す。
13:55
イーサリアム、ビットコインの年初来上昇率を上回る 現物ETF承認への期待感と集中リスクの懸念
時価総額2位の仮想通貨イーサリアムが、年初来の価格の上昇率でビットコインを上回った。米当局による先月のビットコイン現物ETF承認を受けて、イーサリアム現物ETFが承認される可能性が高いとの楽観的な見方がその一因となっている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/02/29 12:00 ~ 19:00
その他 オンライン
2024/03/01 19:00 ~ 21:30
東京 東京都千代田区
重要指標
一覧
新着指標
一覧