韓国当局、テラのDo Kwon創設者らに逮捕令状を発行

遂にDo Kwon氏に逮捕令状

韓国の捜査当局はTerraform LabsのDo Kwon CEOらに逮捕令状を発行した。朝鮮日報などが報じた。

Kwon氏の他、同社の共同創業者であるNicholas Platias氏、従業員のHan Mo氏などの5名に対しても逮捕令状が出された。報道によれば、計6名が、現在シンガポールに滞在しているという。

令状を発行したのは、ソウル南部地検の金融証券犯罪合同捜査チームと金融捜査2部。資本市場法違反の容疑で身柄の提出を要求している。

検察は、暗号資産(仮想通貨)旧テラ(LUNA)が、資本市場法上の「投資契約証券」に該当すると判断した格好だ。

「投資契約証券」は、利益を期待して共同事業に金銭を出資し、その結果により対価を受ける形式の証券。検察は、テラとルナが実際の共同事業を遂行しておらず「詐欺的不正取引」を行ったと訴えている。

Kwon氏らはシンガポールに居住しているものの、検察は有効期間が1年の逮捕令状に基づき、インターポールと協力して指名手配を行う計画だ。また、パスポート無効化などの措置も講じる予定だと説明した。

これまでの経緯

旧テラ(LUNA)とステーブルコインの旧USTは5月に暴落し、これをきっかけとして仮想通貨市場で債務不履行の連鎖を引き起こした。時価総額でトップ10内にあった旧テラは、5月8日から13日にかけて99%以上下落している。旧USTも米ドルからディペッグして同様に暴落した。

関連テラUSD(UST)のディペッグ騒動 Terraform Labs社や取引所の対応まとめ

テラシステムの崩壊以降、Do Kwon氏など韓国籍の従業員がいたために、韓国当局は捜査を進めていた。6月には、関係者の海外逃亡を防ぐためにテラプロジェクト元従業員らに対し、出国禁止命令を出している。

韓国の検察が、テラの初期開発作業に携わっていた従業員に聴取したところ、当初から社内でも、無担保型(アルゴリズム型)ステーブルコインであるUSTのディペッグが発生することについて懸念の声が挙がっていたという。

関連韓国捜査当局、テラの開発者や元従業員の出国を禁止か=報道

関連韓国検察、UST急落巡りTerraform Labsの全従業員を調査へ=報道

ディペッグとは

ステーブルコインの価値が、対象とする資産の価格から乖離すること。USTは米ドルと価値が1:1の割合で連動(ペッグ)するように設計されていたが、99%以上急落する事態が発生した。

▶️仮想通貨用語集

米SECも調査中

韓国当局の他、米証券取引委員会(SEC)も、Terraform Labsをめぐり調査を行っている。まず、合成資産プラットフォーム「Mirror Protocol」が未登録証券の販売を行っていた疑いがあるとした。

このプラットフォームは、株式やインデックスなどの資産をブロックチェーンでトークン化するものだが米国の投資家もアクセス可能だった状況だ。

さらに、旧USTについても、マーケティングなどに際して投資家保護規制に違反していたかどうかを調査していると伝えられる。

関連米SEC、UST巡りDo Kwon氏などを調査か=報道

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します