CoinPostで今最も読まれています

FUELHASH、100%再生可能エネルギーのビットコイン採掘開始 カナダで水力発電を活用

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

100%再生可能エネルギーでマイニング

暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)マイニング事業を行う株式会社FUELHASHは21日、カナダで、水力発電を活用したマイニングファーム運用を開始したことを発表した。

FUELHASH社は、21年3月に設立された会社で、最先端マイニングマシン販売・運⽤を主に⾏っている国内ブロックチェーン企業。

「クリプトを、当たり前に。」をミッションに、ハッシュレンタルサービス「FUELMINING」や日本国内での太陽光マイニング運用サービス「FUELSOLAR」、NFT(非代替性トークン)による資産運用プラットフォーム「FUELGUILD」なども展開している。

関連:ビットコイン採掘事業を行う国内企業FUELHASH、3億円超を資金調達

今回、カナダのオンタリオ州に新設された同社のマイニングファームは、消費電力のすべて(100%)が再生可能エネルギーで賄われるのが特徴だ。

マイニングには、BITFURY(ビットフューリー)社製、5nmチップ搭載の最新モデルを使用する。

オンタリオ州でのマイニングファーム新設について、FUELHASH社の紺野勝弥代表取締役は、以下のようにコメントした。

グローバルですでに始まっているトレンド「再エネ × マイニング」にかねてから取り組んできた当社ですが、今回、100%水力発電によるマイニングファームの運用開始により、その勢いをさらに加速させます。

今回マイニングファーム運用を開始するカナダは国家としての安定性も高く、現在世界規模でエネルギー問題が生じている中でも安定した電力供給が可能な地域です。さらに電気代が安価で、安定したマイニングファーム運用ができると考えています。

マイニングとは

ビットコイン(BTC)など、コンセンサスアルゴリズムにプルーフ・オブ・ワーク(PoW)を導入する仮想通貨の取引を検証・承認すること。

取引の検証にはコンピューターで膨大な計算を行う必要があり、その見返りとしてマイニングに成功すればブロック報酬として新規発行の仮想通貨が付与される。

▶️仮想通貨用語集

関連:ビットコインのマイニング(採掘)とは|3種類の方法を解説

ビットコインに専念する理由

なお、同社のマイニングサービスではビットコインの採掘に専念している。CoinPostがFUELHASH社に問い合わせたところ、広報担当者は以下のようにコメントした。

仮想通貨の中で時価総額が最も大きいBTCは仮想通貨マーケットの根幹であり、半減期も組み込まれているため将来の価格アップサイドも狙える。

現在はBTC価格が安くマシンを安く仕入れられるので、次の半減期が到来する2024年3月までにマイニングをするには良いタイミングと考えている。

再生可能エネルギーの利用率は上昇中

ビットコインは、そのマイニングが環境や電力網に負荷をかけるとして批判されてきた経緯がある。

批判が高まりを見せたのは2021年で、英大手メディアBBCなどがビットコイン・ネットワークのマイニングに消費される電力量は、世界の国家と比べると30位の規模に匹敵するとするデータを特集したことが大きな影響を与えた。

環境面に関する議論は、それまでビットコインを推進していた企業の姿勢にも影響し、当時ビットコイン決済を導入していたEVメーカーのテスラは、このような情勢を鑑みる形で、21年5月に決済対応を中止している。

関連:BTC採掘評議会レポート「マイニングの再生可能エネルギー率が約60%に到達」

マイニング企業側も環境問題を改善すべく動いており、21年5月には米国の大手マイニング企業らが「ビットコイン採掘評議会」(BMC)を設立。

同団体は、再生可能エネルギーを使用したマイニングの普及などに努めており、22年7月に公開されたQ2レポートでは、マイニング事業者全体での再生可能エネルギーの利用率が59.5%に達したことを報告していた。

出典:ビットコインマイニング評議会

また、ビットコインを筆頭とするPoW(プルーフ・オブ・ワーク)銘柄の環境負荷リスクに対する懸念は米政府からも見られている。

22年9月上旬には米科学技術政策局(OSTP)などの政府機関が仮想通貨がバイデン政権の気候変動目標に与える影響を分析するレポートを発表。消費電力だけでなく、騒音や水質汚染など近隣地域への影響を受け、「エビデンスに基づいた環境負荷を制限する基準を設けるべき」と提言していた。

関連:米政府「仮想通貨マイニングの規制策定は必要」

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/24 水曜日
13:55
トヨタ・ブロックチェーン・ラボ、スマートアカウント導入で車の使用権トークン化を検討
トヨタ・ブロックチェーン・ラボは、モビリティ(移動手段としての乗り物)をイーサリアム・ブロックチェーン上のスマートアカウントとして設計する構想を発表した。
11:30
日本デジタルアセットマーケッツ、アバランチと提携 RWAトークン発行・流通を推進へ
株式会社デジタルアセットマーケッツは、仮想通貨アバランチのAva Labsと合意書を締結。RWAトークン事業などで提携していく。
11:00
ETHの強気要因、元ウォール街トレーダー分析
イーサリアムが強気相場入りしたと判断する3つの理由を仮想通貨関連企業幹部が指摘。現物ETFのローンチなどを挙げ、2024年後半は明確な強気相場だと主張した。
09:20
ハリス氏陣営、マーク・キューバン氏に仮想通貨について問い合わせ
著名投資家マーク・キューバン氏は、カマラ・ハリス氏陣営から仮想通貨について質問を受けており、このことは良い兆候だと述べた。
08:30
各社のイーサリアム現物ETFのETH保有量明らかに
最も保有量の多いのは、グレースケールのETHEで、2,959,307 ETH(1.6兆円)の運用額だ。ETHEはこれまで運用されてきたイーサリアム投資信託から転換されたもので、23日にイーサリアムのミニ版ETFも同時にローンチした。
07:45
イーサリアム現物ETF、初日出来高1550億円超
23日に取引が開始された仮想通貨イーサリアムの現物ETFの合計出来高は1550億円超に。取引開始に米議員や仮想通貨業界が反応している。
07:15
「ビットコイン2024」のオーガナイザー、ハリス米副大統領の講演について交渉中
ハリス氏はすでに指名獲得に必要な過半数の代議員から支持を得ているが、仮想通貨へのスタンスは未だ表明していない。
06:50
ソラナ初のプライベート・クレジット・ファンド、米大手投資会社ハミルトン・レーンが立ち上げ
運用・監督資産143兆円超の米ハミルトン・レーンは23日、ソラナブロックチェーン上のプライベート・クレジット・ファンド「SCOPE」の立ち上げを発表した。
06:15
トランプ氏、ビットコイン否定派JPモルガンのダイモンCEOの財務長官指名を否定
トランプ氏は24日に、ビットコインに懐疑的なJPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOや、ブラックロックのフィンクCEOの財務大臣指名の噂を否定した。
06:00
クラーケン、ビットコインをマウントゴックス債権者に返済開始 売圧警戒も
多くのビットコインが同時に売却される可能性が警戒され、仮想通貨BTCは23日深夜66,000ドル台を下回った。
07/23 火曜日
18:00
AILayerとは|AIとWeb3を融合するAI駆動のビットコインLayer 2ソリューション
AIとブロックチェーン技術を統合させた、ビットコインLayer 2ソリューション「AILayer」について、特徴やメリットなどを詳しく解説します。
17:40
ブラックロックのビットコインETF、ナスダックETF上回る年初来資金流入額4位に
ブラックロックのビットコイン現物ETF「iシェアーズ・ビットコイン・トラスト」は、ナスダックQQQを超える資金流入を記録。フィデリティも上位にランクイン。イーサリアムETFの発売も迫る中、投資家の関心が高まる。
15:28
ミームコインが4~6月の仮想通貨市場を席巻=CoinGecko
2024年第2四半期の仮想通貨市場でミームコインがWeb Trafficを席巻し、市場シェア14.3%を獲得。暗号資産(仮想通貨)市場におけるミームコインの注目度と、ビットコイン市場動向を詳しく解説。
14:15
時価総額が355兆円規模に、上半期の仮想通貨市場=バイナンスレポート
仮想通貨取引所大手バイナンス、2024年上半期の仮想通貨市場についてのレポートを発表。仮想通貨の時価総額は年初から37.3%増加し、355兆円の規模に拡大したと報告した。
13:20
トランプ氏が大統領再選の場合、ゲンスラーSEC委員長早期退任か=10x Research
10x Researchは、トランプ氏が大統領再選の場合、仮想通貨に批判的なゲンスラーSEC委員長は退任する可能性が高いと意見した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア