米政府「仮想通貨マイニングの規制策定は必要」 大統領令に基づくレポート第1弾を遂に提出

大統領令のレポート第一弾

アメリカ合衆国科学技術政策局(OSTP)などの米政府機関らは8日、暗号資産(仮想通貨)やマイニングが米政府の気候変動目標に与える影響に関するレポートを発表した。

同レポートは22年3月にバイデン大統領が仮想通貨に関する大統領令に応じて執筆されたもの。6ヶ月後をメドに6以上の項目に関するの調査を指示しており、今後も関係省庁からの発表が予想されている。

今回の報告書は仮想通貨や分散台帳技術が気候変動目標に与える影響の考察に関する内容だ。

関連:米バイデン大統領、仮想通貨に関する大統領令に署名

米政府は2030年までに温室効果ガス(GHG)の排出量を50%削減する目標と2035年までに二酸化炭素(Co2)汚染ゼロ、そして2050年までの実質排出量ゼロを目標に設定している。

特に、パリ協定を脱退したトランプ政権とは対照的に、バイデン政権では環境目標を主要政策に掲げており、気候変動目標を達成できなかった場合は米国のGDPに3~10%の影響を与えるリスクがあると指摘した。

ただ、仮想通貨、特にマイニングによる集中的な電力消費はこうした米政府の取り組みを妨げる可能性があると懸念。今回のレポートでは以下の4点に焦点を置き、仮想通貨業界の消費電力とその影響、そしてそれを規制する為の方針や政策提言をした。

  1. 仮想通貨業界の電力消費が与える影響
  2. 影響の規模とそれに対応するために必要な規制
  3. ブロックチェーンを利用した気候変動リスクを低下するためのユースケース
  4. 今後必要な規制や監視体制

仮想通貨の電力消費が与える影響

米OSTPは2022年8月時点で仮想通貨業界の年間消費電力は1,200億〜2,400億キロワットにのぼるとする分析を発表。これは国家規模ではアルゼンチンやオーストラリアと同等水準で、世界的には年間の総消費電力の0.4~0.9%に匹敵する。

出典:whitehouse.gov

また、現時点ではPoW(プルーフオブワーク)を採用するビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)は仮想通貨市場の時価総額において6割以上を占めると指摘。ただ、2022年8月時点では、ビットコインは仮想通貨業界全体の60〜77%、イーサリアムは20~39%の電力を消耗していると分析した。

なお、イーサリアムは9月中旬に控えるThe MergeのParisアップグレードが完了次第で、PoS(プルーフオブステーク)への移行を控える。PoS移行後は消費電力が99%削減できるとの予測も出ている。

関連:イーサリアム財団「ETH2.0移行後は消費電力が99%削減」

今回のレポートで、PoWの代替ブロックチェーンとしてPoS版イーサリアムやソラナ(SOL)、カルダノといったPoS銘柄が取り上げられている。

関連:Parisアップグレードの注目ポイントとは

「相場に連動して消費電力も変動」

米国では中国政府のマイニング禁止令以降、ハッシュレートが増加しており、2021年には遂に中国を追い越して世界最大のマイニング国家に成長。特に、テキサス州における採掘拠点が目立ち、州の消費電力の3割に相当する25ギガワットも負荷が増える可能性があると考察した。

関連:ビットコイン、採掘シェアは米国1位に=英ケンブリッジ大学の最新データ

しかし、増加する電力消費に反面で仮想通貨市場に応じて消費電力も上下する傾向があると指摘。2021年7月から2022年1月にかけて67%増加したグローバルでの消費電力は22年8月には17%も減少していた。

出典:whitehouse.gov

実際に、ビットコイン・ネットワークのハッシュレート(採掘速度)はBTC価格の下落に連動する形で低下する傾向がある。

関連:難易度調整は1年ぶりの下落幅を観測

仮想通貨の電力消費規模

米政府は仮想通貨業界全体で推定1.4億トンの二酸化炭素(Co2)を排出し、世界のは0.3%に匹敵する規模の影響があると分析。米国においては国家全体の0.4~0.8%と米国における鉄道業界と同等の環境負荷を記録した。

また、温室効果ガス以外にも、データセンター近辺の電力網への影響、騒音や水質への影響、空気質など環境保護への懸念も多数存在すると米政府は指摘。連邦政府が責任ある発展を保証する行動を取り、地元への影響を削減する為の基準を策定すべきだと提言している。

米国においても多数のマイニング拠点の設立が目立ったテキサス州では2021年2月に豪雪で大体的な停電を経るなど、以前から電力網の不安定性が目立っていたが、2022年夏は猛暑でマイニング企業が稼働停止をせざるを得ない状況も発生。

近隣住民の電力コストの高騰も懸念されるなど、実需を考慮した消費電力量などの基準も必要性が高まっている。

関連:米テキサス州、仮想通貨採掘企業が事業を一時停止 電力網を逼迫

ブロックチェーンを利用した気候変動リスク削減のツールは

一方で、マイニングとともに仮想通貨の基盤となるブロックチェーン技術や分散型台帳技術(DLT)を活用して、エネルギー資源やサプライチェーン管理の効率性向上するポテンシャルがある点も認め、米政府は適切な格好でイノベーションを促進すべきと提言。

新たなユースケースはまだ表れていると今後の有望性も認めた格好だ。

関連: 米石油大手企業、ビットコイン採掘業者にフレアガスを提供

必要な規制判断や調査題目

これらの要素を考慮して、米OSTPは仮想通貨規制はクリーンエネルギーへの移行を支援する必要があると指摘。以下の条件を満たす規制方針が必要だと提言した。

  • 温室効果ガスの削減に貢献
  • 近隣住民の電力コスト増加を阻止
  • 電力網を逼迫する運用の回避
  • 近隣地域への環境リスクの低下

また、有識者や業界団体などと連携して、エビデンスに基づいた環境負荷を制限する基準を設けるべきだと助言した。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します