米CFTC、Ooki DAOを規制違反で訴える

レバレッジ取引プロトコルとDAOに対する訴訟

米商品先物取引委員会は22日、暗号資産(仮想通貨)のレバレッジ取引を提供していたbZeroXおよびその創設者、また関連するDAO(自律分散型組織)を相手取り、カリフォルニア州の地方裁判所に訴えた。

CFTCによると、同社やその事業を引き継いだ「Ooki DAO」は、先物取引業者としてライセンス登録することなく、仮想通貨のレバレッジ・マージン付き商品取引を違法に提供していた。

また、本来登録事業者に求められる銀行秘密法遵守プログラムの一環である、顧客身元確認プログラムの導入を怠っていた形だ。CFTCは、bZeroXとその創設者2人に対して、約3,600万円(25万ドル)の罰金と、規制違反となる事業の停止を要求している。

経緯

訴状によると、2019年6月から8月頃まで、被告はブロックチェーンベースのプロトコルを構築して、レバレッジ商品取引などを提供していた。

bZeroXは2021年8月23日頃、当該プロトコルの支配権をbZx DAOに移し、その後DAO名を変更。現在Ooki DAOとして事業を行っている。Ooki DAOは、bZeroXと全く同じ方法でプロトコルを運営し、同様に法律違反を続けている。

CFTCは「DAOに経営権を移管することで、米国商品取引法などの規制に平然と違反することを可能にした」と指摘した。

DAOとは

自律的に機能する分散型組織を指す。「Decentralized Autonomous Organization」の略。一般的な企業などとは違い、経営者のような中央管理者が存在しない。参加メンバーやアルゴリズムによって運営管理が行われる。

▶️仮想通貨用語集

CFTCのロスティン・ベーナム委員長は、「CFTCの執行チームは、(デジタル資産という)成長市場に関する多くの懸念事項と関わるこのプロトコルを追及した」と述べている。

また、執行部門長代理のグレチェン・ロウ氏は次のようにコメントした。

今回の措置は、急速に発展する分散型金融環境において、顧客を保護するための幅広い取り組みの一環である。

米国の小売顧客に提供されるデジタル資産のマージン取引、レバレッジ取引、融資取引は、すべての法令に従って適切に登録・規制された取引所で行わなければならない。こうした要件は、DAOだけでなく、従来型の事業体にも同様に適用される。

Ookiに関しては、そのネイティブトークンであるOOKIが8月に米コインベースに上場した。

関連米コインベース、OOKI上場へ

CFTC内部から批判の声も

一方で、今回の動きについてはCFTC内部から批判もある。サマー・マーシンガーCFTC委員は、事前にガイドラインを提供していない状態で「法的執行による規制」を行っているとして意見を表明した。

マーシンガー委員は、bZeroXやその創設者らの法律違反について責任を問うことには賛成している。その一方でCFTCが、被告の創設者2人には、Ooki DAOの議決権付ガバナンストークンを有しており投票に参加したことを理由として、Ooki DAOが行う事業の責任を負わせていることには反対した。

こうしたアプローチでは、たまたまある投票に参加したDAOのトークン保有者が法的責任を問われ、参加しなかった別の保有者は責任を問われないことになりかねない。また、DAOのガバナンス投票への参加意欲も削いでしまうものとなる。

DAOをめぐる法的枠組みは未整備

DAOは、比較的新しい組織形態であり、それを巡る法律も整備されていない。米国ではワイオミング州が唯一、2021年7月にDAO法を施行して法的根拠を与えている。

DAOは、メンバーの投票に基づき、組織の決定が民主的に行えることなどの利点があるが、ブロックチェーンに関連する判例がほとんどなく、紛争を解決するための法的枠組みも未整備であるなどの点が懸念されている。

関連米国でのDAOを巡る法的論点とは|Gamma Law寄稿

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します