ゲーム企業のメタバース投資加速 Epic GamesなどがHadeanに43億円出資

メタバースインフラを手掛ける企業

メタバース(仮想現実)関連のインフラを手掛けるHadeanは23日、シリーズAラウンドで、約43億円(3,000万ドル)を資金調達したと発表。出資者には、人気ゲーム「フォートナイト」などを運営するEpic Gamesも含まれる。

Hadean社は、2015年に創業。イギリスを拠点としており、Web3(分散型ウェブ)とメタバース領域を想定した、分散型クラウドプラットフォームを手掛けている企業だ。

関連:Epic Games、メタバース構築を加速 ソニーGらから2,500億円を資金調達へ

今回の出資は、欧州の投資会社Molten Venturesが主導し、Epic Games社のほか、2050 Capital、Alumni Ventures、Aster Capital、Entrepreneur First、InQTelなども参加している。調達に成功した資金は、Hadean社の相互運用可能かつ拡張性のあるメタバースインフラの開発に投入される予定だ。

メタバースとは

インターネット上に構築された、多人数参加型の3次元仮想現実世界のこと。アバターを使い、様々な楽しみ方ができる。

▶️仮想通貨用語集

Epic Games社のMarc Petit「Unreal Engine」エコシステムVPは、資金調達について以下のようにコメントしている。

Hadean社の技術は、膨大な数の同時ユーザー接続を可能にし、クリエイターや開発者向けの新しいツールを開放することで、EpicのUnreal Engine(同社が開発するゲームエンジン)を補完するものだ。同社の成長に貢献できることを嬉しく思うと同時に、メタバースの基礎を築くために今後も協力していきたいと考えている。

メタバースへの注力を加速

今回、Hadean社への出資が明らかになったEpic Games社は、1991年に創業。米国に本社を構え、世界に40以上のオフィスを展開している。

現在は双方向エンターテインメント領域を主導し、3Dエンジン技術も提供。世界で最もオープンで高度なリアルタイム3D制作ツールと知られる「Unreal Engine」やオンラインサービスを、開発者やクリエイター向けに提供している企業だ。

関連:Epic GamesのCEO「我々はNFTの利用を禁止しない」

メタバースへの投資も加速させており、22年4月にはソニーグループと、玩具会社レゴの親企業KIRKBIから、「デジタルエンターテインメントの未来を構築」を目的として、約2,500億円(20億ドル)を資金調達した。

またNFT(非代替性トークン)の利用にも肯定寄りのスタンスを見せており、22年7月に人気ゲーム「マインクラフト」がNFTを禁止した際には、Tim Sweeney CEOが、NFTやブロックチェーンを排除しないという意向を明言している。

関連:次世代の仮想空間サービス「メタバース」とは|ブロックチェーンとの関係も解説

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します