CoinPostで今最も読まれています

FRB幹部、23年に利上げの最終到達点切り上げを視野=報道

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

米大幅利上げ観測

米国で大幅利上げを継続するとの見方が一段と強まっている。米New York Times紙は18日、「米連邦準備制度理事会(FRB)幹部は、来月(のFOMCで)政策金利を0.75ポイント引き上げる方針を固めた」と報じた。

関連:世界の投資家が注目する米金融政策決定会合「FOMC」とは|分かりやすく解説

FRBはこれまで利上げの最終到達点(政策金利のピーク)を4.6%に設定していたが、今後の経済指標次第でさらに上昇する可能性があるとの見解も出ている。

昨今のインフレ指数高止まりなどの状況を受け、米中央銀行による利上げの減速シナリオが再度遠のいているようだ。NYT紙は以下のようにまとめている。

中央銀行総裁は、今年11月の会合で利上げ減速に向けた議論をすると予想していた。しかし、労働市場が依然好調で、インフレが止まらないことを示唆するデータが直近相次いだため、利上げ縮小の本格的な議論は少なくとも1カ月遅らせる構えである。

米連邦準備制度理事会(FRB)は22年10月時点、インフレ退治を最優先に、金融引き締め姿勢を強化している。2022年の相場環境において、株価はFRBの金融政策に敏感に反応してきた。

暗号資産への影響も無視できず

2021年以降の市場規模拡大と機関投資家の参入増加により、株式市場との相関性が高まる暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)にとっても、特に米国の金利動向は無視できない要因となっている。

10月3日には、米国で業績悪化、景気後退の到来を意識させる経済指標が相次いで報告されると、債券買いの勢いが増して長期金利がピーク値の4%から3.64%へと低下。FRBの金融引き締めが減速するとの見方が持ち上がり、株価やビットコインといったリスク資産が買われ、反転上昇に繋がった。

一方、同日の講演で米ニューヨーク連銀のウィリアムズ総裁が金融引き締めを続ける姿勢を示すなど、FRBの金融政策に対する市場の警戒感は依然として残されている。

関連:国債と金利の関係、仮想通貨市場への影響について解説

23年の利上げ予想

FRBの積極的な利上げの背景には、インフレ(物価高)の加速、強い労働市場などの経済状況が影響している。過去1か月間だけでも、以下のような米中央銀行総裁の発言、及び経済指標が出ている。

FRBパウエル議長(9月20日、参考記事): 「現在の高インフレが長く続けば続くほど、インフレ期待が定着する可能性が高くなる」と発言

セントルイス連邦準備銀行のジェームズ・ブラード総裁(10/14、参考記事): 「12月にも4分の3ポイントの大幅利上げ(政策金利を4.6%程度に引き上げる)」。23年も利上げ継続に賛成する可能性を示唆。

ミネアポリス連邦準備銀行のニール・カシュカリ総裁(10/18、参考記事): インフレ率の低下に関する実際の進展がなければ、23年の金利を4.5%~4.75%で停止することに賛成する理由がないとの見解示す。

金利上昇を示す一つの指標は、米消費者物価指数(CPI)が挙げられる。10月13日に発表されたCPIは前年同月比8.2%上昇となり、市場予想の8.1%を上回った。変動の大きい食品とエネルギーを除く「コア指数」も市場予想を上回り、1982年来の記録的水準を付けた。

一方、投資家は11月1-2日に開催されるFOMCで4会合連続の0.75ポイントの利上げ幅は完全に織り込んでいる。以下は、CMEグループが提供する金利予測ツール「FedWatch」。本記事執筆時点では、11月のFOMCで0.75ポイントの利上げが行われる可能性は92.2%と極めて高い。

なお、画像の下の表を見ると、10月14日時点は過去の歴史で類を見ない1.00ポイント利上げされる可能性は3.4%との予測だったが、CPI結果を受けた現時時点では0%と見方が後退していた。

出典:FedWatch

執筆時点、政策金利(FFレート)は現在3.1%前後に設定されている。9月20日から21日に開かれたFOMC後に公開されたドットチャートでは2022年末時点のFFレートは4.25〜4.5%が適切であるとした参加者が最も多く、9名だった。

出典:FED

ドットチャートはFOMCメンバーが予想する「政策金利の見通し」を示すもの。次回のドットチャートは今年12月のFOMCで発表される予定だ。

関連:9月の米CPI、市場予想を上回る前年同月比8.2%に 利上げ継続の見方強まる

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/21 水曜日
12:07
イーサリアム続伸で約2年ぶり3000ドル台に
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム(ETH)が続伸し、22年4月以来初めて3000ドル台を回復した。オンチェーンデータ分析では、クジラ(大口投資家)の動向も活性化し始めているようだ。
12:00
仮想通貨支持のディートン弁護士、上院議員選出馬へ ウォーレン議員に対抗
仮想通貨を擁護する米国のディートン弁護士はマサチューセッツ州で上院議員選挙へ出馬した。エリザベス・ウォーレン議員の対抗馬を目指す。
11:00
マスターカードがSwooウォレットと提携、仮想通貨による報酬プログラム提供へ
決済大手マスターカードはモバイルウォレット企業Swooと提携し、ビットコインなど仮想通貨による顧客報酬プログラムを提供すると発表した。
10:24
ゴールドマン・サックス、日本株を代表する『七人の侍』を選定
日経平均株価が34年ぶりにバブル後の最高値をつける中、大手投資銀行ゴールドマンサックスは日本市場を代表する「七人の侍」を選定した。では、どの銘柄が採用されたか。
08:30
明日決算発表を前にエヌビディア大幅安、仮想通貨関連株も下落
米ナスダックはエヌビディアやAMDなどIT・ハイテク株の売り先行で下落。多くのアナリストはエヌビディアの決算のハードルは非常に高く引き上げられていると指摘した。一方、イーサリアムは約2年ぶりに3千ドル台を回復した。
07:45
計1400億円相当のBTC、米コインベースから出金
計1400億円相当の仮想通貨ビットコインがコインベースから出金されたことがわかった。出金理由については売り圧の低下につながるといった声や、OTC取引のための出金であるといった声など複数の見方が上がっている。
07:30
米デリバティブ大手CME、小口のユーロ建のビットコイン・イーサ先物を提供へ
CMEのビットコイン先物OIは先月過去最高値の52億ドルを記録。仮想通貨ビットコインETFへの高い需要に伴ってヘッジの需要も高まっているようだ。
07:00
EVMウォレットMetaMask、ユーザーへの警告機能を導入 モバイル安全性強化
マルチチェーンへ対応 暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)の主要EVMウォレットMetaMaskは、モバイルアプリおよびエクステンションで、ユーザーへのセキュリティアラー…
05:50
Optimism、4回目のエアドロップで約60億円分の仮想通貨OPを無料配布
今回のエアドロップはOptimismを利用するWeb3アーティストやクリエイターをターゲットとしたもので、合計10,343,757.81 OPトークン(約4100万ドル)を2025年2月13日までに付与する。
05:30
バイナンス、全てのレバレッジトークン廃止へ
仮想通貨(暗号資産)取引所バイナンスは全てのレバレッジトークン廃止の予定を発表した。一方、昨夜StarknetのSTRKトークンの新規上場を実施した。
02/20 火曜日
14:51
韓国与党、選挙公約でビットコインETFやIEOの承認など検討 課税猶予の延長も
韓国の与党「国民の力」は4月の総選挙に向けた選挙公約の一環として、ビットコイン現物ETFの認可を含む、仮想通貨投資に関連した法律の制定を検討すると発表した。
14:36
Uniswap v4は2024年第三四半期に実装へ
Uniswap v4が2024年第3四半期にリリース予定。新機能「フック」の導入、暗号資産(仮想通貨)イーサリアムDencunアップグレードの影響、および監査プロセスに焦点を当て、ロードマップの近況をまとめる。
14:14
LINE NEXT、読んで稼ぐ「ReadON」と提携 コラボNFTを販売
NFT市場DOSIを手掛けるLINE NEXTが、読んで稼ぐアプリReadONとの提携を発表。コラボデジタルアイテムを2月21日に発売。Web3エコシステムにおけるマーケティングやビジネス領域での連携を図る。
12:23
50000ドル台で揉み合うビットコイン、イーサリアム先物市場に過熱感も
暗号資産(仮想通貨)市場では半減期を控えるビットコインが50000ドル台で一服。続伸中のイーサリアムは先物市場のOI(未決済建玉)に過熱感も見受けられる。
11:30
スタートアップ育成のY Combinator、ステーブルコインへの取り組み推奨
Y Combinatorはスタートアップ企業への推奨分野を発表。「ステーブルコインを使った金融」にも巨大なチャンスがあると述べている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア