米大手取引所Bittrex:新たな米ドル建ての仮想通貨「XRP」「ETC」を8/20に追加

本日、アメリカの大手仮想通貨取引所Bittrex公式ブログにて、5月に公表した「USD(米ドル)建て取引」の第三段階として、イーサリアムクラシック(ETC)とリップル(XRP)の米ドル建て取引を8月20日に開始予定であることを発表した。

8月20日以降、Bittrexで取り扱いのある米ドル建て通貨は、以下の6種類となる。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • テザー(USDT)
  • トゥルーUSD(TUSD)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リップル(XRP)

注:第一段階は法人向けの米ドル建て取引、第二段階は個人投資家向けの米ドル建て取引サービス

CoinPostの関連記事

米大手取引所「Bittrex」が銀行と提携:仮想通貨市場の信頼性向上でメインストリームへ
米シアトルの大手仮想通貨取引所「Bittrex」が、米ニューヨークの「Signature Bank」と提携。一部の法人顧客に対し、法定通貨”米ドル”と仮想通貨の取引ペアを公開することを発表しました。提携などで仮想通貨業界の信頼性が高まることで、メインストリームへの普及に繋がっていくのではないかと期待されています。
BittrexがUSD(米ドル)ペア対応を検討?CEOがテザー社の問題を受けて発言
Bittrex CEO Bill Shihara氏がPodcastでUSDペア対応を検討すると発言しました。市場全体でテザー社に対する不信感が募っており、もしBittrexでのUSDペア誕生が実現した場合、後追いする取引所が現れるかもしれません。
▶️本日の速報をチェック

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加