CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨市場の混乱でビットコインなど大規模ロスカット、FTTは前日比80%以上暴落

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

マクロ経済と金融市場

8日の米NY株式市場ではダウが続伸。前日比333ドル(1.02%)高で取引を終えた。

注目の米中間選挙では、下馬評通り連邦議会の下院は共和党が過半数迫る勢いで躍進、民主党は劣勢にある。

上院は接戦が伝えられているが、法人税率引き上げなどの増税案や規制強化案が可決しにくくなる「ねじれ国会」が市場から好感されたほか、政治の不確実性解消を見越した買いも入ったものと見られる。

11日にはCPI(米消費者物価指数)発表を控えており、上値は限定的か。

関連:9日朝の金融市場短観|NYダウ続伸 仮想通貨市場は暴落

仮想通貨市況

暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコイン(BTC)は前日比10.8%安の18,235ドルと大幅下落。

BTC/USD日足

一時17,500ドルまで暴落するなど、年初来安値を更新した。イーサリアム(ETH)ソラナ(SOL)など、主要アルトコインも軒並み暴落している。

Messari

これに伴い、先物市場では6.8億ドル(1000億円)相当の大規模ロスカット(強制清算)が発生した。

coingalss

デリバティブ市場におけるハイレバポジションの一掃に伴い、バイナンス先物取引所のOI(未決済建玉)も大幅に減少している。

coingalss

下落の背景

本日未明にかけて、大手暗号資産(仮想通貨)取引所FTXのネイティブトークン(FTT)が一時前日比86%安の2.91ドルと暴落したことでパニック売りを助長した。

背景には、米Coindeskにリークされたアラメダ・リサーチの貸借対照表(B/S)において、姉妹企業発行トークンに依存する債務超過リスクが急浮上したことがある。

6月30日時点で146億ドルの資産を保有し80億ドルの負債があったが、資産の大半は関連企業のFTXが発行するネイティブトークンFTTや流動性の低いSRM、MAPS、OXYなどのトークンだった。

さらに、最大手取引所バイナンスのチャンポン・ジャオ(CZ)CEOが、保有する5億ドル相当のFTTを数ヶ月間にわたって全て売却する方針を表明したことで市場が動揺。

FTXからは72時間で60億ドル相当の預かり資産の外部流出が加速するなど取り付け騒ぎの様相を呈した結果、「出金停止措置」を余儀なくされるなど重大な流動性危機に直面した。

Castle Fundsの責任者によれば、これに前後してマーケットメイカーもFTXから流動性を抜き去った。

今年6月には、ステーブルコインUST(TerraUSD)の崩壊およびテラ(LUNA)ショックの影響で、レンディング大手セルシウスや大手VCのThree Arrows Capital(3AC)などが相次いで連鎖的に経営破綻しており、同様の結末を連想させたことも投資家の狼狽売りを招いたと見られる。 

Bloomberg Terminalのデータによれば、8日時点でFTXのサム・バンクマン・フリードCEOの純資産見積もは、わずか1日で160億ドルから9億9100万ドルに減少した。FTT暴落に伴い、一夜にして資産評価額の90%以上を失った可能性がある。

バイナンスCEOであるCZ氏は9日1時、FTXからの要請を受け利用者保護のため買収の基本合意書に署名したことを発表した。

ただし、数日以内に本格的なデューデリジェンス(経営・財務状況調査)を実施した上で最終判断することになるため、白紙撤回される可能性も否めない。

The BlockのリサーチャーであるSteven Zheng氏によれば、業界2位か3位のFTX買収が実現した場合、バイナンスの市場シェアは80%以上まで押し上げられることを見込む。米国などで独占禁止法(反トラスト法)に抵触するなどした場合、業界全体の規制強化リスクも指摘される。

米商品先物取引委員会(CFTC)の広報担当者は米大手メディアのロイターに対し、米規制当局はバイナンスによるFTXの買収を監視していると語った。

関連:バイナンス、FTX買収に合意 流動性危機を支援

米最大手取引所のコインベースのブライアン・アームストロングCEOも今回の騒動に言及。

「規制ガイドラインの欠如がリスクの高い投機的な環境を助長した。事業者間の利益相反や顧客資産および自社発行トークンを担保にした借入れなど、業界の悪しき慣習が事態を招いた」などと指摘。「コインベースは、渦中のアラメダ・リサーチ及びFTXに対するエクスポージャーはほとんどない」と明言した。

また、透明性と信頼性の観点において、米国株式市場に上場するコインベースは厳格な規制に準拠したルール整備と監査された財務開示義務があり、非上場企業とは一線を画していると強調している。

関連:米コインベースCEO「FTXに対する重大なエクスポージャーはない」

関連:クリプト指標導入「CoinPostアプリ」の使い方をトレーダー目線で解説

過去に掲載したマーケットレポート一覧はこちら

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
16:27
コインチェック、NOT A HOTEL会員権NFTの取扱い開始
国内仮想通貨取引所コインチェックのNFTマーケットプレイス「Coincheck NFT」は、NOT A HOTELの会員権に紐づくNFTの第二期販売について、先行して取り扱うことを発表した。
16:13
日本の伝統文化「熊手」とNFTを融合、XYZAが新プロジェクトを発足
高品質なNFTデジタルアートを販売する「XYZA」を手掛けるFRMは、日本の伝統文化「熊手」とNFTを掛け合わせた新プロジェクトを発表した。
13:09
チェーン間ブリッジ、未回収資金が30億円規模に
ポリゴンとイーサリアムのブロックチェーン間で暗号資産(仮想通貨)を移動する「ブリッジ」にて、多額の資金が取り残されていることが明らかになった。
12:59
JPモルガン「CEXからDEXへの構造的な転換には懐疑的」
米JPモルガンは、仮想通貨エコシステムで予想される今後の変化に関して、新たなレポートを発表。FTXの破綻にもかかわらず、中央集権型取引所から分散型取引所への構造的な転換には懐疑的だと主張した。
11:59
BTCマイナーに複数の降伏シグナル、実現損失は過去4番目の水準
暗号資産(仮想通貨)市場では資金繰りの悪化するビットコインマイナーに複数の「降伏シグナル」が散見された。1週間の実現損失額は、過去4番目の水準に達した。
11:55
欧州中銀総裁「仮想通貨規制の拡大が必要」
欧州中央銀行のラガルド総裁は、仮想通貨取引所FTXが破綻したことを受けて、より広範な仮想通貨規制が必要だと述べた。将来的にMiCAの範囲を拡大する必要があるとしている。
11:08
エイプコイン、ステーキング機能リリースへ
エイプコインのステーキング 暗号資産(仮想通貨)エイプコイン(APE)の正式なステーキング機能が12月12日にリリースされることが明らかになった。 Ape Staking Up…
10:15
米クラーケン、米財務省と和解
米仮想通貨取引所クラーケンは、米財務省OFACと和解した。イランに対する制裁違反があったことを自発的に報告し、約5,000万円の罰金を支払った形だ。
09:25
LINE傘下のBITFRONT、サービス終了へ
LINE傘下の仮想通貨取引所BITFRONTは、サービス終了を発表。サービスを終了する理由や今後の流れを説明している。
08:15
米フィデリティ、個人投資家向けにBTC・ETH取引を提供開始
米大手金融機関フィデリティは個人投資家向けにビットコインとイーサリアムの取引サービスを提供開始した。
07:40
米コインベース、Web3ゲーム関連銘柄を新規上場へ
米国の大手暗号資産取引所コインベースは29日、Web3ゲーム関連銘柄の新規取扱予定を発表した。
07:18
レンディング大手BlockFi、破産を申請
仮想通貨貸借サービス企業BlockFiは、米破産法11条にもとづいた破産申請を行った。破産申請の書類から、債権者などの詳細が明らかになっている。
06:50
29日朝|NYダウ下落 米利上げ長期化の懸念など
今日のニューヨークダウ平均は下落。中国でのゼロコロナ政策に対する抗議デモの激化や、利上げの長期化を示唆する連銀総裁らのタカ派的な発言などが売り材料になったようだ。
11/28 月曜日
16:06
国内イベント「Web3 Tokyo 2022」12月にオンライン開催へ
株式会社N2Mと株式会社こころまちはweb3カンファレンス「Web3 Tokyo 2022」を12月10日に開催する。渋谷区も後援するほか、経済産業省や仮想通貨業界の大手企業も登壇予定。
13:01
Coinsquareで顧客の個人情報漏洩か
カナダの大手仮想通貨取引所「Coinsquare」の顧客データベースが侵害され、個人情報が流出した可能性があることがわかった。パスワードは流出していない。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/11/29 19:00 ~ 21:00
東京 東京都港区六本木
重要指標
一覧
新着指標
一覧