CoinPostで今最も読まれています

米AI関連株好調・ドル円続伸、米早期利下げの期待後退へ|7日金融短観

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

2/7(火)朝の相場動向(前日比)

    伝統金融

  • NYダウ:33,891ドル -0.1%
  • ナスダック:11,887ドル -1%
  • 日経平均:27,693円 +0.6%
  • 米ドル/円:132.6 +0.6%
  • 米ドル指数:103.6 +0.7%
  • 米国債10年:年利回り3.6 +3.3%
  • 金先物:1,880ドル +0.2%
  • 暗号資産

  • ビットコイン:22,982ドル +0.4%
  • イーサリアム:1,644ドル +1.5%

本日のニューヨークダウやナスダックは続落。先週金曜日に発表された1月の米雇用統計が想定外に強い結果だったことから、FRBの早期利下げへの期待は後退している格好だ。利上げ継続の観測から米国債利回りは急上昇した。

関連エコノミッククラブのパウエル講演控え、ビットコインなど様子見基調

今後の利上げシナリオについて、アトランタ連銀のボスティック総裁は今朝「自身の基調シナリオはもう2回の利上げ」と発言し、1月の米雇用統計が異常値なのか調査が必要だと指摘した。一方、イエレン米財務長官 は昨日、インフレ圧力に関して依然として高すぎるが、低下しつつあるとコメントした。

また、8日(水)2時にはパウエルFRB議長が発言を控えている。市場はFRBの口調に変化がないか様子見の状況のようだ。

関連ビットコインなど反落 ドル急伸

2月の重要な経済指標・予定

  • 10日24時(金):米ミシガン大学消費者態度指数2月・速報値
  • 13日8時50分(月):日本10-12月期 四半期実質国内総生産(GDP、速報値)
  • 14日22時30分(火):米1月 消費者物価指数(CPI)
  • 15日22時30分(水):米1月 小売売上高
  • 23日22時30分(木):米10-12月期 四半期GDP個人消費とコアPCE・改定値
  • 24日22時30分(金):米1月 個人消費支出(PCEデフレーター)
  • 24日24時(金):米ミシガン大学消費者態度指数2月・確報値

関連仮想通貨市場も注視する「ドルインデックス(ドル指数)」とは|初心者向けに解説

米国株

米国株ではAI株が引き続き好調。昨日、米ビジネスソフトウェア提供企業Freshworksはメタ社と提携し、ビジネス向けのチャット体験を向上するためにWhatsApp、Instagram MessagingおよびFacebook MessengerにFreshworks製のAI会話ボットを導入することを発表した。

追記:7日朝の会社ブログによると、アルファベットはAIチャットボットサービス「Bard」と検索エンジン・開発者向け人工知能を立ち上げると発表した。ユーザーのテスト利用とフィードバックを数週間経てからパブリックリリースするという。また、マイクロソフトCEOは同日に自社のすべての製品にAIを導入する計画を明かし、火曜日(米時間)に具体的な内容が公開されるとした。OpenAIのCEOもこの発表イベントに参加するとツイートした。

関連米グーグル、対話型AI(人工知能)言語モデル「Bard」をリリースへ

グーグルは先週末に米AIスタートアップAnthropicと提携することを発表した。AnthropicがGoogle Cloudを優先クラウドプロバイダーとして選択し「信頼性の高いAIシステム」を構築するために必要な計算能力を提供。一方のGoogle Cloudは、AnthropicがAIシステムの学習と展開に使用する大規模な次世代TPU(Tensor Processing Unit)とGPUクラスタを構築する予定だ。なお、Financial Timesとブルームバーグによると、グーグルはAnthropicに約3〜4億ドルを投資したという。Anthropicはマイクロソフト出資のOpenAIが開発するChatGPTの基盤となる言語モデル「GPT-3」の開発メンバーらが立ち上げた企業だ。

先週、グーグル親会社アルファベットのスンダー・ピチャイCEOは決算会見でAIプロダクト化の戦略として会話ボット「LaMDA(ラムダ)」の提供を数週間内に始めることを明かした。マイクロソフトとの競争が今後ますます激しくなってくる観測が高まっている。

関連グーグルの親会社アルファベット「企業のミッション達成にAIは非常に重要」

個別銘柄の前日比では、c3.ai+6.4%、ビッグベア.ai+18%、テスラ+2.5%、マイクロソフト-0.6%、アルファベット-1.8%、アマゾン-1.1%、アップル-1.8%、メタ-0.25%、コインベース-0.05%、マイクロストラテジー-1%、アルゴ・ブロックチェーン+35%。

関連仮想通貨投資家にもオススメ、お得な株主優待「10選」

ドル円続伸

ドル円は1ドル=132.6円、前日比+0.6%。先週金曜日の米強い雇用統計を受けてドル買いが継続。昨日、ドル円は日本政府が日銀の黒田総裁の後任候補としてハト派の雨宮副総裁に就任を打診したとの報道で一時132円90銭付近まで大きく上昇していた。また、米国が偵察気球と思われる中国発の飛行物体を撃墜したことで両国間の緊張が高まる恐れも世界の準備通貨であるドルを押し上げているとの見方も出ている。

出典:Yahoo!ファイナンス

関連仮想通貨市場にも影響する「ドル高」の背景は 相関性や円安要因についても解説

仮想通貨・ブロックチェーン関連株(前日比/前週比)

  • コインベース|74.5ドル(-0.05%/-0.1%)
  • マイクロストラテジー|282ドル(-0.95%/-1%)
  • シルバーゲート・キャピタル|19.1ドル(+1.86%/+1.86%)
  • アルゴ・ブロックチェーン|2.6ドル(+35%/+35%)

関連仮想通貨投資家にもオススメの株式投資、日米の代表的な仮想通貨銘柄「10選」

先週のGMラヂオ

先週金曜日には第4回GMラヂオを開催した。ゲストは2回目の参加となるLayerZero Labsの共同創設者や、DeFi Kingdomsの創設者ら4名で、「クロスチェーンゲームの可能性」や「ブロックチェーンゲームの課題点」などについて語り合った。

関連第4回「GM Radio」開催、ゲストはDeFi Kingdoms幹部ら

今週のGMラヂオ

関連第5回「GM Radio」、クロスチェーンUX最適化目指すConnextが参加へ

第5回GM Radioは、2月9日(木)の21:00から。ゲストは、Connextの共同創設者Rahul Sethuram氏。ConnextのパブリックローンチやxAppsのメリット、今後の計画、などについて質問していく。

前回「zkSync」の回のアーカイブの視聴はこちら。

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07:00
仮想通貨取引所Gate、日本国内向けのサービス提供終了
海外の仮想通貨取引所Gateは22日に日本の金融規制を遵守するために、日本国内向けのサービスを終了することを発表した。
06:30
米政府、6.26億円相当のビットコインをコインベースへ送金
米政府は未だ2.27兆円の価値に相当する21.3万 BTCの仮想通貨ビットコインを保管している。
06:00
米SECがイーサリアム現物ETFを最終承認、取引は23日より開始へ
SECは各仮想通貨イーサリアム現物ETF銘柄への最終承認(S-1登録)を行い、正式にゴーサインを出している。
05:45
東証上場メタプラネット、2億円相当の仮想通貨ビットコイン買い増し 
ビットコインが週末に上昇したことや買い増しを続けていることが好感されメタプラネットの株価は月曜日に19.31%上昇した。
07/22 月曜日
17:10
PENDLEの買い方 金利をトークン化するDeFiプロジェクト
金利をトークン化して取引可能にし、ブロックチェーン領域のトレンドに対応もしたことで「Pendle」が注目されています。本記事では、暗号資産(仮想通貨)PENDLEの特徴、将来性、買い方について解説します。
14:56
イーロン・マスク、バイデン撤退後にXのプロフィール画像を「レーザーアイ」に変更
テスラCEOイーロン・マスクが、ジョー・バイデン大統領の再選辞退を受け、Xアカウントのプロフィール写真を「レーザーアイ」に変更。トランプ支持を示唆し、暗号資産(仮想通貨)ビットコイン投資家の関心を集めている。
14:39
ポリゴン大型アップグレード、MATICからPOLのトークン移行は9月上旬実施へ
仮想通貨ポリゴンを開発するPolygon Labsは、大型アップグレードPolygon 2.0について、9月4日にMATICトークンをPOLトークンへと移行する予定だと発表した。
12:08
ビットコイン続伸で68000ドル台に、市場は大統領選挙の行方を注視
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインが68000ドル台まで反発、過去最高値更新も視野に入る水準となった。米大統領選挙の行方や今週開催予定のビットコインカンファレンスの注目度が高い。
09:47
「対SEC訴訟、まもなく解決することを期待」リップル社CEOが言及
米リップル社のCEOは、長期化している仮想通貨XRPをめぐる米SEC訴訟について、近い将来解決することを予想しているとブルームバーグのインタビューで明かした。XRP価格は前月比30%以上高騰する場面があった。
09:10
DEAが日本代表に選出 スタートアップワールドカップ2024
2024年7月19日、東京で開催された「スタートアップワールドカップ2024東京予選」で、Web3企業Digital Entertainment Asset Pte. Ltd(DEA)が日本代表として選出された。DEAはDEAPCoin(DEP)という暗号資産(仮想通貨)を発行している。
07/21 日曜日
11:31
1000万円台回復の今週のビットコイン相場分析、来週はトランプ登壇のBitcoin 2024に注目|bitbankアナリスト寄稿
bitbankアナリストが、大統領選を見据えたトランプトレードの影響で1000万円を回復した今週の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン相場を分析。Bitcoin 2024への関心は高い
11:00
週刊仮想通貨ニュース|トランプ氏のBTCカンファレンス出席意向に高い関心
今週は、ドナルド・トランプ前大統領のビットコイン・カンファレンスへの出席意向、コインベースの仮想通貨市場分析、トランプ氏の人事計画に関するニュースが最も関心を集めた。
10:00
今週の仮想通貨市場 個別銘柄の注目材料まとめ|マウントゴックスのビットコイン送金・ワールドコイン売却制限延長など
今週はビットコインが1ヶ月弱で66,000台に復帰し、アルトコイン銘柄の多くが連れ高になった。マウントゴックスの弁済による売圧が予想以下であり、トランプ氏が当選確率を上げたことで投資家に好感されている。
07/20 土曜日
14:00
ネクソン、NFTゲーム『メイプルストーリーN』のシナジーアプリなどを発表
大手ゲーム企業ネクソンの子会社NEXPACEは「メイプルストーリー・ユニバース」エコシステムのローンチとその仕組みを発表した。
12:00
テレグラムのTON基盤ゲームPixelverse、独自の仮想通貨エアドロップ実施へ
テレグラム上で稼働するTONブロックチェーン基盤の「タップして稼ぐ(tap-to-earn)」ゲーム Pixelverseは独自の仮想通貨を発行し、ユーザーへエアドロップする予定だ。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア