CoinPostで今最も読まれています

米グーグル、対話型AI(人工知能)言語モデル「Bard」をリリースへ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

グーグルBardのリリース計画

米グーグルは6日、対話型AI(人工知能)言語モデル「Bard」の開発計画を公表した。Bardは近日中にもテスター向けにリリースされ、フィードバックを経て数週間以内の一般公開を予定している。

Bardの競合にあたる米OpenAIの「ChatGPT」は、投資戦略会社UBSのレポートによると月間アクティブユーザーが1月に1億人を突破し、昨年11月末以来過去最速のペースで成長している。

OpenAIに投資するマイクロソフトはAI技術を自社検索エンジン「Bing」に組み込む方針を明かしており、中国の検索エンジン大手BaiduもChatGPTと同様のAIサービスを3月にリリース予定。検索エンジン大手グーグルとしては、以前から開発してきた研究プロジェクトの製品化を急ぐねらいがある。

AI分野の動向は現在、暗号資産(仮想通貨)の投資家からも注目度が高い。AI関連のトークンに思惑買いが集まる傾向も現れている。

    AI関連トークン(前日比)

  • AGIX(AI電子市場) +36.3%
  • FET(AIスマコン) +18%
  • ORAI(AIオラクル) +26.9%

関連米AI関連株好調・ドル円続伸、米早期利下げの期待後退へ|7日金融短観

グーグルが開発する「Bard」はインターネットで公開されている最新情報を反映するという(ChatGPTは2021年の情報に基づいている)。グーグルのスンダー・ピチャイCEOは以下のように述べている。

NASAのジェームス・ウェッブ宇宙望遠鏡(2022年7月に本格運用を開始した)の新しい発見を、9歳の子供に説明するなど、複雑なトピックを簡略化するためにBardは使用できる。

ピチャイ氏はまた、将来的にグーグルサーチエンジンにAI機能を組み込む方針を明かした。「ギターとピアノでは、どちらの方が学習が簡単か?」など、複雑な検索素材(クエリ)の合成も計画していると述べた。

グーグルは2月8日に、「検索、地図、そしてその先にある情報へのアクセス」について、より自然かつ直感的に実行する方法をテーマとしたイベントを開催予定。AI開発やBardの詳細に言及されるかどうかは不明だが、関心を集めている。

グーグルは先週末に米AIスタートアップAnthropicとの提携を発表。Anthropicはマイクロソフト出資のOpenAIが開発するChatGPTの基盤となる言語モデル「GPT-3」の開発メンバーらが立ち上げた企業だ。

Financial Timesによると、グーグルはAnthropicに約3〜4億ドルを投資したという。AnthropicがGoogle Cloudを優先クラウドプロバイダーとして選択し「信頼性の高いAIシステム」を構築するために必要な計算能力を提供するとした。

関連:米OpenAI、対話型AI言語モデル「ChatGPT」でサブスクプラン発表

ChatGPTとは

ChatGPTとは、ユーザーの質問に対し、人間との会話感覚で回答を得られるように設計された対話型のAI言語モデル。コンテンツ制作、レポートの作成、ソフトウェアコードの設計など用途は多岐に渡る。

マイクロソフトは先月、OpenAIとのパートナーシップ拡大を発表。同社のサティア・ナデラCEOは「ChatGPT」などのAI(人工知能)ツールを自社の全製品に組み込む計画を明かしていた。

マイクロソフトは7日に緊急イベントを開催予定。メディア向けの招待状によると、マイクロソフトの重要な開発事項について公表予定だ。OpenAIのCEOもこの発表イベントに参加するとツイートした。

関連:マイクロソフト、「ChatGPT」開発のOpenAIに1.3兆円を出資か

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
09/26 火曜日
17:16
L2「Base」、取引数急増の背景とその重要性とは?
コインベース支援のL2「Base」がトランザクション数で競合のArbitrumとOptimismを上回った。新興のソーシャルファイ「Friend.Tech」の影響と、各プラットフォーム及びイーサリアム保有者にもたらす利点を探る。
15:17
テザー社、シンガポールにおけるUSDTの規約変更に関する噂を否定
テザー社のパオロ・アルドイノ氏は、シンガポールにおけるUSDTサービス停止に関する噂を否定した。利用規約は数年前に変更されたものだとしている。
13:21
Arbitrum、83億円相当のARBをDAOの財源へ
仮想通貨イーサリアムのL2アービトラムは、ARBのエアドロップ未申請分83億円相当をArbitrum DAOの財源に割り当てたことを発表。数量は6,944万ARBで、初期発行量の0.69%相当である。
13:14
JCBAがIEO制度改革案を公開、企業の資金調達推進へ
一般社団法人日本暗号資産ビジネス協会(JCBA)は、IEO制度の健全化を目指す自主規制改革の初期案を公開した。価格の安定性向上と制度の運用方法の改善を目指し、関係者のロックアップ制度の確立、流動性の確保、公募価格の算定方法の多様化、及び安定操作の整備が挙げられている。
12:54
米SEC、破綻したセルシウスの資産分配についてコインベースの役割に異議
米証券取引委員会は、破綻した仮想通貨融資企業セルシウスの資産分配について、コインベースが果たす役割に反対する文書を提出した。
10:06
Friend.techコード活用のソラナ「Friendzy」急拡大
「Friendzy」は、ソーシャルファイ分野で注目を集める分散型アプリ「friend.tech」の類似技術を利用しており、ソラナエコシステム内で活況を呈している。週間取引量は1.36億円に達し、市場を牽引するfriend.techの半分近くに迫る勢いだ。
08:30
HTX(旧Huobi)、ETH12億円相当が不正流出
仮想通貨取引所HTX(旧Huobi)のアドバイザーであるジャスティン・サン氏は、HTXからイーサリアム12億円相当が不正流出したと発表。ユーザーの資産は安全であると説明している。
09/25 月曜日
21:35
5000BTC以上ビットコイン買い増し、米マイクロストラテジー
米マイクロストラテジーは新たに1.47億ドルのコストで5,445 BTCの仮想通貨ビットコインを取得した。
20:14
三菱UFJ信託銀行、バイナンスジャパンと協業で新たなステーブルコイン検討へ
三菱UFJ信託銀行は、バイナンスジャパンとステーブルコイン発行・管理基盤「Progmat」の協業により、円建てやドル建てを対象とした新たなステーブルコインの共同検討を開始することがわかった。
14:16
テラクラシックコミュニティ、 ステーブルコインUSTCの発行停止を決定
仮想通貨テラ・クラシック(LUNC)のコミュニティは、ステーブルコインUSTCの全ての新規発行及び再発行の停止を決定した。コミュニティ投票では、59%が賛成票を投じ、発行停止が可決された。
13:36
コインベース、世界最多のビットコイン準備金「推定94.7万BTC」保有か|Arkham分析
ブロックチェーン分析企業Arkhamは、大手仮想通貨取引所コインベースがサトシ・ナカモトの推定保有量に匹敵する94.7万BTC(3.7兆円相当)のビットコイン準備金を保有しているという分析を発表した。
11:52
軟調推移のビットコイン、イーサリアムのガス代平均は過去最低水準に
暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコイン(BTC)価格が続落する中、イーサリアムのガス代平均は過去最低水準となった。ETHの通貨供給量はデフレからインフレに転じている。
10:50
韓国大手仮想通貨取引所Upbit、偽アプトス(APT)の入金処理めぐり大騒動に
韓国の大手取引所Upbitで、仮想通貨アプトス(APT)のフェイクトークンが正規トークンとして入金認識され、不特定多数のアカウントに配布される事件が発生した。
09/24 日曜日
14:00
「ビットコインは最も寿命が長いブロックチェーン」VCが語る
第2回のGM Radio: Beyond The Priceは21日に公開。ゲストは仮想通貨ビットコインに特化したVCのファウンディングパートナーNico Lechuga氏である。
11:30
BTC上値トライに失敗、目先は下げ渋る展開見込む|bitbankアナリスト寄稿
国内大手取引所bitbankのアナリストが、一時400万円台に乗せるも上値トライに失敗し、ほぼ横ばいで推移している今週のビットコインチャートを図解。今後の展望を読み解く。ビットコイン・オンチェーンデータも掲載。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
重要指標
一覧
新着指標
一覧