CoinPostで今最も読まれています

米ナスダック・ビットコインなど反落 ドル急伸、FRB利上げ継続懸念|4日金融短観

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

2/4(土)朝の相場動向(前日比)

    伝統金融

  • NYダウ:33,926ドル -0.38%
  • ナスダック:12,006ドル -1.6%
  • 日経平均:27,509円 +0.4%
  • 米ドル/円:131.1 +2%
  • 米ドル指数:102.9 +1.2%
  • 米国債10年:年利回り3.5 +3.7%
  • 金先物:1,878.6ドル -2.7%
  • 暗号資産

  • ビットコイン:23,378ドル -1.7%
  • イーサリアム:1,658ドル -0.6%

本日のニューヨークダウやナスダックは反落。2日FOMC金利発表から一夜が明けた昨日の市場はIT株主導で続伸したが、昨夜取引開始前に発表された米雇用統計が想定外に強い内容だったことから、FRBの利上げ継続への懸念が強まった格好だ。

米国では今年1月の雇用者数が51.7万人増で、予想の18.8万人増を大幅に上回った。失業率は53年ぶりの水準に低下。労働市場の状況が景気後退への観測とは異なる動きを示しており、FRBのタカ派的な姿勢を裏付ける可能性があるか。「パウエルFRB議長が市場に対して言わんとすることを再認識させるもの」との指摘が見られる。

関連FOMC利上げ幅縮小

しかし、パウエル米FRB議長が2日のFOMC会見で「初期段階のディスインフレが進行中でありながら、労働市場の力強いデータが続いていることは喜ばしい」と発言したこともあり、一部のエコノミストからは、1月の増加のほとんどが季節要因によるもので雇用指標の遅効性が強いことから、FOMCが政策決定において今回の統計を重視し過ぎることはなかろう」との声も出ている。

  • 米失業率:今回3.4% 予想3.6% 前回3.5%
  • 平均時給:前月比+0.3% 前年同月比では+4.4%
  • 1月の非製造業総合景況指数(消費者の需要が再び活発化に): 1月55.2 予想50.5 先月49.2

ISM指数によって労働市場とインフレ鈍化・賃金上昇の緩和は目下消費を引き続き支えている状況を示唆した形だ。

関連世界の投資家が注目する米金融政策決定会合「FOMC」とは|分かりやすく解説

米国株

米国のIT・ハイテックはFOMC後にほぼ全面高だったが、2日引け後にアマゾン、アップル、アルファベット(グーグル)が冴えない四半期の決算結果を発表したことを受け反落が続いた。一方、グーグルやマイクロソフトが人工知能分野に本腰を入れ始めていることを背景に、AI銘柄への買いは続いている。

アルファベット

アルファベットが2日発表した22年4Q(10〜12月)決算は、売上高と1株利益が市場予想を下回った。景気減速が企業の支出を圧迫する中、検索やユーチューブを含むグーグルの広告の低調な需要が明らかになった。一方、現在競争が激化しつつあるAI分野について、スンダー・ピチャイCEOは会見で人工知能ソフトに重点を置く方針を示し、マイクロソフト出資の「ChatGPT」に対抗すべく「LaMDA(ラムダ)」の提供を数週間内に始めると明かした。

関連グーグルの親会社アルファベット「企業のミッション達成にAIは非常に重要」

関連米OpenAI、対話型AI言語モデル「ChatGPT」でサブスクプラン発表

アップル

その日、アップルも決算を発表。10〜12月は売上高と1株利益が市場予想を下回る結果になった。売上高が世界の全地域で減少。昨年末のホリデー商戦を含む同期にアナリスト予想を下回ったのは15年以来だった。当時中国のゼロコロナウイルス政策に伴う都市封鎖などによる生産の混乱が主力商品であるiPhoneの低調な販売につながった。なお、マックとスマートスピーカーの新モデルを発表したのはここ数週間のことで、10〜12月期末を逃した格好だ。一方、ティム・クックCEOは会見で中国がゼロコロナを撤回し経済活動を再開したため、今後の業績改善は見込めるなどと発言した。

アマゾン

アマゾンについても弱い決算だった。同期の売上高は市場予想を上回ったが1株利益は予想を下回った。高インフレ下で、ホリデー商戦を含む同期の売上高は市場予想を上回ったものの、オンラインストア売上高は前年同期比で減少しており、過去5四半期で4期目のマイナスとなった。1月の人事部門1.8万人を含む積極的なコストダウンにもかかわらず、今期1Q(1〜3月)の営業利益見通しではゼロに減少する可能性がある。中核のEコマースの失速や成長分野のAWS売上高の伸び鈍化への市場懸念が強まった。一方、アンディ・ジャシーCEOは発表資料で「短期的には不確実な景気に直面しているが、長期的な機会については引き続き楽観視している」とコメントしたという。

個別銘柄の前日比では、c3.ai+18%、ビッグベア.ai+45%、テスラ+0.9%、マイクロソフト-2.3%、アルファベット-2.75%、アマゾン-8.4%、アップル+2.4%、メタ-1.2%、コインベース-8.4%、マイクロストラテジー-2.5%。

関連仮想通貨投資家にもオススメ、お得な株主優待「10選」

ドル円130台復帰

ドル円は1ドル=131.1円、前日比+2%。米強い雇用統計を受け米国債相場は急落し2年・10年債の利回りは急伸した。

出典:Yahoo!ファイナンス

関連仮想通貨市場にも影響する「ドル高」の背景は 相関性や円安要因についても解説

AIトークン高騰

ビットコインやイーサリアムはNYダウの下落で連れ安となったが、AI関連トークンは上述のAI関連株の上昇などを受け高騰している。

関連抵抗線で揉み合うビットコイン、移動平均線のゴールデンクロス迫る

    AI関連トークン

  • AGIX(AI電子市場) +39%
  • FET(AIスマコン) +18%
  • ORAI(AIオラクル) +8.0%

出典:CoinGecko

また、NYSE上場の米投資会社WisdomTreeは四半期決算で、ファンドでの仮想通貨価値が21年同期の3.57億ドルから1.36億ドルに大幅に減少したことを明かした。4Qではエクィティやコモディティファンへの純資金流出入額は53億ドルで、仮想通貨への純流入は400万ドルにとどまったという。WisdomTreeは伝統的な金融商品に加え、ビットコインファンドや仮想通貨ETP(上場取引型金融商品)で820億ドル相当の資産を運用している。

仮想通貨・ブロックチェーン関連株(前日比/前週比)

  • コインベース|74.6ドル(-8.3%/+21%)
  • マイクロストラテジー|284.7ドル(-2.5%/+10%)
  • シルバーゲート・キャピタル|18.8ドル(-10.2%/+38%)
  • マラソン・デジタル|7ドル(-11%/-12%)

シルバーゲート

シルバーゲート・キャピタルは昨日、大手信託銀行State Streetが昨年12月付で同社株の9.3%保有していることが書類で明らかになったことを受け、株価が38%急騰したが、引け後に米司法省が同社とFTXの関係性を調査しているという報道を受け、大幅に反落した。シルバーゲートはFTX破綻の影響を受けデジタル資産の顧客預金額が大幅に減少したが、司法省がFTXとサム前CEOに関する銀行口座の取り扱いについて違法な行いがあったかどうか調べているという。以前、FTXが顧客の資金をアラメダ名義のシルバーゲートの口座に入金させていた経緯がある。

マラソン

ビットコインマイニングのマラソン・デジタルは昨日リリースした書類で、1月には計1,500 BTCのビットコインを売却したことを伝えた。売却資金は運営に充てられるもので、同社は1月31日付で11,418 BTC(担保にかけられていないのは8,090 BTC)保有している。

マイクロストラテジー

また、米マイクロストラテジーは決算報告で、財務資産として保有するビットコインについて約254億円(1億9,760万ドル)の減損を計上していると発表した。4Qには税金対策として約704 BTCを売却したが、それまでの2ヶ月間で約2,395 BTCを新たに購入していた。マイクロストラテジーの株価は年初来+101%上昇していた。

関連米マイクロストラテジー、ビットコイン保有で250億円の減損計上

出典:Tradingview

関連仮想通貨投資家にもオススメの株式投資、日米の代表的な仮想通貨銘柄「10選」

昨日のGMラヂオ

昨日は第4回GMラヂオを開催した。ゲストは2回目の参加となるLayerZero Labsの共同創設者や、DeFi Kingdomsの創設者ら4名で、「クロスチェーンゲームの可能性」や「ブロックチェーンゲームの課題点」などについて語り合った。

関連第4回「GM Radio」開催、ゲストはDeFi Kingdoms幹部ら

前回「zkSync」の回のアーカイブの視聴はこちら。

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
03/04 月曜日
15:39
bitFlyerのLightning FX(SFD)廃止発表でBTC FXの価格急落、Crypto CFD提供へ
国内大手暗号資産(仮想通貨)取引所bitFlyerがLightning FXの廃止を発表し、ビットコインFXの価格が急落した。新たにファンディングレートや乖離拡大時サーキットブレーカーなどの導入したbitFlyer Crypto CFDの提供を開始する。
12:03
米上場マイニング企業Riot、2023年の1BTC平均生産コストは7500ドルと明かす
米上場仮想通貨マイニング企業RiotのCEOは、ビットコイン現物ETFや半減期がマイニング事業に与える影響を語った。BTCの平均採掘コストも明かした。
11:32
ビットコイン続伸で年初来高値更新、過去最高値「69000ドル」を射程圏に
日経平均株価が史上最高値の4万円台を記録する中、ビットコインは年初来高値更新し、前日比3.11%高の63,748ドルと続伸した。機関投資家のビットコインETF(上場投資信託)への資金流入が続いている。
11:11
モルガン・スタンレー、機関向けファンドでビットコインETFへのエクスポージャー申請
モルガンスタンレーは機関投資家向けファンドでビットコイン現物ETFへ投資する可能性がある。証券取引プラットフォームへの上場も検討中とされる。
11:00
アジア最大規模のB2BWeb3カンファレンス「Adoption」、7月に日韓両国で開幕
オンチェーンデータ基盤のWeb3ソリューション企業であるXangleが、7月にアジア最大のB2B Web3カンファレンス「Adoption(アドプション)」を日韓両国の首都で開催する。
03/03 日曜日
11:30
1000万円に迫るビットコイン、先物と現物の価格乖離進む|bitbankアナリスト寄稿
大台1000万円台が射程圏内に入ったビットコイン相場の今後について、国内大手取引所bitbankのアナリストが今後の展望を読み解く。オンチェーンデータも掲載。
11:00
週刊仮想通貨ニュース|JPモルガンのBTC価格予想に高い関心
今週は、仮想通貨ビットコインのJPモルガンによる価格予想や含み益の状況、裁判におけるサトシ・ナカモトのメール公開に関する記事が最も関心を集めた。
03/02 土曜日
12:45
イーロンがOpenAIを提訴 ワールドコイン急落
イーロン・マスク氏は、OpenAIとサム・アルトマンCEOに対して訴訟を起こした。「人類の利益のためのAI」という契約に反すると主張している。
10:30
「利下げ延期でビットコイン価格上昇抑制も」グレースケール分析
仮想通貨投資家は特に3月12日のCPI報告と3月14日のPPI報告、次回3月20日のFOMC会合で発表される最新の政策金利ガイダンスに注意しておく必要がある。
08:30
米株指数・日経平均高値更新、ビットコインは62000ドル台を維持
今週の米ナスダックや日本の日経平均が史上最高値を更新。AI・半導体ブームが相場を大きく牽引。日本市場では日経平均が金曜日の取引日で最高値を再び更新し節目の4万円にあと90円まで迫ってきた。
06:45
「Optimism」、デルタ・アップグレードで手数料をさらに削減へ
ブロックチェーンの間接的な固定コストを最大90%超削減できると期待されるアップグレード「Delta」について、仮想通貨イーサリアムのL2「Optimism」の開発チームが解説した。
06:00
16万BTC運用のブラックロックのビットコイン現物ETF、ブラジルで取引開始
ビットコインETFへの機関投資家の資金流入を背景にビットコインは今週一時64,000ドルまで高騰し2021年のATHである69,000へと接近しつつある。
03/01 金曜日
17:00
ソラナで進化するDePIN、2024年注目のプロジェクトを深掘り
2024年、Solana(ソラナ)主導のDePIN展開とその注目プロジェクトを深堀り。この記事では、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)の基礎から、ソラナベースの画期的プロジェクトまで詳しく解説します。DePINの未来を形作る主要な動向とイノベーションに焦点を当て、この技術革新が開く新しい機会を紹介します。
16:50
米国政府関連ウォレット、1380億円相当の15,000BTCを送金
仮想通貨ビットコインの高騰が続く中、米国政府に関連するウォレットから、1,380億円相当のビットコインが送金されたことが明らかになった。米国政府はこれまでの仮想通貨犯罪捜査で押収した大量のビットコインを保有している。
12:17
米マイニング企業マラソンデジタル、2023年は過去最高益に
米ナスダック上場のビットコインマイニング企業マラソンは2023年に過去最高の収益を上げたと報告した。半減期を事業拡大のチャンスと捉えている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア