CoinPostで今最も読まれています

米SECのクラーケン起訴をどう見るか、イーサリアムステーキングへの影響を考察

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

SECはステーキング規制に及ぶのか

米国の暗号資産(仮想通貨)取引所クラーケンが提供するステーキングサービスは9日、SEC(米証券取引委員会)に無登録証券として起訴された。

この事例は、クラーケンのサービスに限定したものなのか、米企業によるステーキングサービスやステーキングを採用するプロトコル自体にも影響するのかといった議論に発展している。

クラーケンの摘発されたポイントの一つは、同社が最大年利21%もの報酬を謡いながら、報酬源に関する情報開示が不足していたことにある。

出典:Kraken

弁護士のGabriel Sapiro氏が指摘したように、クラーケンのステーキングは本質的に利回り商品の提供であり、米国の別の取引所コインベースや分散型プロトコルLidoのステーキングの仲介サービスとは性質が異なるものだ。

コインベースの最高法務責任者であるPaul Grewal氏は、ステーキングユーザーに支払われる報酬率はプロトコルデータをそのまま反映する形であり、あくまでも取引所としては手数料を開示していると説明した。しかし投資家は取り締まりの連鎖を懸念しているようで同社の株価は9日に14%下落している。

関連:米SEC「クラーケンの仮想通貨ステーキングサービスは証券法違反」

SECの見解

クラーケンのサービスが証券と判断されただけであれば、コインベースのブライアン・アームストロングCEOが危惧した「SECが個人投資家のステーキング全体を禁止する噂」は、杞憂に終わりそうだ。

関連:米コインベースCEO「ステーキング禁止の噂が事実なら、米国は愚かな道に進んでいる」

しかし、あるSECの関係者はクラーケンとの和解発表後の記者会見で、報酬源の不透明性の指摘については「あまり深読みしないように」と語っている。

クラーケンは罰金・不正利得などを含めた約39億円(3,000万ドル)の支払い、及び米国でのステーキングサービスの停止で合意したが、SEC関係者はクラーケンの事例がステーキング全体と切り離される問題かどうかについては「コメントできない」と語っている。

SECのゲイリー・ゲンスラー委員長もまたプレスリリースで、仮想通貨仲介者の投資契約自体を取り締まる意向を示していた。

ステーキングサービス、レンディング、またはその他の手段にかかわらず、仮想通貨仲介者は、投資家のトークンと引き換えに投資契約を提供する場合、証券法で要求される適切な開示と保護を提供する必要がある。

仮想通貨擁護派と知られるSECコミッショナーのへスター・パース氏は、SECのクラーケンへの執行措置に対する反体声明を発表。SECが事前にステーキングに関するガイダンスを設けなかったにもかかわらず、執行措置によって規制を報せることは、公正な方法ではないと批判した。

クラーケンのような仮想通貨ステーキングプログラムの透明性を高めることは良いことかもしれない。しかし、統一された規制ソリューションが必要かどうか、およびその規制ソリューションが仮想通貨に敵対する規制当局によって、執行措置の形で提供されるのがベストかどうかはあまり明確ではない。

イーサリアムへの影響

クラーケンはイーサリアム(ETH)の単一ステーキングサービスプロバイダーとしては、第3位の企業。SECの執行措置によりイーサリアム以外の仮想通貨は2月9日にアンステーク(ステーキング解除)されており、イーサリアムは23年3月に予定される上海アップグレード後にアンステークされる。

出典:DUNE

この動きは、イーサリアムのステーキングサービスを提供するLido(LDO)やRocket Pool(RPT)のような分散型プロトコルにとってポジティブな動きと捉えられ、関連トークンが前日比で10%強高騰している。一般的に、これらのサービスには米国規制が行き届かない可能性が高いと考えられているからだ。

また、仮想通貨の有識者の間では、SECが米企業のステーキングサービスを禁止する方向性は、イーサリアムにとってポジティブとの意見も出てきている。中国の仮想通貨規制によりビットコイン採掘事業者の世界的な分散化が加速したように、イーサリアムネットワークの健全化に寄与するという主旨だ。

一方、アームストロング氏は、これらの技術発展の芽を米国外へ逃してしまうことは、国家安全保障のリスクにつながると指摘。仮想通貨市場におけるステーキングの重要性を説明し、「新しい技術が米国で成長するようにし、明確なルールの欠如によって阻害されないようにする必要がある」と強調していた。

関連:ビットコイン投資信託GBTCの「マイナス乖離」、反発の背景は

ステーキングとは

ステーキングとは、一定量の暗号資産(仮想通貨)を所定の期間、預け入れることで報酬が得られる仕組み。

▶️仮想通貨用語集

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/22 木曜日
13:55
イーサリアム、ビットコインの年初来上昇率を上回る 現物ETF承認への期待感と集中リスクの懸念
時価総額2位の仮想通貨イーサリアムが、年初来の価格の上昇率でビットコインを上回った。米当局による先月のビットコイン現物ETF承認を受けて、イーサリアム現物ETFが承認される可能性が高いとの楽観的な見方がその一因となっている。
10:50
「流動性向上が鍵」Oasys、自民党デジタル社会推進本部と国内のWeb3振興で議論
ゲーム特化型ブロックチェーンOasysは自民党デジタル社会推進本部Web3PTと、ブロックチェーンゲーム市場の現状と将来性について議論を行った。
10:20
Oasys、カカオゲームズの子会社METABORA SGと提携
ゲーム特化型ブロックチェーンOasysは、韓国カカオゲームズの子会社METABORA SGとの提携を発表。韓国での事業展開を加速させていく意向だ。
08:15
エヌビディア好決算で株価大幅上昇 仮想通貨AI銘柄連れ高|22日金融短観
本日のエヌビディアの好決算を受け、半導体企業AMDやArm、Supermicroの株価も一斉に大幅に上昇。また、仮想通貨分野でRenderやFET、AGIXなども連れ高となっている。
07:30
国内初、楽天キャッシュでデジタル証券(ST)の利息受け取り
国内で初めて、楽天キャッシュで利息を受け取るデジタル証券(ST)が発行される。大和証券や楽天証券ら7社は、公募型ST社債の発行に向けて協業することを発表した。
06:30
Wormhole、半導体大手AMDのチップを利用し性能向上へ
仮想通貨ブリッジWormholeは性能を引き上げるために、半導体大手AMDのアクセラレーターチップを実装。ZKライトクライアントの計算消費を解決する目的だ。
05:50
Starknetがコインベースに新規上場、ポリゴンラボとも提携
Starknet開発のStarkWareはPolygon Labsと提携し、より速く且つ安く取引を行うために設計された「サークルSTARKs」と呼ばれる新しいタイプのゼロ知識の暗号証明を構築する。
02/21 水曜日
17:24
ラテンアメリカの大手通信会社テレフォニカ チェーンリンクと提携
大手通信会社テレフォニカが、分散型オラクルChainlinkと提携。API連携によりSIMスワップ詐欺に対抗する。開発者の暗号資産(仮想通貨)を保護する追加レイヤーとして機能。企業のWeb3進出の一助に。
15:02
決済業界が捉えるブロックチェーンの実利、リップル社調査
リップル社と米国高速決済協議会が世界的調査を実施。業界リーダーの60%強が、暗号資産(仮想通貨)の使用が決済プロセスにおいて大きな利益をもたらすと評価。金融業界における、ブロックチェーン技術の現状、課題も明らかに。
12:07
イーサリアム続伸で約2年ぶり3000ドル台に
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム(ETH)が続伸し、22年4月以来初めて3000ドル台を回復した。オンチェーンデータ分析では、クジラ(大口投資家)の動向も活性化し始めているようだ。
12:00
仮想通貨支持のディートン弁護士、上院議員選出馬へ ウォーレン議員に対抗
仮想通貨を擁護する米国のディートン弁護士はマサチューセッツ州で上院議員選挙へ出馬した。エリザベス・ウォーレン議員の対抗馬を目指す。
11:00
マスターカードがSwooウォレットと提携、仮想通貨による報酬プログラム提供へ
決済大手マスターカードはモバイルウォレット企業Swooと提携し、ビットコインなど仮想通貨による顧客報酬プログラムを提供すると発表した。
10:24
ゴールドマン・サックス、日本株を代表する『七人の侍』を選定
日経平均株価が34年ぶりにバブル後の最高値をつける中、大手投資銀行ゴールドマンサックスは日本市場を代表する「七人の侍」を選定した。では、どの銘柄が採用されたか。
08:30
明日決算発表を前にエヌビディア大幅安、仮想通貨関連株も下落
米ナスダックはエヌビディアやAMDなどIT・ハイテク株の売り先行で下落。多くのアナリストはエヌビディアの決算のハードルは非常に高く引き上げられていると指摘した。一方、イーサリアムは約2年ぶりに3千ドル台を回復した。
07:45
計1400億円相当のBTC、米コインベースから出金
計1400億円相当の仮想通貨ビットコインがコインベースから出金されたことがわかった。出金理由については売り圧の低下につながるといった声や、OTC取引のための出金であるといった声など複数の見方が上がっている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア