CoinPostで今最も読まれています

コインチェックIEO第2弾フィナンシェトークン、2月21日から購入申込受付へ 上場予定日は3月16日

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

コインチェックIEO第2弾

コインチェック株式会社は15日、IEOプラットフォーム「Coincheck IEO」における「フィナンシェトークン(FNCT)」の購入申し込み受付を2023年2月21日から開始すると発表した。併せて暗号資産(仮想通貨)フィナンシェトークン(FNCT)のホワイトペーパーが公開された。

FNCTの総発行上限200億枚に対して、Coincheck IEOにおける販売枚数として26億枚(総発行枚数の13%)が用意された。販売価格は0.41円/FNCT、1口10,000 FNCT(4,100円)から日本円で購入でき、申込口数上限は2,000口(約820万円)。販売手数料は8%に設定されている。

フィナンシェトークンは、ブロックチェーンを活用したトークン発行型のクラウドファンディングサービス「FiNANCiE」のプラットフォームトークン。同サービスを利用して発行された、100名以上の発行者(個人、クラブ、プロジェクト)のコミュニティトークン(CT)をより効果的に繋げる役割を担う。

FNCT保有者のメリットとしては、FiNANCiEのユーザーに報酬として付与されたり、プラットフォームのトークンエコノミーを成長させるためのガバナンス(投票活動)に参加することができたり、通常より多くのコミュニティ・トークン(CT)を購入できるようになったりと、様々な特典が受けられる。

FiNANCiE(フィナンシェ)とは

スポーツクラブやクリエイターがサポーターと共に夢や目標を実現するためのトークン発行型クラウドファンディングとコミュニティを提供するプラットフォーム。コミュニティのオーナーであるスポーツクラブやクリエイターが資金を得られる事に加えて、サポーターとなるファンにも明確なメリットを還元することができるように設計されている。

▶️仮想通貨用語集

IEOに向けた今後のスケジュールは以下の通り。

・2023年 2月21日 12:00 購入申し込み開始
・2023年 3月 7日 12:00 購入申し込み終了・抽選
・2023年 3月 8日~2023年3月9日 フィナンシェトークン受渡しおよび抽選結果通知
・2023年 3月16日 12:00 Coincheck 取引所においてフィナンシェトークンの取扱い開始

IEOの抽選申し込みには、コインチェックの口座が必要になる。

株式会社フィナンシェとは

株式会社フィナンシェは、ブロックチェーンを利用したトークン発行型クラウドファンディング「FiNANCiE」を基軸に、NFTの企画・発行支援、IEO支援などトークンエコシステムの形成・拡張を一気通貫で提供する国内唯一のweb3プラットフォームを運営。

今後、フィナンシェトークン(FNCT)とFiNANCiE上で各コミュニティが発行しているコミュニティトークンを組み合わせることで、FiNANCiEのサービス内に閉じていたクリエイターエコノミーをグローバルエコシステムへ発展させることを目指している。

IEO実施に先駆けて、フィナンシェは2月20日に事業戦略説明会をオンラインで開催予定。当日は、同社代表の國光氏の戦略説明、FiNANCiEを活用するプロジェクトのオーナーらを招いたパネルディスカッションを予定している。

▼フィナンシェ事業戦略説明会概要
日時:2023年2月20日 10:00~12:00(予定)
配信URL:https://www.youtube.com/@financie9516
登壇者:
國光宏尚(株式会社フィナンシェ 代表取締役CEO)
田中隆一(株式会社フィナンシェ 取締役 COO・CMO)
山田智也(株式会社フィナンシェ 執行役員 エンタメ事業責任者)
片山右京様(ジャパンサイクルリーグ)
早川周作様(琉球アスティーダ)
川森敬史様 (アビスパ福岡)
堤幸彦様(SUPER SAPIENSS/株式会社オフィスクレッシェンド)
本広克行様(SUPER SAPIENSS/株式会社プロダクション・アイジー)
森谷雄様(SUPER SAPIENSS/株式会社アットムービー)

コインチェックのIEO

コインチェックのIEO実施は21年7月のNFT特化型チェーン「パレットトークン(PLT)」以来初めて。株式会社フィナンシェとコインチェックは、IEO による資金調達実現に向けた契約を21年11月に締結していた。

IEOとは、企業やプロジェクト等がユーティリティ・トークンを電子的に発行することで、資金調達を行う仕組みであるICO(Initial Coin Offering)の中でも、暗号資産取引所が主体となってプロジェクト審査、およびトークン販売を行うモデルだ。

出典:コインチェック

関連:仮想通貨の新たな資金調達法、IEOとは

2019年頃までスタンダードだったICO(イニシャル・コイン・オファリング)と比較して、暗号資産交換業者の審査を経た上で新規上場を前提とした調達支援となることから、プロジェクトの信頼性やトークンの流動性向上を見込みやすいメリットがある。

21年7月1日より購入申込みを開始したパレットトークンは、開始6分で調達目標金額の「9億3,150万円」を突破。株式市場における人気IPOのように需要が殺到したため、最終的な抽選倍率は24.4倍に上った。

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/18 木曜日
14:00
ヴィタリック、仮想通貨支持派という理由のみで政治家を選ぶことに反対
仮想通貨イーサリアムの共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏は、米国選挙に向け「仮想通貨賛成派」であると主張しているか否かだけで、候補者を選ぶことに対して警告を発した。
12:00
SECが承認、グレースケールのイーサリアムミニ・ETF 手数料低減で資金流出を防ぐ狙い
米SECはグレースケールによるイーサリアムミニETFの19b-4様式を承認。他社のETH現物ETFと同時ローンチする可能性が高まった。
11:30
グレースケール、NEARやRNDRなどに投資する分散型AI関連ファンドを販売開始
米大手仮想通貨投資会社グレースケールは、新たに分散型AI関連のファンド(投資信託)をローンチした。投資割合はNEAR(31.87%)とFIL(30.03%)が最も高い。
10:45
TON、ビットコインのブリッジ機能をローンチへ
TONのブロックチェーンへ仮想通貨ビットコインをブリッジできる新機能が今年にローンチされる予定。プロジェクトが機能の概要を説明している。
10:00
「シリコンバレーがトランプ氏を支持する理由はビットコイン」著名投資家キューバン氏
著名投資家マーク・キューバン氏はシリコンバレーがトランプ氏を支持するようになったのは仮想通貨ビットコインが理由だと意見した。
08:00
カナダ上場企業Cypherpunk、仮想通貨ソラナ保有量を10倍以上増加
カナダの上場企業Cypherpunk Holdings(サイファーパンク)は先月から、仮想通貨ソラナ(SOL)の保有を大幅に増加している。
07:10
「ETFは現物ETFローンチで5000ドル超える可能性」Bitwise予想
仮想通貨イーサリアムの価格は米国の現物ETFローンチで最高値を更新するだろうとBitwise幹部が予想。5,000ドルを超える可能性があるとも述べ、分析を公開している。
06:40
ドイツ当局、約5万ビットコイン売りで計4500億円の利益
Movie2K事件は終結していないが、ドイツ当局は声明で5万ほどの仮想通貨BTCを売却せざるを得なかった理由を説明している。
06:20
コインベースやBybit、ゲーム特化型レイヤー2仮想通貨「Ancient8」を新規上場
米仮想通貨取引所コインベースは18日、ゲーム特化型レイヤー2仮想通貨「Ancient8(A8)」を新たに上場した。発表を受け、A8の価格は+38.8%と高騰している。
05:55
トランプ氏、財務長官に仮想通貨否定派のJPモルガンダイモンCEO検討か
トランプ米前大統領は11月当選後の場合、ビットコイン・仮想通貨否定派と知られる米金融大手JPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOを財務長官に起用すると検討しているようだ。
07/17 水曜日
23:17
Suiネットワーク最大のDeFi融資プロトコル「Scallop」、累積収益100万ドル突破
Scallop(スカラップ)は、Sui(スイ)ネットワーク上で最大のDeFi融資プロトコルとして累積収益100万ドルを達成。10万ドル相当の報奨金キャンペーンを実施中。暗号資産(仮想通貨)スイなどを借り入れるユーザー向けのインセンティブを強化している。
15:04
バイナンス、2種類の通貨ペアを取扱い中止へ
バイナンスは2024年7月19日12時に2種類の通貨ペアの取扱いを中止する。詳細な暗号資産(仮想通貨)ペア一覧と、インターネットコンピュータ(ICP)について解説。
14:27
RWA向け「Plume」、テストネットキャンペーンを開始
Plumeが初のモジュール式EVMレイヤー2としてテストネットキャンペーンを開始。不動産や金融商品などの現実世界資産(RWA)をトークン化し、パートナーと共に新たな金融エコシステムを構築する。
12:23
ビットコインの反騰つづく、仮想通貨上場投資商品への資金流入が加速
暗号資産(仮想通貨)市場では、イーサリアムETFの承認期待、ドイツ政府売りの枯渇、大統領選のドナルド・トランプの勝利予想の高まりなどを受け、ビットコイン(BTC)が続伸した。
11:35
韓国政府、仮想通貨所得への20%課税を2028年まで延期検討
韓国政府は、ビットコインなど仮想通貨所得への20%課税を、さらに延期して2028年からとすることを検討している。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア