ビットコイン7000ドル越え後に重要な2つの動き|米ドルとの逆相関相関係も

ビットコイン価格推移に金融市場の相関性
ビットコイン相場は29日、昨日の好調な値動きを引き継ぐ形で堅調な推移をしているが、価格レンジを中長期に伸ばすと他の金融市場の推移に影響されている可能性が浮上した。

ビットコインの値動き

ビットコイン相場は29日、昨日の好調な値動きを引き継ぐ形で堅調な推移をしており、11時時点でも上昇後の大きな反落はなく推移しています。

出典:TradingView

また市場全体の時価総額は、ビットコインが上昇に転じた14日に記録した1899億USD(21兆1291億円)から本日の2323億USD(25兆8467億円)と、約15日間で日本円換算4兆7176億円の回復を見せました。

出典:TradingView

特にここ2日間は、ビットコインのみならず、アルトコインも比例して価格を上昇させたため仮想通貨市場時価総額の上昇率も高く、137億USD、日本円換算では約1.5兆円の市場規模拡大となりました。

出典:altdex.co

ポジティブな動き

昨夜から本日にかけて、2つのポジティブな動きが観測されました。

ロイズの仮想通貨進出

仮想通貨カストディサービスなどを提供する米管理機関Kingdom Trustが、世界最大級の英保険組合ロイズに属する保険引き受け業者と仮想通貨盗難の際の保険を締結したことが明らかになりました。

世界的な保険組合が仮想通貨業界に進出したことで、現在のトレンドとなっている機関投資家の参入障壁の低減を促す仮想通貨管理サービス関連の安全性や信頼性が飛躍的に上昇したことになります。

これは極めて重要な動きであるといえ、昨日Coinbase副社長が言及した様に、金融機関が、ブロックチェーンから仮想通貨へ目が向き始めていると言えます。

金融サービス大手Northern Trustの動きや、NYSE(ニューヨーク証券取引所)の親会社のインターコンチネンタル取引所(ICE)が設立した、新仮想通貨プラットフォーム「Bakkt」と合わせて今後の動きを注視しい企業の1つとなるでしょう。

日本の仮想通貨自主規制案

東京都内で開催された「日中Blockchain交流会」のパネルディスカッション内で、日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)会長 奥山泰全氏が、自主規制は金融庁に提出、施行の時期は「概ね夏を超えて秋前後、年内には間違いなく施行されていくだろう」と言及しました。

同パネルディスカッションでは、金融庁総合政策局審議官である水口純氏も登壇しており、かなり信憑性の高い情報であると見られ、今後一つの有力な見方となる可能性があります。

自主規制案には厳しい味方こそあるものの、長期的な日本の仮想通貨市場を健全化に持っていく上で極めて重要であり、金融庁の新長官に就任した遠藤 俊英氏が、大手メディアロイターのインタビュー内で「仮想通貨を過剰に規制する意図はなく、規制下での成長を期待している」と言及したことも合わせて、今後の重要な動きとなることは間違い無いでしょう。

直近の価格推移はUSDの逆相関?

ビットコインは当初、新たな金融資産としてどの政府にも属さない形で生まれたことなど、既存の金融資産やその取引とは違う形で人々に認知され、取引が行われてきました。

その様な経緯から、株式や為替などを含む既存の金融商品とは相関性のない価格変動が起きている考えられており、投資指標としての他の金融市場、またその影響は今までかなり軽視されていたと考えられますが、最近では政府の法整備も米国や日本を中心に進みつつあり、既存の金融市場のトレーダーの参入なども含め、影響がではじめているとの指摘が海外メディアを中心に報道されるようになってきました。

仮想通貨データやニュースなどを配信するwww.investing.comも、この金融市場との相関関係が急速に変化していると言及。

直近2ヶ月のビットコイン価格の推移は、米ドルの変動に逆相関している可能性があるといった興味深い記事が投稿されました。

出典:investing.com

このチャートは、BTC/USD(bitfinex)と、アメリカドル(USD)のインデックス指数のチャートの変化を示したチャートとなります。

この中でも、Cboe関連VanEck版ビットコインETFの許可日程が判明した7月17日は、直近でもっとも期待されたファンダメンタルズ要因の進展が発表されたことで値を上昇し、相関関係が崩れているものの、他の価格推移はほぼ逆相関関係が見られていることがわかります。

このような動きはコモディティ関連ではよくみられるとした上で、ドル価格が下がれば石油や金を買うのにそれだけ多くの資金(ドル)が必要となり、ドルが市場規模を広げるに連れ、人々がビットコインよりドルに信頼を置いており、ドルが下がれば逆(ビットコインに信頼を置いている)が起きているのではないかと推測しました。

エマージング・マーケットとの相関も

直近では、米国投資コンサルタント企業FundstratのアナリストTom Lee氏も、CNBCの経済番組Trading Nation内にて、ビットコインの相場とエマージング・マーケット(新興市場/EM)との関連性を語っています。

MSCI エマージング・マーケット・インデックス(EM)は、新興国の株式を対象とする株価指数(インデックス)指数となり、新興諸国市場24カ国の大型株と中型株を対象する830銘柄で構成されています。

TomLee氏は、この新興市場関連の指数がトレンド転換しない限り、投資家心理が新たな金融資産であるビットコインに目が向かず、関連性は今後も続く可能性があると、中長期の目線でビットコインの価格推移を見る上で、EMの重要性を説きました。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

ビットコイン7000ドル目前、価格を上昇に導いた3つの要因とは|仮想通貨市況
ビットコイン相場は、米ドル建てで7000ドルに迫る勢いを見せている。日本時間午前に価格が大きく急騰したが、それには3つの価格上昇要因が考えられる。
世界最大級保険組合ロイズが仮想通貨業界に進出|機関投資家の参入へ大きく前進
保険組合ロイズが参入 米国時間8月28日、仮想通貨管理サービスも提供するアメリカの認可された...


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら