今後5年間の仮想通貨勢力図|ICOコンサルがビットコインなどの成長率を示す研究結果を発表

ICOコンサルタント企業Satis Groupの最新報告
ICOコンサルタント企業Satisグループの研究結果によれば、5年後のビットコイン価格は1,000万円に達する反面、ビットコインキャッシュ(BCH)やリップル(XRP)は大幅に価値を毀損するとした。

ビットコインとモネロが大幅に高騰すると予想

ニューヨークに拠点を置くICOコンサルタント企業Satis Groupは、日本時間8月31日に、 CRYPTOASSET MARKET COVERAGE INITIATION: VALUATION(仮想通貨市場の格付け:査定額)という仮想通貨市場に関する報告を発表しました。

今回発表された報告では、仮想通貨市場における評価基準とその精度を検証し、今後5年間のマーケットトレンドを予測したものとなります。

主な分析概要は、以下のようになります。

  • 世界における経済活動を支えるため、仮想通貨市場全体の時価総額は、2019年の5,000億ドル(予想値)から2028年までに3.6兆ドル規模まで膨れ上がる必要が考えられる
  • 5年間で最も価値が向上する通貨:ビットコイン96,378ドル、モネロ(XMR)18,498ドル、DASH1,896ドル、などを筆頭に、新しい価値の組み合わせを提供する通貨である
  • 5年間で価値が低下する通貨:ビットコインキャッシュ(BCH) 268ドル 、実にブランド名を引き継ごうとしながらも、技術的優位性で本家に劣る通貨
  • わずかな価値を有する通貨:リップル(XRP) 0.01ドル 中央集権的所有権や承認システムを持ち、独自のブロックチェーンに必要とされず、誤解を招くようなマーケティングで発行される通貨
  • 上昇が期待される仮想通貨市場の90%以上の資金は、オフショア(租税環境を優遇しているエリア)預金市場から流入される

特筆すべきは、匿名性通貨のモネロ(XMR)で、王者ビットコインを抑えて約17,887%の高騰率で、最も躍進する通貨と予想されました。

モネロはdAppsのような実用性を持つのではなく、匿名通貨として、プライバシーを保てる特徴が重宝されるとの理由です。

王者のビットコインに関しては、96,000ドルの価格(1.5兆ドル以上の時価総額)で、ランキング首位を独走するとされます。

ビットコインのドミナンスが継続する理由について、このような理由が挙げられています。

  • 流動性、及び購入手段の増加
  • ブランドに対する認知度向上
  • 仮想通貨取引の基軸通貨としての役割
  • ボラティリティの減少
  • 比較的に低いハッキング被害回数
  • ハッキングに要する高いコスト
  • サイドチェーンによる拡張性の向上

一方で、リップル(XRP)やエイダコイン(ADA)、ステラ(XLM)は、5年後には90%以上の価値を失うのではないかと予想されています。

さらにビットコインキャッシュは、-52%、イオスも-29%と大幅に縮小すると見込まれています。

大胆な予想を展開した研究結果については、以下のように記されています。

仮想通貨のネットワークにおいて、オーガニックな成長とコミュニティの拡大を伴う通貨(ライトコイン等)に価値の向上が見られる。

その一方で、ブランドに対する認識を阻害し、普及率の上昇を見込めないフォーク通貨(ビットコインキャッシュ等)は、価値の低下が考えられる。

CoinPostの関連記事

Weiss Ratingsの仮想通貨格付け:複数通貨の評価格下げでリップル(XRP)が初の最高評価を獲得
米格付け機関Weiss Ratingsが仮想通貨の最新評価を更新。多くの通貨が格下げされる中、リップル(XRP)が初の最高評価を獲得。同率1位には、イオス(EOS)とエイダ(ADA)が名を連ねている。
DPレーティングが仮想通貨取引所の格付けを発表:最高評価はA+のバイナンス、bitFlyerはB+評価
格付け企業のDPレーティングが、独自の分析に基づいた、仮想通貨取引所の世界ランキングを発表した。最高評価「A+」を得たのはBinance。日本の取引所では、bitFlyerが「B+」、QUOINEが「B」評価でランクインしている。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら