ビットコインのショート割合急増の中、テザー砲が相場に与える影響は?

ビットコイン相場
BTC相場は、上値レジスランスラインを突破し、81万円を維持する堅調な価格推移となっている一方で、Bitfinexでショートポジションが急増、テザー送金による今後の相場への影響に注目が集まっている。

ビットコインは7200ドルのラインを固守するも、アルトコインは下落

ビットコイン相場は、昨日の午後から7200ドル(約79万円)とされる上値抵抗線(レジスタンスライン)を突破し、3日昼現在も7285ドル(約81万円)を維持する、堅調な価格推移となっています。

大手取引所BitMEXとBitfinex上でショートポジションが急増し、2018年3度目となるショートポジション数がロングポジション数超えを記録しており、短期的にはビットコイン相場への下落の懸念感も出始めています。(この状況で下落が限定的な場合、大量に現物が買われているという指摘もある)

出典:TradingView

先週、コインポストで取り上げたように、米国大手仮想通貨OTC取引ブローカーGenesis Tradingの代表者であるMichael Moro氏は、BTCが年内1万ドル(約110万円)へと回復するために必要な要素に以下のように語るなど、現在の相場維持が重要だと見る向きも多数あります。

「特に重要なサポートラインは7150ドル(約79.4万円)であり、仮に来週(今週のこと)までこのラインを維持できていれば、相場トレンドと投資家心理も上向きとなり得るだろう」

出典:TradingView

ショートポジション急増の背景

下記のチャート下部に表示されたbitfinexでのロング、ショートポジションチャートは、赤のショートポジションが日本時間2日16時あたりから急増。1万ドルの増加となっています。

出典:TradingView

ツイッター上で知られている投資家@cryptoSqueeze氏も、昨日のBitfinex上での莫大なショートに対し、以下のように述べています。

「3時間足らずの間に、Bitfinexでショートポジションが1万BTCまで急増している。ここ5年間で初めてのことだ。」

しかし、唐突なショートポジション急増にも関わらず、BTC相場を崩すには至らず、仮に本日まで相場が上場を維持していく場合、それらのショートポジションが決済されることで、ショートを燃料とした大規模な上昇(ショートカバー)に発展、逆に上昇相場を後押しする可能性も考えられます。

このような形で相場に警戒感が高まる中で、日本時間9月3日1時頃、テザー社の保管ウォレットから1億ドル(110億円)に相当するUSDTがBitfinexに入金されたことが明らかになりました。

一連の流れをチャートを交えて簡単にまとめると、bitfinexのショートポジションが急増した後、短期的に下落目線に移ったものの、チャート上での青丸時点でテザーの巨額送金が明らかになるや否や、価格操作による高騰、またショートカバーによる暴騰の期待により相場の転換が見られました。

出典:TradingView

CNBCでも影響を予想

米CNBCの仮想通貨番組「Crypto Trader」のMCを務めるRan NeuNer氏は、日本時間朝5時に、自身のツイッター、USDTの大量入金とBitfinex上のショートポジションによる影響力についてコメントを述べました。

「ここ数日、BTCの累計出来高が130億ドルを超えているので、勢いは衰えずに上昇していくだろう。すると、ショートポジションはスタミナを無くし、踏み上げられてしまいかねない。」

また今後の展開について、

「BTCが下がると見ている人はたくさんおり、ショートポジションが約40%も増加している。それと同時に、約1億ドルのUSDTが入金された。相場が上昇し続ければ、ショートポジションは踏み上げられ、強気相場にさらなるワンプッシュが撃ち込まれる結果になるだろう。そうすれば、さらに面白い展開になる。」


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら