CoinPostで今最も読まれています

ビットコインのショート割合急増の中、テザー砲が相場に与える影響は?

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ビットコイン相場
BTC相場は、上値レジスランスラインを突破し、81万円を維持する堅調な価格推移となっている一方で、Bitfinexでショートポジションが急増、テザー送金による今後の相場への影響に注目が集まっている。

ビットコインは7200ドルのラインを固守するも、アルトコインは下落

ビットコイン相場は、昨日の午後から7200ドル(約79万円)とされる上値抵抗線(レジスタンスライン)を突破し、3日昼現在も7285ドル(約81万円)を維持する、堅調な価格推移となっています。

大手取引所BitMEXとBitfinex上でショートポジションが急増し、2018年3度目となるショートポジション数がロングポジション数超えを記録しており、短期的にはビットコイン相場への下落の懸念感も出始めています。(この状況で下落が限定的な場合、大量に現物が買われているという指摘もある)

出典:TradingView

先週、コインポストで取り上げたように、米国大手仮想通貨OTC取引ブローカーGenesis Tradingの代表者であるMichael Moro氏は、BTCが年内1万ドル(約110万円)へと回復するために必要な要素に以下のように語るなど、現在の相場維持が重要だと見る向きも多数あります。

「特に重要なサポートラインは7150ドル(約79.4万円)であり、仮に来週(今週のこと)までこのラインを維持できていれば、相場トレンドと投資家心理も上向きとなり得るだろう」

出典:TradingView

ショートポジション急増の背景

下記のチャート下部に表示されたbitfinexでのロング、ショートポジションチャートは、赤のショートポジションが日本時間2日16時あたりから急増。1万ドルの増加となっています。

出典:TradingView

ツイッター上で知られている投資家@cryptoSqueeze氏も、昨日のBitfinex上での莫大なショートに対し、以下のように述べています。

「3時間足らずの間に、Bitfinexでショートポジションが1万BTCまで急増している。ここ5年間で初めてのことだ。」

しかし、唐突なショートポジション急増にも関わらず、BTC相場を崩すには至らず、仮に本日まで相場が上場を維持していく場合、それらのショートポジションが決済されることで、ショートを燃料とした大規模な上昇(ショートカバー)に発展、逆に上昇相場を後押しする可能性も考えられます。

このような形で相場に警戒感が高まる中で、日本時間9月3日1時頃、テザー社の保管ウォレットから1億ドル(110億円)に相当するUSDTがBitfinexに入金されたことが明らかになりました。

一連の流れをチャートを交えて簡単にまとめると、bitfinexのショートポジションが急増した後、短期的に下落目線に移ったものの、チャート上での青丸時点でテザーの巨額送金が明らかになるや否や、価格操作による高騰、またショートカバーによる暴騰の期待により相場の転換が見られました。

出典:TradingView

CNBCでも影響を予想

米CNBCの仮想通貨番組「Crypto Trader」のMCを務めるRan NeuNer氏は、日本時間朝5時に、自身のツイッター、USDTの大量入金とBitfinex上のショートポジションによる影響力についてコメントを述べました。

「ここ数日、BTCの累計出来高が130億ドルを超えているので、勢いは衰えずに上昇していくだろう。すると、ショートポジションはスタミナを無くし、踏み上げられてしまいかねない。」

また今後の展開について、

「BTCが下がると見ている人はたくさんおり、ショートポジションが約40%も増加している。それと同時に、約1億ドルのUSDTが入金された。相場が上昇し続ければ、ショートポジションは踏み上げられ、強気相場にさらなるワンプッシュが撃ち込まれる結果になるだろう。そうすれば、さらに面白い展開になる。」

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
09/25 月曜日
21:35
5000BTC以上ビットコイン買い増し、米マイクロストラテジー
米マイクロストラテジーは新たに1.47億ドルのコストで5,445 BTCの仮想通貨ビットコインを取得した。
20:14
三菱UFJ信託銀行、バイナンスジャパンと協業で新たなステーブルコイン検討へ
三菱UFJ信託銀行は、バイナンスジャパンとステーブルコイン発行・管理基盤「Progmat」の協業により、円建てやドル建てを対象とした新たなステーブルコインの共同検討を開始することがわかった。
14:16
テラクラシックコミュニティ、 ステーブルコインUSTCの発行停止を決定
仮想通貨テラ・クラシック(LUNC)のコミュニティは、ステーブルコインUSTCの全ての新規発行及び再発行の停止を決定した。コミュニティ投票では、59%が賛成票を投じ、発行停止が可決された。
13:36
コインベース、世界最多のビットコイン準備金「推定94.7万BTC」保有か|Arkham分析
ブロックチェーン分析企業Arkhamは、大手仮想通貨取引所コインベースがサトシ・ナカモトの推定保有量に匹敵する94.7万BTC(3.7兆円相当)のビットコイン準備金を保有しているという分析を発表した。
11:52
軟調推移のビットコイン、イーサリアムのガス代平均は過去最低水準に
暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコイン(BTC)価格が続落する中、イーサリアムのガス代平均は過去最低水準となった。ETHの通貨供給量はデフレからインフレに転じている。
10:50
韓国大手仮想通貨取引所Upbit、偽アプトス(APT)の入金処理めぐり大騒動に
韓国の大手取引所Upbitで、仮想通貨アプトス(APT)のフェイクトークンが正規トークンとして入金認識され、不特定多数のアカウントに配布される事件が発生した。
09/24 日曜日
14:00
「ビットコインは最も寿命が長いブロックチェーン」VCが語る
第2回のGM Radio: Beyond The Priceは21日に公開。ゲストは仮想通貨ビットコインに特化したVCのファウンディングパートナーNico Lechuga氏である。
11:30
BTC上値トライに失敗、目先は下げ渋る展開見込む|bitbankアナリスト寄稿
国内大手取引所bitbankのアナリストが、一時400万円台に乗せるも上値トライに失敗し、ほぼ横ばいで推移している今週のビットコインチャートを図解。今後の展望を読み解く。ビットコイン・オンチェーンデータも掲載。
11:00
週刊まとめ|ETH初期投資家の相次ぐ資産移動に注目集まる
今週は、イーサリアム初期投資家の相次ぐ資産移動について書いた記事が最も多く読まれた。このほか、日本政府が、仮想通貨企業が資金調達を行う際の規制を緩和することなど、一週間分の情報をお届けする。
09/23 土曜日
18:00
米コインベースが過去に欧州FTX買収を検討
米仮想通貨取引所コインベースは破綻したFTXの欧州法人を買収することを検討していた。デリバティブ商品に力を入れていることが背景とみられる。
17:10
グーグルクラウド、BigQueryにアバランチなど11のブロックチェーンを追加
Google Cloudは、ビッグクエリ公開データセットにアバランチ(AVAX)など11の仮想通貨ブロックチェーンを追加したと発表した。
07:40
イーサリアム「Dencun」、2024年に実施か
仮想通貨イーサリアムの開発者は21日に会議を開催。次期アップグレードDencunについて、実施が来年初めになる可能性が示された。テストの開始が遅れる可能性があるという。
09/22 金曜日
16:29
大手VCパラダイム「仮想通貨は新たな惑星のようなもの」 投機需要も欠かせないと見る理由
仮想通貨関連技術に特化した米大手ベンチャーキャピタルParadigmは、「火星のカジノ」と題した論説で、仮想通貨を新しい惑星に例え、投機的な投資も「移住の起動プロセスの一部」として欠かせないものだと主張した。
16:15
セガ三国志大戦IP活用のBCG「Battle of Three Kingdoms」、動画初公開
  三国志大戦のIP活用BCGのチュートリアル動画公開 セガの人気ゲーム『三国志大戦』のIPを活用し、double jump.tokyo株式会社が開発を手がける新作ブロックチェ…
14:00
米FRB「資産のトークン化」に警鐘
米FRBは、トークン化が金融安定性に及ぼす影響について詳細に調査した論文を公開した。トークン化がデジタル資産のエコシステムと伝統的な金融システムとの相互接続を促進し、伝統的な金融システムに新たなリスクをもたらす可能性があると指摘している。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
重要指標
一覧
新着指標
一覧