CoinPostで今最も読まれています

映画「Winny」3月10日公開へ 日本の天才開発者を巡り、ネットを震撼させた事件の裏側

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

映画Winny3月10日全国ロードショー

2023年3月10日(金)に全国上映される映画、『Winny』。

ネット史上最大の事件とも言われた実話をもとにした挑戦と戦いの記録。不当逮捕から無罪を勝ち取った7年の道のりを記す映画『Winny』がまもなく公開される。

暗号資産(仮想通貨)メディアCoinPostでは、『Winny』製作陣への独占取材を国際映画スタジオNOMAの全面協力のもと実施した。

監督は長編映画「ぜんぶ、ボクのせい」などで知られる松本優作氏。金子勇氏を演じるのは東出昌大氏、そして弁護士・壇俊光氏を演じる三浦貴大氏がW主演を飾る。

ビットコインの生みの親である“サトシ・ナカモト”がホワイトペーパーを発表した2008年10月から遡ること6年、天才開発者と言われた金子勇氏は伝説のファイル共有ソフト『Winny(ウィニー)』を発表した。

これは、暗号資産(仮想通貨)の基幹技術であるブロックチェーンの先駆けとなった「P2P(Peer to Peer)技術」を取り入れたもので、あまりにも革命的であったことから瞬く間に普及していった。

日本の実業家の中には、齢42で亡くなった金子が「サトシ・ナカモト」だとする仮説を唱えた者もいる。それほど、唯一無二の天才プログラマーだった。

なぜ、彼ほどの逸材が7年半もの歳月を“不当な裁判”に費やさなければならなかったのか。そして、どのようにして無罪を勝ち取ったのか。日本のネット史に計り知れない影響を与えた出来事について取材した。

公開特別記念

3月11日(土)の全国上映を記念し、松本優作監督を初め、伊藤プロデューサー、藤井プロデューサーをお招きして特別ツイッタースペース(リアルタイム他対談会)を予定。Winny公開までの裏側を聞ける貴重な機会にぜひご参加ください。

該当ツイッターのリツイートされた方の中から抽選で5名様にWinny限定本をプレゼント。ツイートはこちら

予告編

殺人に使われた包丁をつくった職人は逮捕されるのか——。

技術者の未来と権利を守るため、

権力やメディアと戦った男たちの真実の物語。

Winnyとは

金子勇氏(ハンドルネーム「47」)が開発したファイル共有ソフト。

インターネット上でつながった複数のパソコンでファイルを共有する分散ファイルシステムの技術を使用したソフトである。当時ではあまり利用されていなかったP2P技術を発展させデータをバケツリレー方式で転送するため匿名性が非常に高かった。

金子氏が電子掲示板サイト「2ちゃんねる」上で「Winny」を公開すると瞬く間にユーザーは増え、ピーク時は200万以上の人が使用していたと言われている。

しかし、その匿名性の高さがゆえに、映画やゲーム、音楽などの著作物データが許可なく流通し、著作権侵害の温床と指摘され問題となった。

また、その特性を悪用したウイルスも流行。感染すると意図しないデータが流出してしまい、警察や自衛隊の内部資料、企業の顧客情報や個人所有のファイルなどが漏えい。漏洩したファイルは多数のパソコンにコピーが残ってしまい回収不能となり、当時の安倍官房長官は会見を開き「情報漏洩を防ぐ最も確実な対策は、パソコンでWinnyを使わないことだ。」と呼びかけるなど社会問題となった。

結果的に開発者である金子氏は、「著作権法違反幇助」の罪に問われることになる。

公開特別記念:3月11日(土)の全国上映を記念し、松本優作監督を初め、伊藤プロデューサー、藤井プロデューサーをお招きして特別ツイッタースペース(リアルタイム他対談会)を予定。Winny公開までの裏側を聞ける貴重な機会に是非ご参加ください。

該当ツイッターのリツイートされた方の中から抽選で5名様にWinny限定本をプレゼント。ツイートはこちら

インタビュー

映画Winny企画の古橋智史氏、脚本・撮影の岸建太朗氏、プロデューサーを務めた伊藤主税氏にお話を伺った。

実際にWinnyを使ったことは

古橋/伊藤:あります。

伊藤:「出る杭は打たれる、しかし出過ぎた杭は打たれない。」この点について共感したことがあります。最先端のテクノロジーとして当時使っていました。

古橋:Winnyのユーザー数で言えば、200万人以上いたと思います。現在のDAO(自律分散型組織)に近い文化もありましたし、当時使われていたP2P(Peer to Peer)技術は匿名だったので、2009年に誕生したビットコインの先駆けとも言われています。

本作品の見どころは

古橋:『出る杭が打たれない社会を』とのテーマが最初に決まったんです。天才プログラマーと称された金子さんを中心に、その金子さんを守ろうとする壇弁護士などの人間模様が描かれています。

岸:裁判というのは、ある意味“未来の支持者たち”のためにやるものでもあるのかなと。取材の過程で弁護団の方々や関係者の想いをしっかりと感じて、作品創りのエネルギーに変えていった。彼らの想いだけはストレートに伝えたかった。

伊藤:作品に関しては、(監督や俳優の)制作チームによる「良いものを創りたい」という信念が本当にすごかった。現在主流のSNSにしろ、どんな便利なツールでも悪い使い方をすればイジメに使われることもありますよね。本作にはそのような利用者の「倫理観」というテーマが紐づいていたりします。日本が産んだ天才をもっと大事にできる社会であれば、新たなビジネスが進んだかもしれないし、それが国際競争力(国力)につながったかもしれない。

少しでも、今の社会に疑問を感じたり人間関係に対して思うところがある方は、ぜひこの映画をご覧いただけたらと思います。

「映画『Winny』インタビュー:日本の天才開発者を巡り、ネットを震撼させた事件の裏側」 インタビューの詳細(続き)はこちら

公開特別記念:3月11日(土)の全国上映を記念し、松本優作監督を初め、伊藤プロデューサー、藤井プロデューサーをお招きして特別ツイッタースペース(リアルタイム他対談会)を予定。Winny公開までの裏側を聞ける貴重な機会に是非ご参加ください。

該当ツイッターのリツイートされた方の中から抽選で5名様にWinny限定本をプレゼント。ツイートはこちら

公式情報

▶️映画Winny 公式サイト

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
14:00
SuiブロックチェーンがStardustと提携、Web3ゲーム開発促進へ
Web3ゲーム用ウォレットを手掛けるStardustが、Suiブロックチェーンの統合を発表。この提携により、Web3ゲームのエコシステムが強化され、新たなゲーム体験が提供される。暗号資産(仮想通貨)スイは時価総額トップ50にランクインした。
13:00
米トランプ前大統領、ビットコインに前向きな姿勢に変化か
米ドナルド・トランプ前大統領は「仮想通貨ビットコインとは共存できる」と発言。懐疑的だった以前よりもビットコインに前向きな姿勢を示した。
12:00
グレースケール、プライバシーテーマのインデックスETFを申請
グレースケール「匿名銘柄のインデックスETF」はデータ・プライバシー技術を開発する企業およびZcashに投資する。ビットコインETF以外の製品を増やす狙いだ。
11:00
米登録の投資アドバイザーCarson Group、iSharesなどのビットコインETFを顧客に提供
ブラックロックのIBITでの仮想通貨ビットコイン保有数は126,950 BTCで、45.3万 BTCを保有するGBTCにつぐポジションを維持。一方、グレースケールのGBTCを除けば現在時価総額が最も高いのはブラックロックのIBITで、66億ドルに相当する。
10:00
Matrixport、3月までにビットコイン6.3万ドルも視野
Matrixportは2024年3月までにビットコインが6万3,000ドルに達する可能性があると強気予測。現物ETF承認や利下げなど複数要因を背景に挙げた。
09:00
加速する仮想通貨リステーキング、a16zがEigenに150億円投資
仮想通貨ETHやSOLのリステーキング「ストーリー」は今年の代表的なテーマの1つであり、投資家の注目と資金を集めている。
07:45
アバランチ、約2時間ブロック確定停止
仮想通貨アバランチのブロックチェーンで、ブロックの確定に問題が発生。ノードのソフトウェアのアップグレードを実施し、約6時間後に解決したことが報告された。
07:15
Flare Network、初期投資家のトークンアンロックを延長 FLR価格20%以上上昇
今回新たに出資したFlareの既存投資家はFLRトークンのロックアップ期間を2026の1Qまで延長し、30日の日平均出来高の0.5%を超えないトークンの売却に同意した。
06:30
UniswapのUNIに利益分配を提案、トークン価格が50%急騰
今まで仮想通貨UNIトークンの保有者には、Uniswapの手数料が分配されない仕組みとなっているが、これが変わる可能性が出てきた。
05:45
bitFlyer、仮想通貨3銘柄新規上場へ
国内暗号資産取引所bitFlyerは3銘柄の新規取り扱いを開始する予定だ。今週2度目の銘柄リスティング発表となる。
02/23 金曜日
16:00
Valkyrie「イーサリアム現物ETFの承認には1〜2年はかかる」
米仮想通貨投資企業Valkyrieの最高投資責任者は、イーサリアム現物ETFは今後1、2年以内に承認される可能性があると意見した。
16:00
Web3とは|次世代を担う非中央集権的インターネット環境のメリットを解説
世界中で技術革新の進むインターネット環境は、今まさに新たな時代へと移り変わろうとしています。Web3(ウェブスリー)という言葉の意味やメリットについて詳しく解説します。
13:05
JPモルガンアナリスト「仮想通貨相場の力強い上昇は、個人投資家の関心の高まりが寄与」
JPモルガンはリテール投資家が、ビットコインなど2月の仮想通貨市場の上昇に寄与した可能性が高いと述べた。背景として3つの要因を挙げている。
02/22 木曜日
16:00
スターテイル・ラボ、サムスンとシンガポール大手銀行UOBから資金調達
日本発のWeb3プロダクト、暗号資産(仮想通貨)ASTRのエコシステムAstar Networkを率いるスターテイル・ラボが、サムスンとUOBからのシード追加ラウンドで5億円を調達。渡辺創太CEOはプロダクト開発を加速の意向示す。
13:55
イーサリアム、ビットコインの年初来上昇率を上回る 現物ETF承認への期待感と集中リスクの懸念
時価総額2位の仮想通貨イーサリアムが、年初来の価格の上昇率でビットコインを上回った。米当局による先月のビットコイン現物ETF承認を受けて、イーサリアム現物ETFが承認される可能性が高いとの楽観的な見方がその一因となっている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/02/29 12:00 ~ 19:00
その他 オンライン
2024/03/01 19:00 ~ 21:30
東京 東京都千代田区
重要指標
一覧
新着指標
一覧