CoinPostで今最も読まれています

米コインベース、企業向けウォレットサービスを立ち上げ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

デジタルウォレットの設置を容易に

米暗号資産(仮想通貨)取引所コインベースは8日、企業がデジタルウォレットを簡単に導入できるようにするサービス「Wallet as a Servic:WaaS)」を発表した。

ゲーム、小売り、ソーシャルネットワークなど様々な分野の企業が、Web3事業に参入することを容易にするとしている。

「WaaS」は、拡張可能で安全性の高い、オンチェーン・ウォレットのインフラAPIで、企業は用途に合わせて設定をカスタマイズ可能だ。

企業は、自社のアプリ内で、直接ウォレットを提供することができる。採用事例としてコインベースは、ゲーマーがゲーム内のNFT(非代替性トークン)アイテムや独自通貨を交換する場面、トークンベースの報酬など新たなロイヤリティプログラムの設置などを挙げた。

ユーザー側も、通常のアプリでユーザー名とパスワードを管理するのと同じくらい簡単に認証を行い、ウォレットを開設したり、それにアクセスしたり、復元することができる。仮想通貨になじみのないユーザーでも、簡単にWeb3サービスを利用できる仕組みだ。

また、「WaaS」で作成されたウォレットは、高度なマルチパーティ計算(MPC)によりセキュリティを強化しており、複数のパーティ間でキー(鍵)を安全に分割、暗号化、配布することでユーザー資産を安全に保つ。

これは、エンドユーザーとコインベースの間でウォレットの鍵を分割することを可能にする。そこで、ユーザーのデバイスがハッキングなどの危険にさらされた場合も、ウォレットを安全に保てる形だ。また、自動バックアップにより、エンドユーザーが自分のデバイスにアクセスできなくなった場合も、ウォレットのキーは安全に保管しておける。

Web3とは

現状の中央集権体制のウェブをWeb2と定義し、ブロックチェーン等を用いて非中央集権型のネットワークを実現する試みを指す。代表的な特徴は、仮想通貨ウォレットを利用したdAppsへのアクセスなど、ブロックチェーンをはじめとする分散型ネットワークのユースケースがある。

▶️仮想通貨用語集

「Base」と「WaaS」の好循環

コインベースのWeb3開発者プラットフォームの責任者Patrick McGregor氏は、「WaaS」は、コインベースが2月に発表した「Base」とある意味では対になるものだと話している。

「Base」は、コインベース独自のイーサリアム(ETH)L2ネットワークだ。安全・安価で、開発者も使いやすいネットワークを提供することを目指している。

コインベースは、これから数十億のユーザーを仮想通貨経済圏に呼び込むには、多くの人が容易にdApps(分散型アプリ)を使用できるようにする必要があり、そのためには開発者が今より容易にアプリ開発できるようにしなくてはならないと説明していた。

関連米コインベース、イーサリアムの独自L2ネットワーク「Base」をローンチへ

McGregor氏は、「Base」はWeb3でのアクティビティ増加をもたらし、それによってウォレットの数が増えると述べた。また、ウォレットが増えると、今度はさらに様々なWeb3事例に対する需要が高まり、好循環が生じるとする形だ。McGregor氏は、以下のように続けた。

「Base」と「WaaS」はそれぞれ独立した商品だが、それでも、顧客となる見込みのある企業の内、かなりの数が、どちらか一方だけではなく、BaseとWallet-as-a-Serviceの両方を含むパッケージ製品を検討している。

レイヤー2とは

「2層目」のブロックチェーンのこと。全ての取引履歴をメインチェーンに書き込むと負荷が大きくなり、処理速度の低下やネットワーク手数料の高騰につながる。そこで、取引履歴の一部をオフチェーンやサイドチェーンに記載するようにすることでメインチェーンへの負荷軽減や処理速度向上を期待することができる。

▶️仮想通貨用語集

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/20 土曜日
14:00
ネクソン、NFTゲーム『メイプルストーリーN』のシナジーアプリなどを発表
大手ゲーム企業ネクソンの子会社NEXPACEは「メイプルストーリー・ユニバース」エコシステムのローンチとその仕組みを発表した。
12:00
テレグラムのTON基盤ゲームPixelverse、独自の仮想通貨エアドロップ実施へ
テレグラム上で稼働するTONブロックチェーン基盤の「タップして稼ぐ(tap-to-earn)」ゲーム Pixelverseは独自の仮想通貨を発行し、ユーザーへエアドロップする予定だ。
11:00
世界でマイクロソフトITに大規模システム障害 仮想通貨への影響は?
世界各国のマイクロソフトITシステムに障害が発生した。分散型システムを取る仮想通貨に注目が集まったとする意見が上がっている。
10:00
Apple Payでミームコイン売買、ソラナ基盤「Moonshot」アプリ
Moonshotは19日にローンチされたばかりのiOS版アプリで、初めからApple Pay決済を利用することができる。
09:15
ソラナDEXレイディウム、ユニスワップの30日間手数料超え 高速チェーンへの高い需要を反映
ソラナのネットワーク基本手数料はイーサリアムの126分の一だが、処理速度が速く低コストで取引できるため、政治テーマや犬・ねこのミームコインへの高い取引需要で利用回数を大幅に増やしている状況だ。
08:10
伊国営金融機関、ポリゴン上でデジタル債券の取引に成功
仮想通貨ポリゴンのブロックチェーンを活用し、伊国営金融機関CDPがデジタル債券の取引に成功。これは、欧州中央銀行の実験の一環だという。
07:35
コインベース、仮想通貨3銘柄上場廃止 
米仮想通貨取引所大手コインベースは20日、Coinbase.com、Coinbase Exchange、Coinbase Primeにて、3銘柄の取引停止を実施した。
07:00
Mt.Goxの弁済進捗65%、ウォレット残高に1000億円相当のビットコイン 
経営破綻したマウントゴックス(Mt.Gox)のウォレットには、まだ1,000億円相当のビットコイン(90,344 BTC)が残っており、65%ほどの弁済が行われている。クジラの買い増し機会として利用される可能性が出てきた。
06:20
フィデリティ含む5つのイーサリアム現物ETF、7月23日に登場へ
米デリバティブ取引所Cboeによると、フィデリティやヴァンエックなどのイーサリアム現物上場投資信託(ETF)は7月23日に取引を開始する予定だ。
07/19 金曜日
17:23
イーサリアムの将来価格 ETF承認後の影響とテック株との比較
2024年5月に承認された暗号資産(仮想通貨)イーサリアムの現物ETFの影響と、株式市場上場後の将来価格を市場アナリストの見解を交えて解説。手数料収益に基づくテック株との比較も詳述。
16:08
JBA、暗号資産に関する税制改正要望を政府へ提出
日本ブロックチェーン協会(JBA)が2025年度の暗号資産(仮想通貨)税制改正要望を政府に提出した。申告分離課税や損失の繰越控除、暗号資産デリバティブ取引の適用、寄附税制の整備などを提案し、暗号資産の普及と市場活性化を図る。
13:15
香港当局がステーブルコイン規制法案を発表 今年中に立法会提出予定
香港の金融規制当局は、ステーブルコイン発行企業に対する規制導入についての公開協議結果を発表。今年中にステーブルコイン規制法案を香港立法会に提出する予定であると述べた。
12:36
NYダウ反落、ビットコインは上昇一服 アナリストは強気・弱気で見解割れる
暗号資産(仮想通貨)相場ではNYダウなど株式市場の反落もありビットコインが上昇を一服。今後の展望について、アナリスト間では、強気・弱気シナリオで見解が別れている。
11:30
韓国で「仮想通貨ユーザー保護法」が施行 保険加入など義務付け
韓国政府は19日、仮想通貨ユーザー保護法を施行した。投資家保護に重点を置いており、ユーザー資産保護や取引監視を定めている。
10:25
分散型予測市場ポリマーケット、バイデン米大統領の選挙撤退予測90%到達
仮想通貨ポリゴン基盤の分散型予測市場「ポリマーケット」で、バイデン米大統領が選挙から撤退する予測が一時90%まで到達した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア