CoinPostで今最も読まれています

イーサリアム大型アップグレード「Shapella」完了、仮想通貨相場には大きな変動見られず

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

マクロ経済と金融市場

12日の米NY株式市場では、ダウ平均株価は前日比38ドル(0.1%)安、ナスダック指数は102ポイント(0.8%)安で取引を終えた。

3月の米消費者物価指数(CPI)は、市場予想の5.1%を僅かに下回ったことで買い戻しを誘ったが、一方で変動の大きなエネルギーと食品を除くコア指数は市場予想通りの前年同月比5.6%上昇と高止まりした。

その後発表された米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨では、参加者の多くがターミナルレート(最終金利到達点)の見通しを引き下げた一方、FOMC前相次いだ米国の銀行破綻を念頭に、金融不安および景気後退リスクへの警戒感を滲ませた。

関連:米国株反落 米3月CPIやFOMC議事要旨に反応|13日金融短観

関連:仮想通貨投資家にもオススメの株式投資、日米の代表的な仮想通貨銘柄「10選」

仮想通貨市況

暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコインは前日比0.4%高の30,146ドルに。

BTC/USD日足

厚めのレジスタンスライン(上値抵抗線)に差し掛かり売り圧力が強まることも想定されるが、上抜ければ2021年の強気相場のレンジへ移行することから、中・長期的な強気トレンド転換も視野に入る。

上海アップグレード完了

イーサリアム(ETH)のメジャーアップグレード「上海(Shapella:Shanghai+Capella)」が、予定通り日本時間7時半頃にハードフォークを通じて実装された。2022年のThe Merge(ザ・マージ)以来の大型アップグレードとなる。

改善提案「Ethereum Improvement Proposal(EIP)4895」の実装により、ステーカーおよびバリデーターのステーキング預金および報酬の引き出しが数年越しに可能となった。20年12月にイーサリアム(ETH)のステーキング機能が導入されて以来初。

関連:イーサリアム「シャペラ(Shapella)」、メインネット実装完了

イーサリアム・エクスプローラー「beaconcha.in」によると、アップグレード完了後の30分間で5400ETH(1000万ドル相当)の出金申請が処理された。引き出し方法は、これまでロックされていた累積分のステーキング報酬のみを引き出す「部分出金」と、バリデーターを解除して32ETHの預入金ごと引き出す「完全出金」の2種類存在する。

Glassnodeの分析によれば、これまでにステーキングされた累計1,800万ETH内、上海のアップグレード後の1週間で実際に流動化するのは、1%未満の推定170,000ETHの売却に留まる。

これまでのステーキングの累積報酬額の内、約10万ETH(250億円相当)のみが引き出され売り圧力になると予測するものの、引き出し制限により1日あたりのアンステーク量は限られている。

ステーキング解除のリクエスト処理にかかる時間は、イーサリアム・プロトコルによって決定されるため、混雑している場合は申請から数週間〜最大数ヶ月程度のタイムラグが生じる場合がある。

即時の流動性を求めるニーズに対応するため、コインベースの場合はコインベースアプリでステークされたETH(ETH2)をcbETHにラップすることで、DeFi(分散型金融)運用することもできる。

Glassnodeは、1週間で累計報酬合計と引き出し可能な預入額の最大153万ETH(29億3000万ドル)が全て売却されるという最もネガティブなシナリオさえも、昨今の週平均出来高で吸収しきれる範疇との見方を示した。その場合は週平均出来高が2倍に上昇し、ETH価格が約8.7%下落する可能性があるものの、FTXショック時の相場変動幅より遥かに低いと試算している。

Glassnode

米SEC(証券取引委員会)の提訴、及びウェルズ通知発行を受け、米暗号資産(仮想通貨)取引所クラーケンやコインベースでは、米顧客向けのステーキングサービスの終了を余儀なくされており出金申請に向かうものと見られる。

関連:イーサリアム(ETH)ステーキング報酬の出金状況と今後の見通しは?

Blockworks Researchによると、イーサリアム(ETH)の時価総額は約2,300億ドル。1日の出来高は約43億ドルに達する。13日昼時点でイーサリアム(ETH)価格は前日比2.1%高となっており、ビットコイン(BTC)の0.4%高を上回っている。

現時点ではETH価格には大きな変動はなく、直近高値圏をキープしている。

ETH/USD日足

その他の銘柄では、FTXの取引所トークンであるFTTが前日比80%急騰した。

FTT/USD週足

昨年11月に経営破綻したFTXの債務整理を引き継いだ法務チームが、今年7月を目処に暗号資産(仮想通貨)取引所FTX再開を見込んだ事業再建計画を提出する見込みだと発表したことが背景にある。

FTXの破産弁護士であり新最高経営責任者(CEO)のジョン・レイ氏は今年1月、資産清算および事業売却を進める過程で、再開の可能性を検討するタスクフォースの立ち上げを明かしていた。

実現可否やリブランディングの有無は定かではなく、投機的な値動きに警鐘を鳴らす声もある。

関連:FTX、仮想通貨取引所再開を検討

過去に掲載したマーケットレポート一覧はこちら

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
18:25
来年11月までにビットコインの過去最高値を予測、上昇要因に半減期や米大統領選|VanEckレポート
仮想通貨ビットコインが2024年11月に過去最高値を記録するとの予測。半減期と米大統領選が影響。VanEckによる予測と市場サイクルの分析内容を解説。
14:26
米大手ベンチャーキャピタルa16z、「2024年に期待する9つの仮想通貨トレンド」を発表
米大手VCアンドリーセン・ホロウィッツは、2024年に仮想通貨領域で期待されるトレンドのリストを発表。分散化、人工知能(AI)、顧客体験の向上などの9項目に言及した。
12:30
米下院エネルギー委員会、ブロックチェーン促進法案を可決
米国の下院エネルギー・商業委員会は、ブロックチェーン技術や分散型台帳技術を促進する法案を可決した。米国の競争力強化が期待される法案となる。
12:23
ビットコイン上昇一服、主要アルトはイーサリアム前日比5.6%高、ソラナ(SOL)12.1%高に
暗号資産(仮想通貨)市場では高騰していたビットコインが一服し、アルトコイン相場ではイーサリアムが上昇した。ソラナ(SOL)エコシステムではエアドロップされたJito Networkのガバナンストークン「JTO」が高騰するなど反響を呼んだ。
11:45
サム・アルトマン支援のMeanwhile Group、1億ドルのビットコイン運用ファンドをローンチ
Meanwhile Advisorsが仮想通貨ビットコインに焦点を当てたプライベートクレジットファンドを立ち上げ。BTCで5%の利回りを提供し、2024年第1四半期までに1億ドル調達の計画。OpenAIのサム・アルトマンが支援するMeanwhile GroupはBTCベースの生命保険ビジネスも展開。
11:00
ブロック社、BTCのセルフカストディウォレットをローンチ
米ブロック社は、仮想通貨ビットコインのセルフカストディウォレットBitkeyをローンチ。ウォレットの特徴や仕組み、出荷時期などが明らかになった。
10:40
ソラナDeFi「Kamino Finance」、将来エアドロップ向けのポイントシステムを開始予定
仮想通貨PYTHやJTOなどソラナプロジェクトの無料配布が注目を浴びる中、ソラナDeFi「Kamino Finance」は将来のエアドロップに向けてポイント制システムを導入すると発表した。
10:15
バイナンス、UAEアブダビでの投資ファンドライセンス申請取り下げ
大手仮想通貨取引所バイナンスは、UAEアブダビにおける投資ファンドのライセンス申請を取り下げた。グローバル戦略見直しの一環とみられる。
08:25
米国株AI銘柄上昇 日銀総裁発言で円高進む
米国株は来年の米利下げへの行き過ぎた期待との指摘が散見される中、AI関連株ではグーグルのGemini発表や、AMDの新たなAIチップ発表などがAI相場上昇への追い風となった。
07:50
仮想通貨Jito(JTO)、バイナンスやBybitにも上場 価格高騰
ソラナの大手リキッドステーキングJitoのガバナンストークン「JTO」は昨夜、仮想通貨取引所大手コンベースやバイナンス、Bybitに上場し価格が暴騰していた。
07:40
Uphold、補助型のセルフカストディウォレット提供へ
Web3金融プラットフォームUpholdは、補助型のセルフカストディウォレットをローンチ。まずは仮想通貨XRPに対応し、今後はビットコインなどにサポートを拡大する。
07:05
SECのビットコインETF審査 最終段階か=ロイター報道
米証券取引委員会(SEC)と申請企業の間で重要な技術的な詳細について協議が進んでおり、近く仮想通貨現物ビットコインETFを承認する可能性があることが示唆された。
12/07 木曜日
17:00
「Beyond The Price」、未公開内容や過去のまとめを配信
第11回のGM Radio:Beyond The Priceは2日に公開。仮想通貨ビットコインなどについて過去の配信をまとめ、未公開の内容も追加した。
15:00
「ビットコインETF承認は機関投資家を後押しする決定打となる」米ARKのウッドCEO
米ヘッジファンドARK Investのキャシー・ウッドCEOは、米証券取引委員会によるビットコイン現物ETFの承認は、仮想通貨投資を検討している機関投資家に対し、「確定的なお墨付き」を与える可能性があると述べた。
14:30
仏大手銀行がイーサリアムでステーブルコイン「EURCV」を初発行
ソシエテ・ジェネラルがイーサリアムでユーロ連動ステーブルコインEURCVを発行。暗号資産(仮想通貨)取引所Bitstampに上場。入出金時にはKYC(顧客確認)およびAML(資金洗浄防止)コンプライアンス手続きが適用される。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2023/12/08 12:00 ~ 13:00
その他 オンライン
2023/12/12 14:00 ~ 16:00
その他 オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧