CoinPostで今最も読まれています

デジタルカレンシーグループとジェネシス、債務返済計画に破談の可能性浮上

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

再編成プランの暫定合意の離脱

暗号資産(仮想通貨)コングロマリット企業Digital Currency Group (DCG)は25日、融資部門子会社Genesis Capitalの再編成プランの暫定合意から一部債権者が手を引いたことを報告した。

再編成プランが承認されない場合、DCGが抱えるGenesisへの債務の支払い期限が23年5月に迫ることとなり、DCGの保有するGBTCなどの資産の強制売却に直面する可能性がある。

そのためDCGは、裁判所に破産手続きの仲介者を任命するよう新たに求めている。この動きは、再編成プランの承認に向けて、再調整を進めたいというDCG側の意向が示されている。

関連:DCGとジェネシス、債務整理などで債権者グループと合意

2月に合意が成立した再編成プランは、1月に米連邦破産法11条(チャプターイレブン)にもとづいた破産申請を行ったGenesisとその親会社であるDCGが、Genesisの債権者に提示した再編計画。

DCGとは

大手仮想通貨コングロマリット企業。6つの子会社を持ち、200以上のブロックチェーン関連スタートアップと50以上の仮想通貨ファンド、プロジェクトに投資している。主な子会社には、投資会社グレースケール、ビットコインマイニング企業Foundry、ジェネシス・グローバル・キャピタル、仮想通貨メディアCoinDeskなどがある。

▶️仮想通貨用語集

この計画は、DCGがGenesisに対して支払うべき約800億円(5億7,500万ドル)の債務をローンの借り換えによって2024年6月まで繰り延べ、Genesisの売却またはその株式を債権者に譲渡する内容だった。

1月時点、DCGが抱えていたGenesisへの債務は「約600億円(約4.5億ドル)と4,550 BTC(約100億円(7,800万ドル)相当)」であり、これらの満期は23年5月に迎えることがDCGにより明かされていた。DCGはこれらの資金で自社株買いの他、仮想通貨投資や公開市場でのGBTC購入を行ったという。

関連:DCGのCEO、ジェネシスとの企業間融資について説明

再編成プランが成立している限り、DCGは資産の強制売却を免れ、資金繰り問題を緩和できた。その間、DCGはGenesisの売却を試み、その資金によってGenesis Capitalが債権者に対して負っている債務(3.4億ドル)の返済を目指していた。

資金調達は困難か

分析会社PeerIQのCEOであるRam Ahluwalia氏の見立てによれば、現在DCGは債務返済に向けた資金調達に意欲を示している。しかし、時間的に新たな資金調達が困難な状況だ。

DCGは2022年末時点で350億円(2億6,200万ドル)しか現金を保有していなかったことがわかっている。また、投資先ポートフォリオの売却や、DCG子会社である投資会社Grayscale Investments、仮想通貨メディアCoinDesk、米最大手ビットコインマイニング企業Foundryなどを活用した融資を行った形跡がないことから、問題の解決に向けて別の解決策を探していることが示唆されている。

なお、DCGは2022年8月に約630億円(4億6500万ドル)相当のGBTCを利回りサービスGemini Earnに担保として差し出しており、その約半分はすでにGemini側で清算されている。残りの半分は値上がりしているものの、仮にDCGがこれらを売却してもGenesisへの債務返済としては3〜4億ドル不足している状況だ。

Ahluwalia氏によると、当面の注目点はGenesisの4,500 BTCの融資期限を迎える5月11日とされる。BTC価格が3万ドル(400万円)だった場合、1億3500万ドル(180億円)に相当する。この債務額はビットコインの値上がりによってさらに拡大する状況にある。

出典:YChart

融資契約のデフォルトリスクにより、DCGの保有資産が清算される可能性が懸念される。ベンチャー投資株式やGBTC、その他のトークン投資のうち流動性が高い資産と流動性が低い資産がどれだけ含まれているかは定かではない。

こうした不確実性の影響で、ディスカウント率が-35%まで持ち直していたビットコイン投資信託(GBTC)は、再び-40%まで下落している。

関連:仮想通貨融資企業ジェネシスが破産申請、ジェミナイやヴァンエックら債権者に

5月9日から11日の債務返済期限

米国の仮想通貨取引所Geminiは、DCGが子会社であるGenesisに対して866億円(6.3億ドル)の債務を支払えない場合、デフォルト発生のリスクがあると主張している。

Gemini EarnはGenesisの主要な貸付パートナーだったが、2022年11月にGenesisが引き出しを停止して以降、Gemini Earnユーザーの資金で約1,200億円(9億ドル)の債権を有している。

Geminiは4月28日の更新で、Genesis側と30日間の調停プロセスを開始することで合意したと発表。声明の中で、5月9日から11日の間に、DCGがGenesis破産財産に対して6.3億ドルの支払い期限を迎えることになると言及した。また、DCGが債務の支払いや再構成ができない場合、DCGはその債務をデフォルトするリスクがあるとした。

デフォルトが発生すれば、DCGの信用力低下により資金調達が困難になり、市場参加者の信頼度は低下し、仮想通貨市場全体に不安が広がる可能性がある。

Geminiとしては、5月8日までにGenesis側と調停会議を設定し、Earnサービスの利用者だけでなく、すべての債権者を含むGenesisの破産計画の解決を図ろうとしている。

GBTC(グレースケールビットコイン投資信託)とは

GBTCはビットコインの価格と連動した投資信託で、一般の株式と同様に売買が可能。機関投資家や米証券取引委員会(SEC)から認められた認定投資家を対象に提供されており、投資家にとってはビットコインの現物を売買・保有しなくて良いというメリットがある。

▶️仮想通貨用語集

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/21 日曜日
11:31
1000万円台回復の今週のビットコイン相場分析、来週はトランプ登壇のBitcoin 2024に注目|bitbankアナリスト寄稿
bitbankアナリストが、大統領選を見据えたトランプトレードの影響で1000万円を回復した今週の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン相場を分析。Bitcoin 2024への関心は高い
11:00
週刊仮想通貨ニュース|トランプ氏のBTCカンファレンス出席意向に高い関心
今週は、ドナルド・トランプ前大統領のビットコイン・カンファレンスへの出席意向、コインベースの仮想通貨市場分析、トランプ氏の人事計画に関するニュースが最も関心を集めた。
10:00
今週の仮想通貨市場 個別銘柄の注目材料まとめ|マウントゴックスのビットコイン送金・ワールドコイン売却制限延長など
今週はビットコインが1ヶ月弱で66,000台に復帰し、アルトコイン銘柄の多くが連れ高になった。マウントゴックスの弁済による売圧が予想以下であり、トランプ氏が当選確率を上げたことで投資家に好感されている。
07/20 土曜日
14:00
ネクソン、NFTゲーム『メイプルストーリーN』のシナジーアプリなどを発表
大手ゲーム企業ネクソンの子会社NEXPACEは「メイプルストーリー・ユニバース」エコシステムのローンチとその仕組みを発表した。
12:00
テレグラムのTON基盤ゲームPixelverse、独自の仮想通貨エアドロップ実施へ
テレグラム上で稼働するTONブロックチェーン基盤の「タップして稼ぐ(tap-to-earn)」ゲーム Pixelverseは独自の仮想通貨を発行し、ユーザーへエアドロップする予定だ。
11:00
世界でマイクロソフトITに大規模システム障害 仮想通貨への影響は?
世界各国のマイクロソフトITシステムに障害が発生した。分散型システムを取る仮想通貨に注目が集まったとする意見が上がっている。
10:00
Apple Payでミームコイン売買、ソラナ基盤「Moonshot」アプリ
Moonshotは19日にローンチされたばかりのiOS版アプリで、初めからApple Pay決済を利用することができる。
09:15
ソラナDEXレイディウム、ユニスワップの30日間手数料超え 高速チェーンへの高い需要を反映
ソラナのネットワーク基本手数料はイーサリアムの126分の一だが、処理速度が速く低コストで取引できるため、政治テーマや犬・ねこのミームコインへの高い取引需要で利用回数を大幅に増やしている状況だ。
08:10
伊国営金融機関、ポリゴン上でデジタル債券の取引に成功
仮想通貨ポリゴンのブロックチェーンを活用し、伊国営金融機関CDPがデジタル債券の取引に成功。これは、欧州中央銀行の実験の一環だという。
07:35
コインベース、仮想通貨3銘柄上場廃止 
米仮想通貨取引所大手コインベースは20日、Coinbase.com、Coinbase Exchange、Coinbase Primeにて、3銘柄の取引停止を実施した。
07:00
Mt.Goxの弁済進捗65%、ウォレット残高に1000億円相当のビットコイン 
経営破綻したマウントゴックス(Mt.Gox)のウォレットには、まだ1,000億円相当のビットコイン(90,344 BTC)が残っており、65%ほどの弁済が行われている。クジラの買い増し機会として利用される可能性が出てきた。
06:20
フィデリティ含む5つのイーサリアム現物ETF、7月23日に登場へ
米デリバティブ取引所Cboeによると、フィデリティやヴァンエックなどのイーサリアム現物上場投資信託(ETF)は7月23日に取引を開始する予定だ。
07/19 金曜日
17:23
イーサリアムの将来価格 ETF承認後の影響とテック株との比較
2024年5月に承認された暗号資産(仮想通貨)イーサリアムの現物ETFの影響と、株式市場上場後の将来価格を市場アナリストの見解を交えて解説。手数料収益に基づくテック株との比較も詳述。
16:08
JBA、暗号資産に関する税制改正要望を政府へ提出
日本ブロックチェーン協会(JBA)が2025年度の暗号資産(仮想通貨)税制改正要望を政府に提出した。申告分離課税や損失の繰越控除、暗号資産デリバティブ取引の適用、寄附税制の整備などを提案し、暗号資産の普及と市場活性化を図る。
13:15
香港当局がステーブルコイン規制法案を発表 今年中に立法会提出予定
香港の金融規制当局は、ステーブルコイン発行企業に対する規制導入についての公開協議結果を発表。今年中にステーブルコイン規制法案を香港立法会に提出する予定であると述べた。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア