CoinPostで今最も読まれています

ソーシャルとライフスタイルの融合「BOOOST」 旅行先でトークンを貯めて大切な人に会いに行こう

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

BOOOSTとは

BOOOSTは、仲の良い人との距離をもっと縮めるweb3ソーシャルアプリです。旅行中にトークンを獲得して、友達に会ったり、一緒に遊んだりすることができます。

BOOOSTの目標は、オフラインのより多くの人々を繋ぎ、日常生活に欠かせないようなアプリを開発することです。

ウォーキングやドライブといった日常生活の移動時間や知り合いのユーザーとの交流をゲームに反映して暗号資産(仮想通貨)トークンを獲得するなど、日ごろのライフスタイルをトークン経済圏に最適化することができます。

本記事では、ソーシャルアプリゲームの新たな在り方を模索するプロジェクトであるBOOOSTについて詳しく紹介。基本的な概要をはじめ、トークンエコノミクス、ゲーム設計、運営・開発チームの紹介まで解説します。

オープンベータ版稼働開始

オープンベータ版のBOOOSTは、App StoreまたはGoogle Playからダウンロードすることができます。

アカウントを作成することで、キャンペーンには自動で応募されます。

NFT(非代替性トークン)無料Mintのホワイトリスト(WL)権を得るためには、まずdiscordにジョインして、「日本の国旗」マークを選択すると、日本語のチャットページにアクセスできます。

その後、dicord内の「#join-booost」チャンネルに移動し、「Secure your WL」をクリック。表示されたコード「!booostme」をアシスタントbotの「Billy」にメッセージ送信すると、イーサリアムのウォレットアドレス登録ページに案内されます。

BOOOSTで初期排出される“Genesis”コレクションのNFTは、イーサリアム(ETH)上で無料生成可能です。BOOOSTエコシステムで重要な役割を果たすNFTであり、収益性の向上やエアドロップなどの保有メリットを予定しています。

1.BOOOSTはライフスタイルを最適化し、交流できるソーシャルアプリ

BOOOSTは、現実世界の日常生活と紐づけてプレイするWeb3ソーシャルアプリです。

アプリ内でユーザーは専用のデジタルIDを持つアバターを作成し、現実のライフスタイルを最適化や他ユーザーとの交流ができます。

BOOOSTは、「中央集権から脱して分散してデータを管理し、独自のエコシステムを生む」というWeb3の根源的な考え方をベースに設計されています。そのため、BOOOST内のアバターやそこで得た報酬に関するデータは、企業や開発者ではなくユーザー自身に帰属する仕様です。

BOOOSTを利用することの最大のメリットは、BOOOSTアプリが構築するWeb3世界と、我々が生活する現実世界をリンクしてプレイできる点にあるでしょう。日常生活の行動、例えば人付き合いやウォーキング、ドライブなどのアクティビティをアプリで記録して可視化して最適化。さらに利用のインセンティブとして暗号資産(仮想通貨)トークンを獲得します。

そういった記録を積み重ねることで、デジタル世界に自分の分身とも呼べる唯一無二の(カスタマイズされた)アバターを作ることが可能なのです。 アバターは、ウォーキングやドライブといった移動手段、ソーシャライズの日常のアクティビティによって、ビジュアル的にも独自の進化を遂げていきます。

2.BOOOSTはETHとAERGOチェーン上に構築

BOOOSTのトークンエコノミクスやゲーム内容、その他詳細情報に入る前に、BOOOSTに用いられるブロックチェーン技術について簡単に解説します。

2023年4月時点で、BOOOSTは「イーサリアム(ETH)」と「AERGO」と2つのブロックチェーン上に構築されています。

「BOOOST」は、Aergoパブリックブロックチェーン上に構築された最初の分散型アプリケーションであり、Aergoによって支援されています。

AERGO Enterpriseは、企業(エンタープライズ)向けに最適化されたブロックチェーンプラットフォームであり、韓国の企業であるBlockoが開発しています。

AERGOはイーサリアムと比較して非常に高性能なチェーンであり、秒間の処理能力を示す「TPS(Transaction Per Second)」はETHの数倍、トランザクション(tx)あたりの送金手数料は1/2000以下です。

BOOOSTの創業者はAergoのCOO/CMOでもあるため、深いサポートと長期的な関係性が期待できます。

3.BOOOSTのトークンエコノミクスとゲームモード

ここからは、BOOOSTのトークンエコノミクスとゲームモードの具体的な内容を解説します。

3-1.トークンエコノミクス

ユーザーは、後述する3つのゲームモードを通して、ユーティリティトークンの「BYL」を獲得可能。BYLは将来的にBOOOSTのガバナンストークン「LIV」や今後発表される特典などと交換することができます。

3-2.3つのゲームモード

BOOOSTには2023年5月時点で、以下の3つのアクティビティモードが実装される予定です。

  • ウォークモード
  • ドライブモード
  • ソーシャルモード

それぞれのゲームモードを詳しくご紹介します。

3-2-1.ウォークモード

アバターは、ユーザーがアカウントにサインアップしてログインすると、自動的に作成されます。

現実世界で歩く事を通じて独自トークンの「BYL」を獲得できます。従来のMove to Earn(M2E)ゲームでは、プレイ開始にあたってNFT購入の初期費用がかかるケースが一般的でしたが、BOOOSTのウォークモードはコストをかけずにプレイ開始できる点がメリットです。

すべてのアクティビティモードは無料で使用できます。

ウォークモードで獲得できるBYLの額は、主に次のような要素に影響されます。

  • アバターのレベル
  • GPS信号強度
  • デバイスの通信速度
  • 移動速度(非公開の速度制限あり)

なお、ウォークモードでBYLを獲得するには、24時間ごとにチャージされる「エネルギー」を消費する必要があります。

3-2-2.ドライブモード

ドライブモードでは、車両に乗っているとき(自身が運転するときだけでなく、タクシーや公共交通機関を利用している場合も含まれる)にBYLを獲得できるゲームモードです。ビークルNFTをmintまたは購入すると、ドライブモードのBYL収益が向上します。

ゲーム内で使用される車両は、「Rental Vehicle(レンタル車)」と「Degital Vehicle(デジタル車)」の2種類。アップグレードは、Degital Vehicleのみ可能です。

Rental Vehicle(非NFT)は全てのユーザーがアバターを作成した段階で利用可能となる車両で、Degital Vehicle(NFT)も無料mint可能。mintは公式discordからホワイトリスト登録する必要があります。

ドライブモードもウォーキングモードと同じく、BYLを獲得するにはデジタル車両の燃料が必須で、こちらも24時間ごとに行われる燃料チャージで回復します。

3–2-3.ソーシャルモード

ソーシャルモードは、友人と一緒に楽しめる「友達をさがす」機能がついています。

現在、ソーシャルモードの追加機能を開発中であり、詳細は今後発表予定です。

4.BOOOSTの運営・開発チームについて

BOOOSTの運営・開発チームのメンバーをご紹介します。

ニックネーム 肩書き 経歴(公式サイトより)
j-dunk Founder BOOOSTの創設者。新しい体験がもたらす可能性を信じ、暗号資産を愛してやまない。
Xaos Strategy 元JPモルガンの銀行家。クリプトの世界に魅了され、BOOOSTの一員として参画した。
NamtowN Product スタートアップ起業家。クリプトの生むポジティブで破壊的な効果の虜となった。
Lep Business Development 元機関投資家向けのFXセールスマン。ブロックチェーン技術による分散化の利点は計り知れないと考え、参加。
Sup Community 哲学専攻の大学卒。BOOOSTがよりユーザーフレンドリーなコミュニティになるよう努める。
Yuri Lead Developer 歴10年以上のベテランエンジニア。ネットワークにおいて複雑な機能を実装する。
One Full Stack Developer 20年以上のキャリアを持つソフトウェアディベロッパー。自身の持つスキルや知見を業界の発展に活かしたいと考える。
The Q Designer グラフィックデザイナー。BOOOSTのオリジナリティある3Dワールドを構築する。

ベテラン開発者から元セールスマン、 起業・スタートアップの経験を持つメンバーまで、多種多様なバックグラウンドを持つメンバーによって構成されていることが分かります。

また、初期段階の資金調達であるシードラウンドには、ベンチャーキャピタル部門の「HG Ventures」、市場動向・プロジェクトリサーチを行う「LAYER.GG」が参加し、支援を表明しています。そのほか、未発表のシード投資家もいます。

5. 総括

BOOOSTは、初期投資のコストをかけずに始められる手軽さが魅力で、無料プレイでもBYLトークンを獲得することができます。NFTを無料作成し、discordを通じてホワイトリストを取得すれば、さらに多くのBYLを獲得可能です。

BOOOST MVP(Minimum Viable Product)とは、ウォーク、ドライブ、ソーシャライズの3つのモードのことを指しています。これらを使って、「大切な人とオフラインで交流するためのソーシャルアプリを完成させる」という長期的なビジョンに向かって、これからも開発・運営していく予定です。

気になった方はぜひプレイしてみて下さい。

関連リンク

Android版Download

iOS版 Download

公式Twitter

公式discord

公式サイト

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/25 木曜日
19:23
ロシア下院、ビットコインマイニング合法化と国際貿易の仮想通貨決済を許可する法案可決か
ロシア下院は、暗号資産(仮想通貨)ビットコインのマイニング(採掘)を合法化し、国際貿易における暗号資産(仮想通貨)利用を許可する法案を可決した。
18:22
SBIが米資産運用大手と新会社設立へ ビットコインETF参入準備か=日本経済新聞
SBIホールディングスが、米運用会社大手フランクリン・テンプルトンと年内を目処に合弁会社を設立する。国内の証券市場でビットコインETF(上場投資信託)が売買できるようになると、税制面で大きな優位性がある。
16:59
STEPN(ステップン)やSTEPN GOでかかる税金の仕組みと確定申告するときのポイント|Aerial Partners寄稿
STEPNとは?ゲームの仕組み ステップン(STEPN)とは、ファインドサトシラボ(Find Satoshi Lab Limited)によって開発されたブロックチェーンゲーム(…
16:16
社会貢献アプリ『ピクトレ』、東京で実証試験へ
仮想通貨ディープコイン(DEP)を発行するDEAは、社会貢献アプリ「ピクトレ」の実証試験を東京で実施。プレイヤーが電力インフラを保全し、新機能を導入して社会貢献を推進する。
15:23
「ハリスは仮想通貨にオープンマインド」スカラムーチ氏が対立煽りをけん制
スカイブリッジ創設者のスカラムーチ氏が、ハリス氏の仮想通貨に対する中立的な立場を示唆し、政治的な対立が仮想通貨エコシステムに悪影響を及ぼさないよう、超党派での支持を呼びかけている。ハリス氏がビットコイン会議の登壇を控える動きを受けて。
14:10
ソラナミームコイン空売りマーケット「dumpyfun」、7月30日よりベータ版開始
ミームコイン市場は今年において最もリターンの高い仮想通貨セクターとなってきた。しかし、ミームコインは他の銘柄に比べてボラティリティがより高いため、暴落時に備えたヘッジへの需要も高い。
14:00
SNPIT(スナップイット)の始め方
SNPIT(スナップイット)はスマホカメラを使って利益を得るGame-Fiエコシステム。ゲーム内容、始め方、ゲーム内ポイントの稼ぎ方、ステーキング方法、暗号資産(仮想通貨)SNPTの買い方まで詳しく解説
10:45
米ハッシュデックス、ビットコインとイーサリアム現物を保有するETFの登録書提出
仮想通貨投資企業Hashdexは、現物ビットコインとイーサリアムを保有するETFで、登録届出書を米証券取引委員会に提出した。
10:20
農産業専門のRWA電子市場「AgriDex」、ソラナチェーンで初の取引を実行
仮想通貨ソラナのブロックチェーン基盤のRWA電子市場AgriDexが初の取引を実行。AgriDexは独自トークンのエアドロップも計画している。
08:00
米大統領選で人気高まる予測市場「ポリマーケット」、アップルペイやクレジットカード利用可能に
バイデン氏が撤退を報告した22日には2,400万ドルの取引高を記録し、同プラットフォームの1日のアクティブユーザー数は過去最高の5,900人に急増した。
07:15
「BTCを米国の準備金に」議員が法案を発表か
仮想通貨ビットコインを米国の準備金にすることを定めた新しい法案を、共和党議員がビットコイン2024で発表する計画であることが報じられた。議員自身も大きな発表を行うことをXで示唆している。
06:45
フェラーリ、米国に続き欧州でもビットコイン決済受付へ
イタリアの高級車メーカー「フェラーリ」は7月末より、欧州で車の購入代金としてビットコインなどの仮想通貨銘柄の受け入れる。昨年10月に米国で初めて開始した支払いオプションだ。
06:25
取引所ビットスタンプ、マウントゴックス債権者へビットコイン支払い開始
ビットスタンプは25日に公式声明で、マウントゴックスの管財人から仮想通貨ビットコインとビットコインキャッシュを受け取り、25日木曜日からビットスタンプの顧客に資産の配布を開始すると伝えている。
05:50
ハリス米副大統領、「ビットコイン2024」に登壇しないことに
ハリス米副大統領は、25〜27日に米ナッシュビルで開催予定の大型カンファレンス「ビットコイン2024」に登壇しない結果となった。
07/24 水曜日
19:00
バイナンス、政治系ミームコイン「PEOPLE」などマージントレードに追加
バイナンスは、新たに9つの銘柄のレバレッジ取引市場を開始。PEOPLEという政治系ミームコインも含まれる。クロスマージンと分離マージンに対応し、資金効率とリスク管理を両立。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア