世界経済フォーラムの試算:ブロックチェーンの台頭によって「120兆円規模」の貿易増が見込める

貿易資金力格差の拡大
アジア開発銀行の調査によれば、現在の貿易資金力格差は1.5兆ドル(約168兆円)であり、2025年までに2.4兆ドル(約268兆円)に達する。
ブロックチェーンの恩恵を受けるのはアジア貿易
分散型台帳などブロックチェーン技術の台頭によって、1.1兆ドル(約123兆円)もの貿易額増加が望める。貿易書類プロセスの75%はアジアで発生しているからこそ、特にアジアの中小企業がその恩恵を受けられる。

現在の貿易資金力格差は約168兆円

世界経済フォーラムは、コンサルティング会社のベイン・アンド・カンパニー(以下ベイン)協力のもと、 貿易・サプライチェーンが享受するブロックチェーンの恩恵についてレポートをまとめました。

ブロックチェーンやAI、Internet of Things(IoT)といった新興テクノロジーがもたらす第4次産業革命は、すぐそこまで来ています。

アジア開発銀行の調査によれば、現在の貿易資金力格差は1.5兆ドル(約168兆円)にも及び、世界の貿易取引のおよそ10%の大きさとされています。

そして、この状況が解決しなければ、この資金力格差は、2025年までに2.4兆ドル(約268兆円)に達するとベインは試算しています。

このような巨額の機会損失は、中小企業がビジネス拡張に不可欠な融資を満足に受けられていないことに端を発すると言います。

ブロックチェーンがアジアの貿易を変革する

世界経済フォーラムとベインの試算によれば、分散型台帳などブロックチェーン技術の台頭により、 概して1.1兆ドル(約123兆円)もの貿易額増加が望めるとのことです。

分散型台帳テクノロジーの恩恵にあずかるのは、特にアジア地域と強調されます。

なぜなら、輸出入に関わる書類プロセスの75%は、アジア発着の貿易手続きで発生しているのです。

今日も貿易企業は、時代遅れな紙ベースのマニュアル手続きに煩わされており、これこそがリアルタイムでの情報収集やトラッキングといった、融資決定における重要材料収集の前に立ちはだかっている壁なのです。

十分なクレジットヒストリーを持たない、特に新興国の中小企業にとって取引情報の収集は、ビジネス拡張の鍵となります。

貿易ファイナンスの変革は東アジアから

世界経済フォーラムは分析を通して、ブロックチェーンこそが障壁を打破する技術であると述べています。

分散型台帳などの技術は、コスト削減と利便性の向上により、貿易・サプライチェーンのファイナンスに革命的な進歩をもたらすと言います。

香港や中国本土、シンガポールなど、東アジア地域におけるブロックチェーンを活用した貿易ファイナンスプロジェクトのローンチが続いています。

中国最高人民法院(日本の最高裁に相当)が、ブロックチェーン記録を法廷での証拠として取り扱い可能と認めるなど、 世界は少しずつブロックチェーンの技術を受け入れ始めているようです。

CoinPostの関連記事

ブロックチェーン技術を使用したビジネスモデルトップ5
ブロックチェーン技術を使用した事業の拡大がだんだんと広がってきている。その中で、この技術を使用したビジネスモデルのトップ5を掲載している。
中国のブロックチェーン産業が「指数関数的」に成長:国を上げて開発を推進
法定通貨を脅かすとして仮想通貨に懐疑的な中国だが、ブロックチェーン産業を国をあげて推進するなど、新時代における”ビジネスチャンス”を逃すまいと躍起になっている。数年先のイニシアチブを取るための開発競争も激化しつつあり、日本も他国に遅れを取らないようにする必要がある。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加