CoinPostで今最も読まれています

債務上限交渉進まず 米国株続落、エヌビディアは時間外で急騰|25日金融短観

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

5/25(木)朝の相場動向(前日比)

    伝統金融

  • NYダウ:32,799ドル -0.7%
  • ナスダック:12,484ドル -0.6%
  • 日経平均:30,682円 -0.8%
  • 米ドル/円:139.3 -0.1%
  • 米ドル指数:103.8 +0.3%
  • 米国債10年:年利回り3.74 +1.3%
  • 金先物:1,959ドル -0.7%
  • 暗号資産

  • ビットコイン:26,389ドル -2.9%
  • イーサリアム:1,804ドル -2.6%

本日のNYダウ・ナスダック

本日のNYダウは−255.5ドルと大幅に続落。ナスダックは−76ドルで取引を終えた。米債務上限の交渉について未だ具体的な合意がなく膠着状態が続いている。

米債務問題の進捗

ブルームバーグ・エコノミクスによると、「長引く交渉の行き詰まりは米経済に悪影響をもたらすだろう。しかし、合意がまとまっても犠牲を伴うものになる」として、最終的な合意で想定される歳出削減では最大57万人が失業になり、観測が高まっているリセッション(景気後退)が深刻化する可能性があると指摘した。

今回の債務上限引き上げの交渉では歳出削減をめぐる財政問題で両党の意見が大きく分かれており、マッカーシー下院議長は24日協議終了後に「状況は幾分好転している」として債務不履行を回避するための交渉妥結に依然として楽観的な見解を示した。

一方、イエレン財務長官は24日に政府が支払いを続けるための資金が6月1日にも枯渇する可能性があると改めて警告し、現在ストレスの兆候が市場に表れ始めていると指摘した。

引き上げ交渉難航を受けて財務省短期証券の利回りは急伸し6月1日満期の財務省短期証券は一時7%を上回る場面があった。

JPモルガンは2011年債務上限交渉における金融市場の値動きチャートを公開した。合意前の6ヶ月、1ヶ月、合意後の1ヶ月、6ヶ月後という範囲となる。

出典:JPモルガン

関連「Xデー」迫る米債務上限問題、考えられるシナリオとその影響

ドル円

米デフォルトリスクなどからの逃避需要が続いており、ドルは対円で1ドル=139円48銭と、昨年11月30日以来の高値を付けた。

出典:Yahoo!ファイナンス

関連仮想通貨市場にも影響する「ドル高」の背景は 相関性や円安要因についても解説

関連NISAで買える、国内・海外のETF(上場投資信託)ランキングTOP3

FOMC議事要旨

5月2、3両日に開催された米FOMCの議事要旨は24日に公開され、インフレ抑制への追加利上げの必要性を巡り参加者の見解が分かれたこと明らかになった。

特に新たな材料ではなく、議事要旨ではデータ依存のアプローチを強調し年内利下げの可能性は低いという。

一方、パウエル議長は先週、過去14カ月間にわたる利上げの遅行効果や金融安定性への懸念を理由に、6月(15日)の利上げ停止はあり得るとのシグナルを送った。

関連世界の投資家が注目する米金融政策決定会合「FOMC」とは|分かりやすく解説

経済指標

  • 5月25日21時30分(木):米1-3月期四半期GDP個人消費(改定値)
  • 5月26日21時30分(金):米4月個人消費支出(PCEデフレーター)
  • 5月29日(月):米国市場休場
  • 6月1日21時15分(木):米5月ADP雇用統計
  • 6月1日22時45分(木):米5月製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)
  • 6月1日23時(木):米5月ISM製造業景況指数

米国株

IT・テック株の個別銘柄の前日比:NVIDIA-0.4%、c3.ai+2.5%、テスラ-1.5%、マイクロソフト-0.4%、アルファベット-1.3%、アマゾン-1%、アップル+1.5%、メタ+1%。

NVIDIA時間外急騰 強気見通し

米大手GPUメーカーのエヌビディアの株価は25日の時間外取引で一時38%急伸し、時価総額が1兆ドルへと近づこうとした。世界の時価総額ランキングでエヌビディアは6位に位置する。

引け後に発表された第1四半期(2-4月)の売上高では過去5年間で最も大きな差で市場予想を上回った結果となったが、FRBの継続的な利上げなどのマクロ環境を背景に需要急減するパソコン部品がGPU事業に打撃を与え、売上高全体の重しとなり、前年同期比13%減の71億9000万ドルとなった。

一方、生成AIが急激に普及しつつあるトレンドを受けて5-7月(第2四半期)売上高見通しでは約110億ドル(約1兆5300億円)としており、平均予想の71億8000万ドルを大幅に上回った。強気な見通しは好材料となった格好だ。

ブルームバーグなどによると、同社のジェンセン・フアンCEOは発表資料で「1兆ドル規模の世界のデータセンターの導入済みインフラは、一般目的からコンピューティング加速に移行していく」と指摘し、AI向けを含むデータセンター用半導体の需要が急増する中で「供給を強化している」と述べた。

仮想通貨関連株連れ安

  • コインベース|58.3ドル(-1.2%/+2.7%)
  • マイクロストラテジー|284.4ドル(-1.6%/-1.3%)
  • マラソン・デジタル|9.4ドル(+1.1%/+2.7%)

関連税制優遇制度「つみたてNISA」で選べる投資信託ランキング

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/19 水曜日
19:07
ビットトレード、アプトスとトンコインの貸暗号資産 高利回り特別募集を開始
ットトレード株式会社はアプトス(APT)とトンコイン(TON)の取扱を開始。併せて、貸暗号資産サービスで、年率20%の高利回り特別募集を開始した。
15:25
バイナンス、アルトコイン3銘柄(通貨ペア)を6月21日に上場廃止へ
大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスは、アルトコイン3銘柄(3つの通貨ペア)の上場廃止を発表した。6月21日 (日本時間12:00)を以て売買できなくなる。
13:50
Notcoin開発者、テレグラムゲームの今後を語る
テレグラム上の人気ミニゲームNotcoinの開発を主導したサーシャ・プロトヴィノフ氏は、持続可能で効率的なサブシステムを構築することで、ゲームを進化させていきたいとの考えを明らかにした。
12:19
SECの証券判断見送りでイーサリアム反発、仮想通貨が低調な3つの理由をCryptoQuantアナリストが解説
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアムの有価証券性をめぐる米SEC調査に終止符が打たれETHが反発。CryptoQuantアナリストは、最近の相場が軟調な理由について、ビットコイン半減期の影響などマイナー売りやETFの資金フローを分析した。
11:40
Bitwise、イーサリアム現物ETFに4億円の初期投資
米仮想通貨投資企業Bitwiseは、イーサリアム現物ETFの詳細についての申請書を更新した。約4億円の初期投資を行うとしている。
10:15
米SEC、イーサリアムを有価証券とみなさず
米SECは仮想通貨イーサリアムに関する有価証券性の捜査を中止し、ETHを証券とみなさない。
09:45
Hashdex、現物ビットコインとイーサリアムの混合ETFをSECに申請
ブラジルの仮想通貨投資企業Hashdexは、現物ビットコインとイーサリアムの両方を保有するETFを米SECに申請した。
09:20
コインベース、先週に続き仮想通貨3銘柄の取引停止へ
米仮想通貨取引所大手コインベースは先週に続き、3銘柄の取引停止予定を発表した。
08:40
ETH現物ETF、米SECは早くに承認か
仮想通貨イーサリアムの現物ETFに対する米SECの要求は厳しくないと発行企業の情報筋が明かした。早くに承認される可能性があるとも述べている。
08:18
Ondoの米国債型ステーブルコイン、ソラナDriftで証拠金として利用可能に
ソラナの最大手オンチェーン・デリバティブ取引所Drift ProtocolはOndo製の仮想通貨ステーブルコインUSDYを担保資産として導入した。
08:00
Phantomスマホウォレット、仮想通貨の価格チャートを導入
Phantomはこれまで価格だけ表示しているが、新機能では保有するトークンをクリックすると、チャートと24時間の変動率を見ることができる。また、トークンのホルダー数と総発行数も掲載。
07:05
「BTCは6万ドルまで下落する可能性」CryptoQuant
仮想通貨ビットコインの価格は6万ドルの水準まで下落する可能性があるとCryptoQuantが分析。相場の勢いが弱まっているとみる背景を説明した。
06:50
Uphold、欧州MiCA法準拠でUSDTなどのステーブルコイン上場廃止へ
仮想通貨取引所Upholdは、欧州のMiCA規制環境に備え、7月1日までに欧州市場でUSDTを含むすべてのステーブルコインを上場廃止する。
06:25
自称トランプ氏の公式ミームコイン「DJT」高騰、未だ真偽不明
ブロックチェーンインテレジェンスサービスArkhamはSNSで、仮想通貨DJTの本当の創造者を特定した人に、15万ドルの賞金をかけると投稿し、プラットフォーム内でバウンティを設定した。
05:50
米クラーケン、ソラナとベース基盤のミームコインの先物を提供
米仮想通貨取引所クラーケンは19日、複数のミームコイン無期限先物を提供し始めた。また、現物取引では銘柄の新規上場も実施した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア