米Robinhoodの取引手数料ゼロの裏側、顧客の注文データ販売で巨大利益

SECへの報告書によって明らかになった注文データ取引
株式や、オプション、仮想通貨取引の手数料をゼロで提供するRobinhoodが、顧客の注文データを他HFT企業に比較的高値で販売し、大きな利益を得ていることが明らかになった。
高まる懸念
その注文データの販売自体は、違法ではないと考えられているものの、過去にRobinhoodのパートナー企業や、顧客がSECによって捜査または、罰金を課せられていることから懸念が高まっている。

SECへの報告書によって明らかになった注文データ取引

先日IPO(新規株式公開)や、最高財務責任者(CFO)への関心を示したフィンテック分野のスタートアップで、株式、オプション、仮想通貨取引の手数料ゼロで提供するRobinhoodが、顧客の注文データを他のHFT(High Frequency Trading、高頻度取引)企業に売却し、大きな利益を得ていることが明らかになりました。

この取引手数料が無料になるという革新的なアイデアによって、一躍フィンテック業界の注目を浴びたRobinhoodは、2013年に創業された後、2017年に13億ドル(約1450億円)の評価を得て、1.1億ドル(約120億円)の資金調達を行い、現在では、56億ドル(約6200億円)の評価を得るところまで成長しています。

しかし、先日2018年第二四半期の報告書がアメリカ証券取引委員会(SEC)に提出されたことにより、同社が顧客の注文データをApex Clearing Corporation、Citadel Securities、Two Sigma Securities、Wolverine Securities、Virtu Financialという5つのHFT企業に販売し、利益を得ていることが明らかになりました。

Robinghoodは、この1つの注文に対し、0.00008ドル(約0.009円)から0.00026ドル(約0.029円)を得ているとされています。この額は、一見非常に安価であると捉えられがちですが、TD AmeritradeやE*TRADEのような企業が同様にHFT企業に販売する額の10倍以上の値段であると考えられています。

Robinhoodの公式ウェブサイトにて、彼らは

金融システムは、全ての人々のためにあるのであって、富だけのために存在しているのではない。

と記述していることや、

私達は、手動での口座運営や数百もの店頭のような他社の取引仲介業でコストがかさんでいるものを排除した結果、手数料ゼロを実現させている

というように言及されていることから、今回の顧客注文データの販売に関して、疑問の声が挙がってきています。

海外投資メディアSeeking Alphaでは、この10倍の値段の差がどのような結果となるのかを以下のように記述しました。

ちょっとした計算をしてみる。平均株式価格が50ドルであると仮定すると、1,000,000ドルの取引高を達成するには、50ドルの株式取引を20,000回行わなければならない。そして、E*TRADEは、この1,000,000ドルの取引高につき22ドルの利益を得ることができる。この利益は、一見小さいように見えるが、彼らは、前四半期において4700万ドル(約52億円)の利益をあげているのだ。しかし、同じ1,000,000ドルの取引高でRobinhoodは260ドルの利益を同じHFT企業から得られることを考慮すると、もし同社がE*TRADEと同規模の取引高にまで成長した場合、論理的に彼らは四半期で5億ドル(約550億円)の利益をあげることができるようになる。

高まる懸念

さらに、Robinhood関連の企業や顧客が過去にSECによる捜査または、罰金を課されていたことから、懸念も高まってきています。

2014年の初めには、Robinhoodのパートナー企業であったヘッジファンドのTwo Sigma Investmentsが、株式分析を目的とした情報収集の調査における事情徴収でSECにより召喚されました。

そして、2017年1月にはRobinhoodの顧客であるCitadel Securities LLCが取引価格において顧客の誤解を招いたとして、2,200万ドル(約24億円)の罰金がSECにより課されました。

さらに、2017年10月には、同じくRobinhoodの顧客であるWolverine Securitiesがインサイダー取引を行なったとして100万ドル(約1億円)の罰金がSECにより課されています。

このように、注文をHFT企業のような他社に販売すること自体は、違法ではないとされており、ビジネス的な面で優れた戦略であると考えられています。

しかし、消費者にとって取引手数料がゼロであることが大きな魅力である裏で、注文が他社に比較的高値で販売されていた事実は、多くのユーザーにとって驚きの事実であったと言えるでしょう。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら