CoinPostで今最も読まれています

コンコーディアム設立者、Solidity House落合氏と特別対談  レイヤー1にプライバシー重視のID管理を融合

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

コンコーディアム会長Christensen氏と落合渉悟氏

2023年5月、規制準拠を可能にするブロックチェーンを提供する 「コンコーディアム」ブロックチェーンの設立者であり、暗号資産(仮想通貨)関連企業の集積地「クリプトバレー」と呼ばれるスイス・ツーク州に拠点を置くConcordium財団会長のLars Seier Christensen氏が来日。ブロックチェーンエンジニアの落合渉悟氏との対談が実現した。

対談では、コンコーディアムがデジタルID(アイデンティティ)管理機能を通じて伝統的な金融とブロックチェーン技術をどのように統合するかというビジョンが焦点となった。

Christensen氏によれば、伝統的な金融セクターには多くの非効率性が存在し、大幅な改善の余地がある。その一方で、分散型金融(DeFi)には匿名性やマネーロンダリング、テロ資金調達への懸念が常について回る。

そんな中でコンコーディアムは、ブロックチェーン基盤にIDレイヤーを導入することで、これらの問題に取り組んでいる。IDレイヤーにより、利用者の身元証明とその管理が可能となり、通常の金融システムが抱える多くの問題が解決するとChristensen氏は主張する。さらに、同氏は規制当局からの圧力が高まるDeFi(分散型金融)プロジェクトにとって、このようなIDマネジメントシステムが必須になるとの見解を示した。

Christensen氏はデンマークでオンライン銀行「サクソバンク(Saxo Bank)」を共同設立し、CEOを20年間務めた経歴を持つ。そして2018年にコンコーディアムプロジェクトを始動し、デンマークのオーフス大学にコンコーディアム・ブロックチェーン・リサーチセンター(COBRA)を設立。専門家チームと共にプロトコルの開発を行っている。

対談相手の落合渉悟氏は、佐賀県にSolidity言語と高いリテラシーを持つエンジニアを育成するためのブートキャンプ施設Solidity Houseを運営。ブロックチェーン開発者・研究者として、公共のDAO(分散型自律組織)を実現するために活動している。スマートコントラクトと法規制に関する深い知見を持ち、パブリックチェーンの社会的実用化に向けた取り組みを日本のブロックチェーン開発者コミュニティを指導しながら進めている。

この対談を通じて、コンコーディアムのIDマネジメント機能により、イーサリアムなど他のレイヤー1ブロックチェーンとどのような差別化が生じるのか。そしてそれが規制当局に準拠するエンタープライズのニーズにどのように対応するのかについて、エキスパートからの見解を得ることができた。

コンコーディアムについて

コンコーディアム(Concordium)は、パーミッションレスのレイヤー1ブロックチェーン。開発者や企業は、このシステム上でスマートコントラクトを利用し、様々な分散型アプリ(Dapps)を構築できる。

コンコーディアムの目指すところは、伝統的な金融業界と新しい技術を融合させ、ブロックチェーンの潜在能力と法的コンプライアンス要件を調和させる新しい金融の形を創出することだ。

IDレイヤーとゼロ知識証明により、プライバシーと説明責任のバランスをとるように設計されている。IDレイヤーにより、コンコーディアムを利用するのは、本人確認を提供する意志があるユーザーだけに限定される。

これにより、ユーザーが識別可能となり、すべての取引の来歴を追跡することが可能。コンコーディアムは世界の規制当局のニーズを満たすことができる。

例えば、Web3 IDウォレットを介して、Dappsからユーザーへ年齢や居住地域などの属性に関する質問を送ることが可能となる。ユーザーは、公開する情報を必要な範囲に限定しながら、ゼロ知識証明に基づいて自身の身分を証明できる。

Christensen氏は「ユーザーが自分自身のIDを管理できるようにするのが我々の目標だ。ユーザーは自身のIDのどの部分を、どのタイミングで公開するかを自由に選択できる」と語った。

このアプローチにより、ユーザーは他者に対して自分自身が信用できる存在であることを証明できる。この原則は、コンコーディアムの哲学の核心であり、Christensen氏は今後のプロジェクトにおいてこれが重要な要素となると信じている。

Christensen氏は、「もしもそれが金融サービスであり、金融資産の取引を伴うものであれば、規制当局が介入するのは避けられないだろう。規制当局の目指すゴールは、消費者保護、自己資本の充実、そしてマネーロンダリングやテロ資金に対する防御策の確立と同意したことを実際に実行に移せるかどうかだ」と語った。

法抑止力を備えたスマートコントラクト

さらに、Christensen氏は企業による個人情報管理に対する懸念を明らかにしている。大手テクノロジープラットフォームにIDを渡す現状は、IDのマネタイズや保護の問題をはらんでいると指摘した。

コンコーディアムが提供するゼロ知識証明と組み合わせた自己主権IDの導入により、ユーザーは自身の情報を必要な範囲に限定して証明することが可能となる。

ゼロ知識証明とは

ゼロ知識証明とは、証明(Proof)プロトコルの一種であり、証明者が「自身の主張は真実である」以外の情報を検証者に開示することなく、その主張が「真実である」と証明するメカニズム。

▶️仮想通貨用語集

例えば、18歳以上であることを証明する際に、ユーザーは住所や社会保障番号を公開することなく、年齢だけを証明できる。このようにして、不要なトラブルに巻き込まれるリスクが排除されると、Christensen氏は説明した。

一方、落合氏は、コンコーディアムが非常にユニークなインフラストラクチャーであると評価。スマートコントラクト・レイヤーを利用し、企業や政府機関など法的な力を持つ組織(法人)と、中央の管理者がいないシステム(トラストレス・システム)を組み合わせる可能性があると指摘した。

「IDリボーキングによる法抑止力」のようなトラストレスなスマートコントラクトパーツを取り入れることにより、市場原理と法の強制力の両方を持つアプリケーションの実行が可能になるという。

実際に、コンコーディアムには法執行機能も備えており、不適切な行動を取ったアカウントは法的措置によりプライバシーが解除され、所有者が特定されるというメカニズムを持つ。

「アノニマス(プライバシー)リボーカー」という機能は、規制当局が発動できるID開示メカニズムだ。ただし、規制当局がユーザーIDの開示を要求するには、裁判所の命令が必要となる。

これらの機能により、ユーザーを騙そうとするノードはアイデンティティを開示され、市場原理に基づいた罰を受けるだけでなく、法的な罰も科される可能性がある。落合氏は、これらの抑止力がコンコーディアムのスマートコントラクトが他のプラットフォームと一線を画す独特な特徴であると評価している。

通常のイーサリアムのスマートコントラクトはマーケット・インセンティブしかありませんが、コンコーディアムはマーケットと法の強制力を備えています。コンコーディアムのスマートコントラクトの特徴は、クリプト経済の中に、市場原理の他に、法執行や法律の原理のようなものがあることです。

コンコーディアムのユースケース

エンタープライズにおける具体的なユースケースを探ると、Christensen氏は、現在、自動車やESGカーボンクレジットの分野で、多くの企業がコンコーディアムに興味を示しているという。

その中でもLars氏は、特に興味深いユースケースとしてデンマークの電力網を取り上げた。同国は、全国の電力を送電システムオペレーター(TSO)によって制御し、電力を1時間単位で売却している。そして、どの生産源からの電力かを記録する方法を求める中で、コンコーディアムを採用している。

デンマークの電力網が完全に実装されると、その規模は約310億円、年間登録数は約800件で、データ量は膨大になる。このユースケースはデンマークだけの話だが、規模が大きい日本ではその20倍になる可能性がある。

デンマークのグリッド会社は、このソリューションを他のヨーロッパのグリッドオペレーターに販売することを目指しており、既にこのシステムの採用を約束した国が3、4カ国ある。数カ国はデンマークよりも大きな国であると、同氏は加えた。

Rustエンジニアリングの可能性

Christensen氏はかつてSaxo BankのCEOを務めた経験から、ブロックチェーンが重要なインフラの一部となるためには、それが堅牢で安全なプラットフォームでなければならないとの認識を強く持っている。

同氏の経験と洞察は、コンコーディアムのプロジェクトに直接反映されている。具体的には、そのブロックチェーンシステムが、コンセンサス層の上に「ファイナリティ層」という安全性を確保するための特殊な層を持つ構造を採用している。この安全な構造により、システムが不正に利用された場合でも、その影響は最新のブロックに限定され、以前のブロックは保護されるというメカニズムが確立されている。

また、Rustというプログラミング言語を選択し、高い安全性の実現を追及している。Rustは、コンピュータのハードウェアやプロセッサーに直接的にアクセスや操作が可能な言語であり、その高いパフォーマンスと安全性が評価されている。Rustはバグや予期せぬエラーを最小限に抑える特性を有しており、その結果、MicrosoftやGoogle、Amazonなどの主要なIT企業でも広く採用されている。

こうした背景から、落合氏は、コンコーディアムにおいてスマートコントラクト開発だけでなく、プロトコル開発言語としてもRustが利用可能な点を高く評価している。この事実は、ブロックチェーンの基盤技術に直接関わることが可能であることを示しており、コンコーディアルで新たな機能の追加や既存の機能の改善など、ブロックチェーンシステムに対するより大きな影響力を発揮する可能性があるという。

Rustエンジニアの皆さんにとっては、コンコーディアムのコアチームという選択肢は非常に魅力的ですし、スマートコントラクトの開発者として後でプロトコルレイヤーを選べるので非常に良い選択です。非常に豊富なチャンスと機会があると思います。日本のエンジニアの皆さんには、ぜひコンコーディアムに触れてみてくださいと言いたいです。

コンコーディアムのウェブサイト上では、現在募集している職種が公開されている。Christensen氏はまた、新たな助成金プログラムや開発者向け教育プログラムの立ち上げを通じて、開発者支援に全力を注いでいると語っている。

この取り組みの一部として、彼は他のブロックチェーンからコンコーディアムへの移行を望む開発者たちへ、スマートコントラクトの書き換えに必要な財源を提供している。また、革新的なアイデアを持つ者たちに対しては、技術的な支援も行っている。

さらに、自己学習が可能なアカデミーや電話によるテクニカルサポートを提供し、開発者に対する仕事の機会を提供するなど、幅広い取り組みを進めていると同氏は語った。

対談の終わりに、Christensen氏は2023年の夏に日本でハッカソンを開催予定であることを明かした。これに対し、落合氏は次のように述べた。

Rustの経験はまだ少ないけれど、スマートコントラクトに興味を抱いている開発者はきっとたくさんいるでしょう。私自身もそうです。Rustでのスマートコントラクト開発経験はそれほどありませんが、その領域に新たな視点をもたらす開発者なら、コンコーディアムのスマートコントラクトにおける新たな原理や、法的強制力を持つ匿名性リボーカーシステムの革新性に気付くはずだと考えています。

落合氏はまた、新しいタイプのDeFiプロトコルやソーシャルdAppsの制作に焦点を当てたハッカソンを、佐賀県にある自身が運営するSolidity Houseでも開催したいという意欲を示した。

『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05/25 土曜日
15:00
参加型地域貢献ゲーム「ピクトレ」 Snap to Earn「SNPIT」とコラボ
参加型社会貢献ゲーム「ピクトレ」が、Snap to Earn「SNPIT」写真共有SNS「ピクティア」とコラボ。2024年6月1日から赤城山エリアで特典キャンペーンと実証試験を実施する。
14:00
秋元康氏プロデュース「IDOL3.0 PROJECT」が施策を発表、NIDT高騰
オーバースが秋元康氏プロデュースのアイドルプロジェクト「IDOL3.0 PROJECT」のWeb3.0施策を発表。暗号資産(仮想通貨)Nippon Idol Token(NIDT)が高騰した。
13:00
ビットコイン採掘会社マラソン、ケニア共和国エネルギー・石油省と協定を締結
米上場ビットコインマイニング企業マラソンは、ケニア共和国エネルギー・石油省との提携を発表した。再生可能エネルギープロジェクトに取り組む。
11:10
イーサリアムの次期アップグレード「Pectra」 25年第1四半期を目標に
イーサリアムの次期アップグレード「Pectra」に関する最新情報。開発者は2025年第1四半期末のローンチを目指して動いている。EOFやPeerDAS、EIP-7702などの新機能が含まれる見込み。イーサリアムは暗号資産(仮想通貨)ETHで駆動するブロックチェーン。
09:55
米コインベース、「超党派法案はSECの主張する管轄権を否定」と指摘
米仮想通貨取引所コインベースは米SECとの裁判で仮抗告を求める最終書面を地裁に提出。FIT21法案が下院を通過したことも議論の補強材料としている。
08:15
JPモルガン、イーサリアム現物ETFの取引開始は大統領選よりも前と予想
仮想通貨の若い投資家や起業家の票数を獲得するために方針転換したバイデン政権がSECにETFを承認するよう仕向けたといった憶測が散見されている。
07:40
ドージコインのモチーフ「かぼす」、天国へ
仮想通貨の代表的なミームコインであるドージコインのモチーフになった芝犬「かぼす」が、息を引き取ったことが飼い主から報告された。イーロン・マスク氏らが哀悼の意を表している。
07:15
アルトコイン銘柄のETFが2025年に実現の可能性、SCBアナリスト分析
CFTCとSECの管轄と権限を明確に分ける仮想通貨業界の重要な法案「FIT21」が22日に米下院で可決されたことも業界にとって追い風となっており、仮に今後法律となった場合、より多くのアルトコイン銘柄のETFがローンチされやすくなると期待されている。
06:10
コインベース、PoWとPoS併用の仮想通貨銘柄「Core」上場予定
コインベースは最近、ソラナ基盤のデリバティブ取引所DriftのDRIFTトークンの新規上場も行った。また、オフショア版コインベースインターナショナルでは、昨日BONKやFLOKIの永久先物取引も開始する予定を明かした。
05/24 金曜日
17:59
コインチェック IEO「BRIL」が注目される3つの理由
暗号資産(仮想通貨)のコインチェックIEO第3弾として注目されるブリリアンクリプトトークン(BRIL)。投資家が期待する3つの理由について、過去の国内IEOとの比較や親会社コロプラの強み、需給面やロードマップなどから期待度を解説した。
17:49
深刻化する仮想通貨の盗難被害を専門家が分析、リスクと対策を解説|KEKKAI共同企画
仮想通貨投資家のGrypto氏がマルウェア被害でデジタルウォレットの資金を抜かれ大きな損失を被った事例が発生しました。さらなるハッキング被害を抑止するため、Web3セキュリティアプリ開発KEKKAIとCoinPostの共同企画で、ハッキングの手法や対策について解説します。
17:40
Omakase、野村ホールディングスから資金調達でWeb3インフラ強化へ
Kudasaiの関連会社Omakaseが、野村ホールディングスからの出資を受け、Web3インフラ・エンジニアリング需要に対応する体制を強化。Avalanche、Eigenlayerなどのノード運営で400億円相当の暗号資産(仮想通貨)の委託を受けており、将来的なステーキング事業の開発も目指す。
14:53
トヨタのサブスク「KINTO」がNFTを用いた安全運転証明の実証実験を開始へ
KINTOは2024年6月から、NFTを用いた安全運転証明の実証実験を開始。トヨタ自動車株式会社のコネクティッドサービス「T-Connect」と連携。安全運転ドライバーの評価証明をSBTとして付与、将来的にリーズナブルな各種モビリティサービス提供につなげる狙い。
13:00
仮想通貨コミュニティのトレンドから見る韓国市場=レポート
韓国のWeb3戦略コンサル企業「DeSpread」は、同国の仮想通貨市場の特性をまとめたレポートを発表。仮想通貨に対するコミュニティの強い関心に支えられ、世界市場で存在感を増していることが明らかになった。
12:16
イーサリアムETFが米国初承認、PMIインフレ懸念で仮想通貨相場は乱高下
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム現物ETFの歴史的なSEC初承認を巡り、期待先行で高騰していたETHが乱高下した。米PMI発表時のインフレ懸念で米株指数が急落したほか、MEV会社Symbolic Capital Partnersの大量売りが影響を及ぼしたと見る向きも。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア