CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨相場は厳しい値動き SECによるバイナンス・コインベース提訴の余波続く

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

マクロ経済と金融市場

7日の米NY株式市場では、ダウ平均株価は前日比91ドル(0.27%)高、ナスダック指数は171ポイント(1.29%)安で取引を終えた。

関連:7月の米追加利上げ観測でAI・IT株下落 アークはコインベース株買い増し|8日金融短観

13日に米消費者物価指数(CPI)を14日に米連邦公開市場委員会(FOMC)発表を控え、年初来高値を更新していたナスダック指数が売られるなど様子見基調が強まった。

インフレ高止まりを背景に、カナダ中銀が市場予想に反して3会合ぶりの0.25%(25bp)の利上げに踏み切ったことで債券売りへとつながり、米10年物国債利回りが上昇した。現在はブラックアウト期間

これを受け、先物金利市場では、次回FOMC後のFRB(米連邦準備制度)政策金利の据え置き(利上げ停止)予想は64.4%まで低下。25bpの追加利上げ予想は前日から14%ほど増加した。

CME FedWatch Tool

1ヶ月前は利上げ停止予想が9割を超えていたが、経済指標やFRB高官発言の変遷に伴い市場の警戒感は再び高まりつつある。追加利上げの継続となれば、株や暗号資産(仮想通貨)などのリスク性資産にはネガティブだ。株式市場は利上げ停止を織り込み上昇してきた経緯もあり、一転してリスクオフに傾くおそれがある。

日経平均株価32,000円を突破するなどバブル後高値を急ピッチで更新してきた東京株式市場では、今週金曜日に株価指数先物・オプション取引の重なる「メジャーSQ(特別清算指数算出)」を控え、株価のボラティリティ(価格変動性)が高まる可能性がある。

高値圏で大幅反落し、出来高を伴った陰線の包み足を形成する中、米FOMCや来週15日~16日の金融政策決定会合に向けた思惑が強まりそうだ。過去数週間に渡り大きく買い越すなど、日本株相場をけん引してきた海外投機筋の動向も注目される。

関連:仮想通貨投資家にもオススメの株式投資、日米の代表的な仮想通貨銘柄「10選」

仮想通貨市況

暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコインは前日比1.81%安の26,392ドルに。

米SEC(証券取引委員会)のバイナンス提訴が報じられた際の仮想通貨急落により先物ロングが一掃された後のショートカバーは実需を伴った買い主体ではなかったために上値追いは続かず。レンジ上限のレジスタンスラインで失速したものと見られる。

結果的にロング・ショートポジションを両面焼きしたような値動きが認められ、昨今の流動性低下の弊害とも言えるだろう。

関連:SECコインベース提訴もビットコイン大幅反発、バイナンス・ショックの下げ幅を全戻し

年初に1BTC=16,600ドルまで大幅下落していたBTC価格はその後反転上昇。4月中旬に31,500ドルを付けるも、主要抵抗帯に阻まれ反落。その後の調整局面では、上値・下値ともに切り下げる下降チャネルから脱せずにいる。

25,300ドルを割り込み21,500ドル(②)まで押し込まれるおそれがある。ローソク足の実体でレンジ上限をブレイクし、28,500ドル(①)まで上昇することができれば相場の流れが変わる可能性もあるが、米規制当局による向かい風が強まる中、FOMCやCPI結果がよほど好感されない限りは容易ではなさそうだ。

BTC/USD 日足

圧力強めるSEC

Binance.USは5日、米SEC(証券取引委員会)から提訴されたことを受け、AXS/USDT、ATOM/USDT、MANA/BTCなど100種類を超える多数の通貨ペアの上場廃止と、機関投資家向けのOTC取引(相対取引)の一時停止を発表した。

暗号資産(仮想通貨)市場の流動性のさらなる低下で、閑散相場に拍車をかける事態が懸念され、バイナンスのネイティブトークンであるBNBが前日比7.5%安となったほか、エイダ(ADA)が6.67%安、ソラナ(SOL)が8.66%安となるなど、特に証券認定されたトークンはいずれも売りが先行している。

Binance.USは「一時停止措置は、今後数週間〜数ヶ月以内に解除される可能性がある。再び利用可能になった場合はユーザーに通知する」とし、「顧客の資産は安全に管理されており、入出金も引き続き機能する」と表明した。

関連:バイナンスUS、通貨ペアを大量廃止

Binance.US内で取引されるビットコインやイーサリアム、USDTなどのステーブルコインは市場価格よりも数%割高なプレミアム価格で売買された。投資家が撤退行動を急いでいることを示している。

背景には、SECが顧客保護のためにバイナンス.US及び関連企業(BAM Management US Holdings、BAM Trading Services)の資産を「一時差し止め命令」を行う許可を裁判所に求めたことがある。

SECは6月5日、米国で未登録証券の販売、および未登録取引所の運営を行ったとしてバイナンスを提訴した。ソラナ(SOL)やポリゴン(MATIC)など13の仮想通貨が、有価証券および投資契約に該当すると主張している。

関連:米SEC、バイナンスとCZ氏を提訴 多くの仮想通貨銘柄を有価証券と主張

一方、翌6日に提訴されたコインベースのブライアン・アームストロングCEOおよび最高法務責任者のポール・グレワル氏は、すでに法に準拠して提供しているとして、ステーキングサービスの提供取り止めや証券認定されたトークンの上場廃止は考えていないとした。

ナスダックに株式上場するコインベースは、長年をかけて「どのデジタル資産を有価証券として分類すべきか」を明確にするため、透明性のあるルールやガイドラインの提示をSECに求めてきたが、SECは十分に応じてこなかったとされる。

投資家保護の大義名分の元、曖昧な線引きのまま“提訴”という市場に大きな影響を及ぼす強硬手段に踏み切ったことに対して批判の矛先が向かっている。

そのような状況にある中、避難先として投資家の関心を集めた分散型取引所Uniswapの日間取引高は41%増となった。PancakeSwapの取引高も急増している。

関連:1年を切った次回ビットコイン半減期へのカウントダウン、市場動向と専門家の予測は?

過去に掲載したマーケットレポート一覧はこちら

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/24 月曜日
17:41
Kaikoが選ぶ暗号資産取引所ランキング ビットバンク、ビットフライヤーなど選出
Kaikoは2024年Q2の暗号資産(仮想通貨)取引所ランキングを発表。日本のビットバンク、ビットフライヤー、コインチェックがトップ30にランクイン。詳細なスコアと評価基準を解説
14:23
香港立法会、Web3と仮想通貨開発に関する小委員会を設立
香港特別行政区立法会は、香港におけるWeb3と仮想通貨の開発に関する小委員会を設立。Jonny Ng議員はWeb3業界の将来の方向性を議論し、効果的な政策提言を行うため、広く世界中の業界識者に意見を提出するよう呼びかけた。
12:44
TONの日間送金量が100億ドル規模に、パンテラキャピタルが追加投資を計画
メッセージングアプリ「テレグラム」内で利用される仮想通貨TONの日次転送量が100億ドルの大台に達した。大手VCパンテラキャピタルはTONへ投資する新たなファンドを準備している。
11:43
「現実資産(RWA)トークン化市場、2030年までに320兆円規模に」米大手コンサルのマッキンゼーが予測
マッキンゼーは、トークン化された現実資産(RWA)の市場規模が2030年までに約320兆円に達するとの予測を発表した。
11:26
ビットコイン続落で2週連続陰線、市場から警戒される3つの下落要因は?
暗号資産(仮想通貨)相場では、ビットコイン週足が2週連続大陰線で64000ドルのサポートラインを割り込んだ。調整局面が意識される中、マイナーの大規模売りなど市場関係者に警戒される3つの下落要因について解説。
06/23 日曜日
11:00
週刊仮想通貨ニュース|米SECのETHの証券性判断に高い関心
今週は、米SECによるイーサリアムの証券性判断、マイナーのビットコイン保有量の減少、自民党議員による仮想通貨についての発言に関するニュースが最も関心を集めた。
10:30
ムード悪化のビットコインは売りシグナル点灯、来週は材料豊富な1週間に|bitbankアナリスト寄稿
bitbankアナリストが、下落中の今週の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン相場を分析。米国大統領選前の初回テレビ討論会など材料豊富な来週の展望を読み解く。
06/22 土曜日
13:30
テクノロジー大手DELLの億万長者CEO、ビットコインに興味示す
米マイクロストラテジーのセイラー会長は、テクノロジー大手DELLのCEOに、仮想通貨ビットコインの希少性をアピールした。
12:30
ソラナブロックチェーンに「ZK圧縮」導入、レイヤー2無しで実現
ソラナブロックチェーン上でゼロ知識処理レイヤーを開発するLight Protocolとソラナのノード技術を提供するHeliusは22日、「ZK圧縮」というソラナのメインネットで直接利用できる技術をリリースした。
10:40
アーサー・ヘイズ氏、仮想通貨市場の上昇可能性語る 農林中金の外債売却計画背景に
BitMEXのアーサー・ヘイズ前CEOは日本の銀行が抱える米国債の問題を背景に、仮想通貨市場が上昇するとの独自見解を語った。
09:50
米フィデリティ、イーサリアム現物ETF申請で7.5億円の初期資金調達
米資産運用大手フィデリティの申請中の現物仮想通貨イーサリアムETFは、流動性提供のためのシードファンディング(初期投資金)で7.5億円を受けたことが判明した。
09:30
英金融大手SCB銀、機関投資家向けの仮想通貨取引業務を準備か
イギリス拠点の多国籍銀行スタンダードチャータード銀行(SCB)はFX部門の一部として仮想通貨取引市場に参入する計画であることが21日に報じられた。
09:00
ソラナはブロックチェーン領域の「macOS」──パンテラ評価
仮想通貨ソラナはブロックチェーン領域のmacOSのようであるとパンテラが評価。その理由を説明し、ソラナが成長していることを示すデータも公開している。
06/21 金曜日
17:00
コナミやネクソン、企業がアバランチを採用する理由 AVAXの役割と買い方を解説
コナミやネクソンがアバランチを採用する理由を解説。暗号資産(仮想通貨)AVAXの役割や購入方法について詳しく紹介。投資家やユーザーに必見の情報を提供します。
14:00
ソラナDePINのHelium Mobile、機器メーカー向けに技術ライセンス供与を開始
分散型5G通信事業を展開するHelium Mobileは、機器メーカー向けに技術スタックのライセンスプログラムを開始すると発表した。独自ネットワークの拡大により、無線インフラ革命の加速を目指す。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア