CoinPostで今最も読まれています

Web3国際カンファレンス「WebX」の楽しみ方|LGG合同AMA

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

2023年7月25日・26日に東京で開催される「WebX」は、Web3関連の事業者はもちろん、学生・社会人を問わずWeb3に深い知見がない個人でも楽しめるカンファレンスとなる予定です。

本記事では、12日にLCA GAME GUILD(LGG)のTwitterスペースで開催された「LGG合同AMA」CoinPost代表・各務の対談を基に、アジア最大規模のWeb3イベントとなるWebXの概要や楽しみ方をご紹介します。

1.アジア最大規模のWeb3イベントとなる「WebX」の概要

「WebX」は、日本国内・海外の主要プレイヤーが一堂に会し、Web3・分散化技術の社会浸透を議論しグローバルビジネス連携を加速させることを目的としたアジア最大規模となるWeb3カンファレンスです。既に本カンファレンスには50か国以上から15,000を超える参加者・200を超える登壇者・150以上の出展者・100以上のメディアパートナーが登録しています。

登壇者は岸田総理を筆頭にした政府関係者や、世界的ブロックチェーンプロジェクトのCEO、投資家、著名人からAIロボットまで様々。仮想通貨・Web3に関する知識レベルを問わず楽しめるイベントとなっています。

登壇者によるセッションの他にも、Web3技術のワークショップや3日間のハッカソン、50を超えるサイドイベント・交流パーティーなど多種多様なコンテンツが開催されるため、参加の際は出席したい催しを事前に選んでおくと良いでしょう。

なおWebXはグローバルな登壇者や出展者が多いですが、外国語が話せずとも内容を理解し交流できるよう、AI翻訳ツール「POCKETALK」の導入などの翻訳サポートが充実しています。

参加チケットの費用(割引適用前)は以下のとおりです。

  • STUDENT(学生):$80
  • GENERAL(一般):$340
  • VIP:$4,000

一般チケットには2日間のスピーカーステージ・出展者エリアへの入場券のほか、公式アフターパーティーの参加券が含まれます。VIPチケットでは一般チケットに加えて、VIP専用受付・VIPラウンジの利用やステージ最前列シートの確保、VIP専用パーティーへの参加券などの特典付です。

2. WebXが投資家・事業者にもたらす可能性

CoinPostは、この時期にカンファレンスを開催することで、日本のWeb3市場に大きなインパクトを与えられると考えています。

その背景として、日本国内では2020年頃から政府による積極的なWeb3の推進が始まり、企業の参入や資金流入が大きく増加しました。国内政府や事業者、海外事業者の関心が高まったタイミングだからこそ、岸田総理など政府関係者や世界的プロジェクトの有力者を招いた大規模なカンファレンスが実現できたと言えます。

そして、WebXへの参加を通じて得られるものは個人・事業者を問わず非常に大きいでしょう。

WebXに参加し、業界の第一人者や企業から直接プロジェクトや動向に関する話を聞くことで、弱気相場の先にある次の強気相場に向けた投資判断に役立てることも可能です。また、登壇者の半数以上を国外のスピーカーが占めているため、日本国内では得られない貴重な情報を得て、グローバル規模でWeb3市場の全体像を掴める点も魅力です。

また事業者にとっては、自社事業に今後Web3・ブロックチェーン技術を統合してゆく場合、専門サービスを提供する企業との協業が効果的です。世界中から事業者が集まるWebXなら、国内・海外を問わず将来的に協業できる可能性を秘めた他事業者と交流する場として大いに活用できます。

3. WebXは様々な楽しみ方ができるカンファレンス

WebXではバラエティーに富んだ数々のセッションが開催されるため、Web3に関する知識レベルに関わらず楽しめるのが魅力です。そこで続いては、個人向けにWebXの楽しみ方を紹介しましょう。

3-1. Web3初心者向けの楽しみ方

WebXでは、Web3市場に興味はあるが詳しくない、といった方でも楽しめるセッションも多数用意されています。例えば、以下が挙げられるでしょう。

  • bitFlyer代表取締役社長・加納裕三氏と西村 博之氏による「ビットコイン・Web3は世の中に必要か?」をテーマにしたディベート(7/25 12:15~)
  • AIロボットDesi (Desdemona)によるWeb3の未来予想(7/21 13:40~)

気軽に楽しみながら、仮想通貨やWeb3市場の概況や将来性について知れる機会となるでしょう。

3-2. Web3情勢を深く知りたい方向けの楽しみ方

国内外のWeb3情勢について最新動向や詳しい情報を知りたい方向けにも、興味深いセッションの数々が開催されます。

  • Yuga Labs CEO・Daniel Alegre氏と経済産業省課長補佐・板垣和夏氏の対談(7/25 10:30~)
  • Bitcoin.com創設者であり億万長者・Roger Var氏によるビットコインの今後について(7/25 13:30~)

NFT事業で最大の成果を収めた企業といっても過言ではないYuga Labs社CEOと経産省関係者がどういった対談を行うのか、興味がある方も多いでしょう。なお、Yuga Labs社CEOが日本の公式イベントに参加するのは今回が初めてです。

3-3. 学生向けの楽しみ方

学生向けのトークテーマがあるのも、WebXの魅力の一つ。例えば、就職で人気のコンサル会社が論じる「これからの社会で求められる人材像」について理解を深めることで、就職活動を有利に進められるでしょう。日本にいながら海外企業で働きたいと考える方は、イベントやブースの交流を通じて外国企業に就職するきっかけを得られるかもしれません。

上記のように、自身の立場に応じた立ち回りをすれば、Web3の流れを知る機会になるだけでなく、胸躍るここでしか味わえない体験ができるでしょう。

3-4. サイドイベントをメインにした楽しみ方

WebXが開催されるのは平日なため、仕事や学校の関係でメインのカンファレンスには参加できない方も多いでしょう。その場合は、50を超えるサイドイベントへの参加を通じてWebXを楽しみ、有益な時間を過ごせます。

サイドイベントの多くはメインイベントが終了する18時~18時30分の後に開催されるため、仕事や学校の後に参加して情報収集・交流が可能です。サイドイベントへの参加条件は各イベントで異なるため、イベント一覧をご参照下さい。

公式サイドイベント一覧はこちら

4.WebXは立場によらず楽しめるカンファレンス

国内のみならず海外から多くの企業やスピーカーが集まる、アジア最大規模のカンファレンス「WebX」。2023年7月25日から26日にかけて東京で開催される当イベントは、海外・日本の事業者や投資家の懸け橋となるでしょう。

WebXの楽しみ方は、参加される方によって異なります。Web3関連の事業を手掛ける、もしくはこれから展開しようと考えている事業者は企業同士の連携を、個人参加者は興味深い数々のセッションを楽しみましょう。

WebXはオンライン配信の予定がなく、現地参加者のみに向けて実施されます。グローバルな視点から見たWeb3市場の全体像や、今後の投資可能性、他企業とのコラボレーションに興味のある方は、ぜひ会場にお越し下さい。

WebX特設ウェブサイトはこちら

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/21 日曜日
11:31
1000万円台回復の今週のビットコイン相場分析、来週はトランプ登壇のBitcoin 2024に注目|bitbankアナリスト寄稿
bitbankアナリストが、大統領選を見据えたトランプトレードの影響で1000万円を回復した今週の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン相場を分析。Bitcoin 2024への関心は高い
11:00
週刊仮想通貨ニュース|トランプ氏のBTCカンファレンス出席意向に高い関心
今週は、ドナルド・トランプ前大統領のビットコイン・カンファレンスへの出席意向、コインベースの仮想通貨市場分析、トランプ氏の人事計画に関するニュースが最も関心を集めた。
10:00
今週の仮想通貨市場 個別銘柄の注目材料まとめ|マウントゴックスのビットコイン送金・ワールドコイン売却制限延長など
今週はビットコインが1ヶ月弱で66,000台に復帰し、アルトコイン銘柄の多くが連れ高になった。マウントゴックスの弁済による売圧が予想以下であり、トランプ氏が当選確率を上げたことで投資家に好感されている。
07/20 土曜日
14:00
ネクソン、NFTゲーム『メイプルストーリーN』のシナジーアプリなどを発表
大手ゲーム企業ネクソンの子会社NEXPACEは「メイプルストーリー・ユニバース」エコシステムのローンチとその仕組みを発表した。
12:00
テレグラムのTON基盤ゲームPixelverse、独自の仮想通貨エアドロップ実施へ
テレグラム上で稼働するTONブロックチェーン基盤の「タップして稼ぐ(tap-to-earn)」ゲーム Pixelverseは独自の仮想通貨を発行し、ユーザーへエアドロップする予定だ。
11:00
世界でマイクロソフトITに大規模システム障害 仮想通貨への影響は?
世界各国のマイクロソフトITシステムに障害が発生した。分散型システムを取る仮想通貨に注目が集まったとする意見が上がっている。
10:00
Apple Payでミームコイン売買、ソラナ基盤「Moonshot」アプリ
Moonshotは19日にローンチされたばかりのiOS版アプリで、初めからApple Pay決済を利用することができる。
09:15
ソラナDEXレイディウム、ユニスワップの30日間手数料超え 高速チェーンへの高い需要を反映
ソラナのネットワーク基本手数料はイーサリアムの126分の一だが、処理速度が速く低コストで取引できるため、政治テーマや犬・ねこのミームコインへの高い取引需要で利用回数を大幅に増やしている状況だ。
08:10
伊国営金融機関、ポリゴン上でデジタル債券の取引に成功
仮想通貨ポリゴンのブロックチェーンを活用し、伊国営金融機関CDPがデジタル債券の取引に成功。これは、欧州中央銀行の実験の一環だという。
07:35
コインベース、仮想通貨3銘柄上場廃止 
米仮想通貨取引所大手コインベースは20日、Coinbase.com、Coinbase Exchange、Coinbase Primeにて、3銘柄の取引停止を実施した。
07:00
Mt.Goxの弁済進捗65%、ウォレット残高に1000億円相当のビットコイン 
経営破綻したマウントゴックス(Mt.Gox)のウォレットには、まだ1,000億円相当のビットコイン(90,344 BTC)が残っており、65%ほどの弁済が行われている。クジラの買い増し機会として利用される可能性が出てきた。
06:20
フィデリティ含む5つのイーサリアム現物ETF、7月23日に登場へ
米デリバティブ取引所Cboeによると、フィデリティやヴァンエックなどのイーサリアム現物上場投資信託(ETF)は7月23日に取引を開始する予定だ。
07/19 金曜日
17:23
イーサリアムの将来価格 ETF承認後の影響とテック株との比較
2024年5月に承認された暗号資産(仮想通貨)イーサリアムの現物ETFの影響と、株式市場上場後の将来価格を市場アナリストの見解を交えて解説。手数料収益に基づくテック株との比較も詳述。
16:08
JBA、暗号資産に関する税制改正要望を政府へ提出
日本ブロックチェーン協会(JBA)が2025年度の暗号資産(仮想通貨)税制改正要望を政府に提出した。申告分離課税や損失の繰越控除、暗号資産デリバティブ取引の適用、寄附税制の整備などを提案し、暗号資産の普及と市場活性化を図る。
13:15
香港当局がステーブルコイン規制法案を発表 今年中に立法会提出予定
香港の金融規制当局は、ステーブルコイン発行企業に対する規制導入についての公開協議結果を発表。今年中にステーブルコイン規制法案を香港立法会に提出する予定であると述べた。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア