CoinPostで今最も読まれています

イーサリアムL2「zkSync」、新証明技術「Boojum」をメインネットでテスト稼働

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

機能と拡張性を向上へ

暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)のL2「zkSync」は17日、「zkSync Era」の新たな証明システム「Boojum」がメインネット上で稼働を開始したことを発表した。

Boojumを開発した目的は、現在の証明システムの拡張性を向上させることとネットワークの分散性を高めること。すでにメインネットにローンチしているが完全には移行しておらず、既存のシステムと並行して稼働しており、まだテスト段階だと説明している。

L2とは

「レイヤー2」の略で、「2層目」のネットワークのこと。全ての取引をメインチェーンで処理すると負荷が大きくなり、処理速度の低下やネットワーク手数料の高騰につながる。取引の一部をL2で行うことで、メインチェーンの負荷軽減や処理速度の向上を期待することができる。

▶️仮想通貨用語集

関連ブロックチェーンのレイヤー2とは|種類や注目点、代表的なネットワークを解説

zkSyncのミッションは、個人の自由を促進すること。このミッションを達成するためにブロックチェーンを活用し、デジタルの自己所有権を万人が主張できるように取り組んでいる。

zkSyncのチームは、この時に活用するブロックチェーンは、信頼を必要せず、安全で拡張性が高く、自由参加型でなくてなならないと説明。Boojumは、このミッション達成のために重要な役割を果たすとした。

関連イーサリアムL2「zkSync」、zkEVMのメインネットのアルファ版を全ユーザーに提供開始

Boojumの概要

具体的にBoojumは、ネットワークのパフォーマンスを向上させる。現在の証明システムでも効率性は高いが、これからL3で多くのチェーンが「Hyperchain」として稼働すると、トランザクションを処理しきれなくなるとzkSyncのチームは指摘。Boojumは、処理能力の向上に貢献する。

関連イーサリアムL3「Pathfinder」、パブリックテストネットにローンチへ

また、もう1つの主な役割は分散化の促進。Boojumの導入によって、消費者が使用するレベルのコンピューターでも証明を作成できるようにして参入障壁を下げ、ネットワークの分散性を高めるとした。Boojumのネットワークには、GPUのRAMが16GB(ギガバイト)のコンピュータで参加できるようになると説明している。

「Decrypt」によれば、zkSyncを開発するMatter LabsのAlex Gluchowski CEOは「8GBでも証明を作成できる」と説明した模様。Gluchowski氏は、競合のプロジェクトのネットワークでは通常、証明に500GB超が必要だと指摘した。8GBという水準は、ゲームコンピューターと同水準だとも説明している。

なお、今回の発表は、一連の発表の1回目。zkSyncは、これからテストの進捗状況やパフォーマンスの詳細などを改めて共有していくとした。

関連高速かつガス代安価な分散型取引所「ZKSwap」、ZKSync Eraでローンチ

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
08:20
イーサリアム財団、Krakenに20億円相当のイーサリアムを入金
追跡データによると、仮想通貨ETHの価格が3,300ドルを超えた時点で入金された模様だ。このウォレットは財団が持つもので、2017年4月に合計39,006 ETHがETH開発者コミュニティウォレットから入金された。
07:45
ビットコイン、保有者の97%が含み益に
ビットコインは28日に6万ドルの節目を突破。仮想通貨分析企業IntoTheBlockはビットコイン保有者の97%が含み益の状態にあると報告した。アルトコインのデータも投稿している。
07:30
BTC採掘の上場企業マラソン、ビットコインL2「Anduro」をローンチ
マラソンがローンチするビットコイン・サイドチェーンは、「マージマイニング」と呼ばれるプロセスを採用。参加マイナーは、ベースレイヤーでビットコインの採掘を中断することなく続けながら、Anduroのサイドチェーンで発生するTXからビットコイン建ての収益を得ることができるようになるという。
06:45
ビットコインETF発行企業VanEck、RWA型NFTのプラットフォームをローンチ
腕時計やワインのトークン化 ビットコイン現物ETF「HODL」の発行企業であるVanEckはNFT市場に参入する。28日に、独自のNFTプラットフォーム「SegMint」をロー…
05:45
ビットコイン一時64000ドル到達、コインベースはログイン障害
仮想通貨ビットコインは一時64,000ドルまで高騰するもその後一時58,000ドル台まで反落。コインベースのサイトは取引集中などを受けログインや残高の表示問題に見舞われている。
02/28 水曜日
16:50
周南公立大、分散型デジタル学生証を開発 Web5とライトニング採用
周南公立大学がブロックチェーンと一線を画すWeb5技術と、ビットコインの決済技術ライトニングを活用した先進的なデジタル学生証システム開発を発表。プライバシー保護とセキュリティ強化を図る。
16:21
ビットコインETF承認後に高騰する相場をプロが解説|寄稿:仮想NISHI
ビットコインETFからの流入超過で高騰する暗号資産(仮想通貨)相場の展望は? 暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)相場とデリバティブの最新データについて、SBI VCトレードのアナリスト「仮想NISHI」が解説した。
14:50
グローバル法律事務所Norton「SECの規制や執行措置は今年さらに強化される」
グローバル法律事務所Norton Rose Fulbrightは2024年の展望レポートで、米SEC(証券取引委員会)は仮想通貨業界に対する「執行措置を伴う規制」アプローチをさらに強化するとの予測を明らかにした。
12:55
60000ドルを伺うビットコイン、市場心理は2年半ぶり『極度の貪欲』水準に
暗号資産(仮想通貨)市場では機関投資家のビットコインETFへの資金流入が止まらず60000ドルに迫るなか、投資家心理を示すCrypto Fear and Greed Indexは「極度の貪欲」示す82に達した。
11:20
ソラナ基盤の「Parcl」、エアドロップ発表
仮想通貨ソラナ基盤プロジェクトParclが独自トークンPRCLのエアドロップを発表。その後、預け入れ総額は1億ドルを突破した。
10:20
投資銀行がマイクロストラテジー格上げ ビットコイン12万ドル超前提で
投資銀行ベンチマークは米マイクロストラテジーの目標株価を990ドルとした。ビットコイン価格が2025年末に12万ドルを超えると想定している。
08:50
「パラレル」ベータ版開始へ、PRIMEトークン高騰
パラレルはNFTトレーディングカードゲームだけでなく。OpenAIとUE5エンジン技術を使った人工知能アバター主導型ゲーム「コロニー」も開発中。「アバターNFT」の価格は先日のティーザーを受け値上がりし、現在1.11 ETH(約3,600ドル)で取引されている。
08:00
Bybit「機関投資家はETHを最も保有」
機関投資家が最も保有している銘柄はイーサリアムであることなどを掲載したレポートを仮想通貨取引所Bybitが公開。これは、同社ユーザーの投資行動に関するレポートである。
07:26
イーサリアム「Dencun」、メインネット実装予定日が3月13日
Dencunメインネットの実装時期は、推定日本時間3月13日22時55分前後に起動する見込みだ。これにより、L2手数料削減のプロトダンクシャーディングの導入が実現することに。
07:00
Web3推し活「Oshi」、BITPOINTに新規上場
仮想通貨「OSHI」は、『OSHI3』関連ゲームの第1弾である次世代型美少女放置RPG「ファントム オブ キル -オルタナティブ・イミテーション-(オルタナ)」で利用できる。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア