CoinPostで今最も読まれています

中国四川省、メタバース産業促進に本腰 5兆円市場目指す

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

メタバース市場規模5兆円を目指す

中国の四川省は16日、メタバース産業を促進し、2025年までに約5兆円(2,500億元)の市場規模に成長させることを目指すと発表した。

メタバース関連の産業団地をいくつか建設し、少なくとも15社の有力なメタバース企業を育成することを目標とする形だ。ブロックチェーンインフラの最適化、プライバシー保護の強化、クロスチェーン管理などの開発に言及している。

また、エネルギー、交通、文化・観光、放送、娯楽、医療、教育、都市開発などの分野で200のメタバース導入シナリオを開発し、数多くのベンチマーク製品とサービスを立ち上げるとも述べた。

背景として四川省は、メタバースは「没入型体験と異空間融合によるデジタル世界への新たな入り口」であり、デジタルを活用した経済発展を推進する新産業になりつつあると述べている。

四川省経済の発展を促進する上でも、重要な意義を持つと位置づけた。また、メタバース産業の発展を国際化した方法で推進し、メタバースと実体経済・社会との深い融合を推し進めるとも続けている。

メタバースとは

インターネット上に構築された、多人数参加型の3次元仮想現実世界のこと。アバターを使い、様々な楽しみ方ができる。例えば、『The Sandbox』というゲーム内のメタバースでは、ボクセルアート制作ツールやゲーム制作ツールが提供されており、ユーザーはそのなかで自作のゲームや施設を作ることができる。

▶️仮想通貨用語集

具体的な取り組み分野

四川省が、具体的に取り組む項目として挙げた中には、例として以下のような事項が含まれていた。

  • 重点核心技術の研究開発を強化
  • イノベーションのインフラを強化する
  • 研究開発と設計
  • デジタルツイン空間建設プロジェクト
  • デジタルヒューマンの新用途拡大プロジェクト

まず、重点技術としてはホログラフィック画像、触覚フィードバック、視線追跡などの感覚インタラクション技術やブレインコンピュータインターフェイスから、超高精細ディスプレイや3D(立体)モデリング、CPU、GPUなどの研究開発と応用など、VR(仮想現実)やAR(拡張現実)に関わるものを推進していくとした。

イノベーションのインフラとしては、ギガビット光ネットワーク、モノのインターネット、6G(第6世代移動通信技術)、Wi-Fi 7(第7世代無線LAN技術)などの新世代ネットワーク通信、さらに量子コンピューティングその他、先進コンピューティング技術や人工知能を挙げている。

研究開発と設計の項目では、メタバースの生産・製造、サービス管理など各段階を念頭に置いたメタバースの全ライフサイクルを円滑に進めるシステムを構築することが目標だ。

デジタルツインは、現実世界を写した空間をメタバースに作り上げるものだ。宇宙航空分野や自動車などでデジタルツインの工場を開発したり、エネルギーや農業、物流部門でのシミュレーションや観光部門に活用することに言及している。

例えば、農業では穀物栽培や豚などの飼育で、デジタルツイン環境に地理や環境、天気予報、作物作業などのデータを統合して新たに農業を発展させていくことを探る。

デジタルヒューマンについては、教育訓練、芸能・娯楽、医療などの分野でデジタル世界での分身、デジタルロボット、AIアバターなどの普及加速を目的として、関連技術の向上を図るとしている。

北京市の取り組み

中国では、北京市も5月、Web3産業の支援で年20億円以上の投資を行っていくと発表したところだ。その計画書の中ではメタバースにも触れられていた。

ただ、中国では暗号資産(仮想通貨)は厳しく取り締まられているため、同国でメタバースと仮想通貨が結びつくことは当面ないと考えられている。

関連中国北京市、Web3産業の政策支援強化へ 年20億円以上の投資計画

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/21 水曜日
17:24
ラテンアメリカの大手通信会社テレフォニカ チェーンリンクと提携
大手通信会社テレフォニカが、分散型オラクルChainlinkと提携。API連携によりSIMスワップ詐欺に対抗する。開発者の暗号資産(仮想通貨)を保護する追加レイヤーとして機能。企業のWeb3進出の一助に。
15:02
決済業界が捉えるブロックチェーンの実利、リップル社調査
リップル社と米国高速決済協議会が世界的調査を実施。業界リーダーの60%強が、暗号資産(仮想通貨)の使用が決済プロセスにおいて大きな利益をもたらすと評価。金融業界における、ブロックチェーン技術の現状、課題も明らかに。
12:07
イーサリアム続伸で約2年ぶり3000ドル台に
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム(ETH)が続伸し、22年4月以来初めて3000ドル台を回復した。オンチェーンデータ分析では、クジラ(大口投資家)の動向も活性化し始めているようだ。
12:00
仮想通貨支持のディートン弁護士、上院議員選出馬へ ウォーレン議員に対抗
仮想通貨を擁護する米国のディートン弁護士はマサチューセッツ州で上院議員選挙へ出馬した。エリザベス・ウォーレン議員の対抗馬を目指す。
11:00
マスターカードがSwooウォレットと提携、仮想通貨による報酬プログラム提供へ
決済大手マスターカードはモバイルウォレット企業Swooと提携し、ビットコインなど仮想通貨による顧客報酬プログラムを提供すると発表した。
10:24
ゴールドマン・サックス、日本株を代表する『七人の侍』を選定
日経平均株価が34年ぶりにバブル後の最高値をつける中、大手投資銀行ゴールドマンサックスは日本市場を代表する「七人の侍」を選定した。では、どの銘柄が採用されたか。
08:30
明日決算発表を前にエヌビディア大幅安、仮想通貨関連株も下落
米ナスダックはエヌビディアやAMDなどIT・ハイテク株の売り先行で下落。多くのアナリストはエヌビディアの決算のハードルは非常に高く引き上げられていると指摘した。一方、イーサリアムは約2年ぶりに3千ドル台を回復した。
07:45
計1400億円相当のBTC、米コインベースから出金
計1400億円相当の仮想通貨ビットコインがコインベースから出金されたことがわかった。出金理由については売り圧の低下につながるといった声や、OTC取引のための出金であるといった声など複数の見方が上がっている。
07:30
米デリバティブ大手CME、小口のユーロ建のビットコイン・イーサ先物を提供へ
CMEのビットコイン先物OIは先月過去最高値の52億ドルを記録。仮想通貨ビットコインETFへの高い需要に伴ってヘッジの需要も高まっているようだ。
07:00
EVMウォレットMetaMask、ユーザーへの警告機能を導入 モバイル安全性強化
マルチチェーンへ対応 暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)の主要EVMウォレットMetaMaskは、モバイルアプリおよびエクステンションで、ユーザーへのセキュリティアラー…
05:50
Optimism、4回目のエアドロップで約60億円分の仮想通貨OPを無料配布
今回のエアドロップはOptimismを利用するWeb3アーティストやクリエイターをターゲットとしたもので、合計10,343,757.81 OPトークン(約4100万ドル)を2025年2月13日までに付与する。
05:30
バイナンス、全てのレバレッジトークン廃止へ
仮想通貨(暗号資産)取引所バイナンスは全てのレバレッジトークン廃止の予定を発表した。一方、昨夜StarknetのSTRKトークンの新規上場を実施した。
02/20 火曜日
14:51
韓国与党、選挙公約でビットコインETFやIEOの承認など検討 課税猶予の延長も
韓国の与党「国民の力」は4月の総選挙に向けた選挙公約の一環として、ビットコイン現物ETFの認可を含む、仮想通貨投資に関連した法律の制定を検討すると発表した。
14:36
Uniswap v4は2024年第三四半期に実装へ
Uniswap v4が2024年第3四半期にリリース予定。新機能「フック」の導入、暗号資産(仮想通貨)イーサリアムDencunアップグレードの影響、および監査プロセスに焦点を当て、ロードマップの近況をまとめる。
14:14
LINE NEXT、読んで稼ぐ「ReadON」と提携 コラボNFTを販売
NFT市場DOSIを手掛けるLINE NEXTが、読んで稼ぐアプリReadONとの提携を発表。コラボデジタルアイテムを2月21日に発売。Web3エコシステムにおけるマーケティングやビジネス領域での連携を図る。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア