CoinPostで今最も読まれています

バイサイド機関投資家の半数がデジタル資産を運用|レポート

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

半数がデジタル資産を運用

デジタル資産データプロバイダーのAmberdataがCoalition Greenwichと6日に発表したレポート「Digital Assets: Managers Fuel Data Infrastructure Needs」によれば、米国と欧州の機関投資家は、増大する規制や市場の不確実性にも関わらず、デジタル資産への関心を拡大している。

この調査は5-6月に欧米の資産運用会社やヘッジファンドで、ポートフォリオを管理する(バイサイド)幹部60人を対象に行われた。調査の結果、48%がデジタル資産の管理を行っており、22%が100万ドル~1,000万ドル(約14億円)、12%が2,600万ドル~5,000万ドル(約73億円)をデジタル資産として運用していることが明らかになった。

今後5年間にデジタル資産の運用総額(AUM)が増加することが予想され、年平均成長率11%~20%、20%以上を見込む回答者の割合は合計で41%に上った。

出典:Digital Assets: Managers Fuel Data Infrastructure Needs(以下全て同じ)

現在、ほとんどのファンド(52%)がデジタル資産ETF(上場投資信託)を運用しているか、運用を計画している。米国では2021年からビットコイン先物ETFがCME(Chicago Mercantile Exchange)で取引されている。各ファンドはこれらの商品を理解する専門チームを設けている。

また、リスクを定量化しやすい「ステーブルコイン」を既に運用しているか、運用を計画しているファンドの割合も32%と顕著だ。

ステーブルコインとは

ステーブルコインは暗号資産の一種で、BTCやETH、XRPなど変動性のある資産とは異なり、米ドルに裏付けられその価値($1)を保つことが目的だ。 米ドルの裏付けによるステーブルコイン(USDT・USDC)のほか、DAIやUSTといったアルゴリズムを利用するステーブルコインもある。

▶️仮想通貨用語集

今後の事業機会

デジタル資産市場の今後の展望について、44%の参加者が3-5年の間にデジタル資産が主要なビジネスラインとして成長すると予測している。加えて、25%の企業がデジタル資産戦略を既に採用しており、さらに13%が2年以内の導入を検討中であることも明らかになった。

今後5年間の米国市場と、それを支えるフレームワークと慎重な規制を提供する能力については楽観的である。さまざまな投資ファンドや上場投資信託(ETF)、トークン化された証券のような商品を提供する商機について、肯定的な見方をしている。

新商品の構築という点では、プール型商品(57%)がファンドマネジャーの最も有力な選択肢であり、その代表的なものはETFである。この情報は、市場の機運や規制環境に対する投資家の期待を示している。「例えば、いくつかのビットコインスポットETFは、2023年に承認されるかどうかの瀬戸際にあるようだ。2023年に承認されようとしている。」とレポートは綴った。

資産のトークン化、RWA

銀行やその他の仲介機関は、資産のトークン化、金融資産やリアルワールド資産(RWA)のトークン化、さらにはDeFiへの取り組みを強化している。2023年には、インフラストラクチャープレーヤーやセルサイド企業が実験を続け、構築を進めている。

マネージャーの67%が、ファンド管理の効率化がトークン化の最大のメリットの1つであると回答した。

この動きの中で、JPモルガンチェースがブロックチェーン基盤の入金システムの開発を進めていることも「ブルームバーグ」が報じている。このプロジェクトの目的は、国際決済の効率化であり、まだ初期段階ではあるが、基盤の多くが既に開発されているとのことだ。

関連:JPモルガン、ブロックチェーン基盤の入金システムを開発 顧客の預金をトークン化=報道

また、大手資産運用会社、フランクリン・テンプルトンは、イーサリアム上で国債やETFの株式を反映するトークン(ERC-20)の作成を今年4月に行っている。同社は米ナスダック上場の米国政府マネーファンド(FOBXX)のトークン化資産を、スケーリングソリューションであるポリゴンに拡張した。

関連:フランクリン・テンプルトン、米国政府マネーファンドをポリゴンに展開

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/24 水曜日
08:30
各社のイーサリアム現物ETFのETH保有量明らかに
最も保有量の多いのは、グレースケールのETHEで、2,959,307 ETH(1.6兆円)の運用額だ。ETHEはこれまで運用されてきたイーサリアム投資信託から転換されたもので、23日にイーサリアムのミニ版ETFも同時にローンチした。
07:45
イーサリアム現物ETF、初日出来高1550億円超
23日に取引が開始された仮想通貨イーサリアムの現物ETFの合計出来高は1550億円超に。取引開始に米議員や仮想通貨業界が反応している。
07:15
「ビットコイン2024」のオーガナイザー、ハリス米副大統領の講演について交渉中
ハリス氏はすでに指名獲得に必要な過半数の代議員から支持を得ているが、仮想通貨へのスタンスは未だ表明していない。
06:50
ソラナ初のプライベート・クレジット・ファンド、米大手投資会社ハミルトン・レーンが立ち上げ
運用・監督資産143兆円超の米ハミルトン・レーンは23日、ソラナブロックチェーン上のプライベート・クレジット・ファンド「SCOPE」の立ち上げを発表した。
06:15
トランプ氏、ビットコイン否定派JPモルガンのダイモンCEOの財務長官指名を否定
トランプ氏は24日に、ビットコインに懐疑的なJPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOや、ブラックロックのフィンクCEOの財務大臣指名の噂を否定した。
06:00
クラーケン、ビットコインをマウントゴックス債権者に返済開始 売圧警戒も
多くのビットコインが同時に売却される可能性が警戒され、仮想通貨BTCは23日深夜66,000ドル台を下回った。
07/23 火曜日
18:00
AILayerとは|AIとWeb3を融合するAI駆動のビットコインLayer 2ソリューション
AIとブロックチェーン技術を統合させた、ビットコインLayer 2ソリューション「AILayer」について、特徴やメリットなどを詳しく解説します。
17:40
ブラックロックのビットコインETF、ナスダックETF上回る年初来資金流入額4位に
ブラックロックのビットコイン現物ETF「iシェアーズ・ビットコイン・トラスト」は、ナスダックQQQを超える資金流入を記録。フィデリティも上位にランクイン。イーサリアムETFの発売も迫る中、投資家の関心が高まる。
15:28
ミームコインが4~6月の仮想通貨市場を席巻=CoinGecko
2024年第2四半期の仮想通貨市場でミームコインがWeb Trafficを席巻し、市場シェア14.3%を獲得。暗号資産(仮想通貨)市場におけるミームコインの注目度と、ビットコイン市場動向を詳しく解説。
14:15
時価総額が355兆円規模に、上半期の仮想通貨市場=バイナンスレポート
仮想通貨取引所大手バイナンス、2024年上半期の仮想通貨市場についてのレポートを発表。仮想通貨の時価総額は年初から37.3%増加し、355兆円の規模に拡大したと報告した。
13:20
トランプ氏が大統領再選の場合、ゲンスラーSEC委員長早期退任か=10x Research
10x Researchは、トランプ氏が大統領再選の場合、仮想通貨に批判的なゲンスラーSEC委員長は退任する可能性が高いと意見した。
12:11
ビットコイン67000ドル台で推移、ブラックロックETFへの資金流入は今年3月以来の最大規模に
SECが暗号資産(仮想通貨)イーサリアムETFの最終承認を行う中、ブラックロックのETF「iShares Bitcoin Trust(IBIT)」への資金流入は4ヶ月ぶりの規模に膨らんだ。ビットコイン・カンファレンス開催でのトランプ大統領の発言にも注目が集まる。
11:20
Ondoの米国債担保ステーブルコインUSDY、Cosmosエコシステムに展開
資産トークン化企業Ondo Financeは22日、米国債担保のステーブルコインOndo US Dollar Yield(USDY)をCosmosエコシステムに展開した。
11:02
デジタルアセットマーケッツ、RWAトークンを世界展開へ
RWAトークンのグローバル展開を推進するため、デジタルアセットマーケッツが韓国のWeb3企業CREDERと提携。CREDERは、RWAのトークン化を専門とする企業である。
10:45
仮想通貨「Avail」、取引所バイビットなどに新規上場へ
モジュラー・ブロックチェーン「Avail」による新規発行の仮想通貨「AVAIL」はバイビットなど複数の取引所へ新規上場する予定だ。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア