CoinPostで今最も読まれています

リップル社CEO、SECの仮想通貨規制や有価証券訴訟について見解示す

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

規制明確な地域での雇用に注力

リップル社のブラッド・ガーリングハウスCEOは13日、ブルームバーグの番組に出演し、米証券取引委員会(SEC)による暗号資産(仮想通貨)規制やSECとの裁判について考えを示した。

リップル社は今年、雇用の80%を米国外で行うとも述べている。

ガーリングハウス氏は、ゲイリー・ゲンスラーSEC委員長が12日に仮想通貨の多くは証券に当たる可能性が高いと再強調したことを踏まえて、次のように話した。

(米国とは異なり)シンガポールや香港、英国、ドバイでは、政府が業界と連携を取っており、リーダーシップを発揮して明確なルールを提供している。そのことにより、仮想通貨業界も成長している。

当社がそうした地域で採用を行っているのは、素直に言ってそういう理由からだ。今年の採用の80%は米国外で行われる予定だ。

背景としてゲンスラー委員長は12日、米上院銀行住宅都市委員会の公聴会に出席し、大部分の仮想通貨は投資契約の要件を満たす可能性が高く、それゆえ有価証券とみなされると改めて主張していた。

さらに、仮想通貨セクターには「詐欺や不正・違法な行為がはびこっている」と再度強調している。

関連米SEC委員長が12日に公聴会で議会証言、「仮想通貨の大半は有価証券の可能性」と再度主張へ

SECとは

「Securities and Exchange Commission」の略。株や債券など証券の取引を監督する米政府機関のこと。SECのミッションは「投資家を保護すること」「公正で秩序のある効率的な市場を維持すること」「資本形成を促進すること」である。

▶️仮想通貨用語集

SEC対リップル社の裁判について

ガーリングハウス氏は今回、SECがトークンを証券として登録することを呼びかけても、法律上それが証券とみなされるとは限らないと発言。リップル社との裁判では、地裁判事が明確にXRP自体は証券ではないと判断したと指摘した。

SECは中間控訴を申したてているが、そこで論点となるのは「XRPは証券か否か」という問題ではなく「ある特定の条件下でなされた取引が、投資契約にあたるかどうか」ということだとも続けている。

ガーリングハウス氏は、こうしたことを踏まえて、裁判については「楽観的」な見方を続けていると話した。

SECが、リップル社を有価証券を未登録で提供していたとして訴えたこの訴訟では7月、リップル社に有利な判決が出ている。

連邦地裁判事が、仮想通貨XRPそれ自体は証券ではなく、個人投資家への販売に関しては違法ではないと判断した格好だ。

その後SECは、XRPの一般投資家向けのプログラム販売等が「投資契約」に該当するかという点について、高等裁判所の意見を求める「中間控訴」という手続きをすることを求めた。リップル社側は裁判を長引かせるとして反対している。

関連SEC、リップル社裁判で中間控訴の必要性訴える

『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
10:00
米国の大統領選と仮想通貨政策、グレースケールが意識調査発表
仮想通貨投資企業グレースケールは、ビットコインなどに対する米国人の意識調査の最新版を発表。半数が今後仮想通貨に投資する見込みと回答していた。
08:45
Seiブロックチェーン、v2アップグレード後エアドロップ実施へ
並列処理可能なL1ブロックチェーン「Sei」は29日暗号資産(仮想通貨)SEIのエアドロップを発表した。
07:50
マウントゴックス「弁済はまだ準備中」
マウントゴックスのウォレットから仮想通貨ビットコインが大量移動し、売り圧の警戒が高まるも、弁済はまだ準備中であると同社は説明。弁済期限が徐々に近づく中、投資家は動向を注視している。
07:20
米上場のヘルスケア企業、62億円相当のビットコインを購入 株価高騰
最近仮想通貨ビットコインを財務資産として購入する企業が増えつつある。28日にはメタプラネットが新たに2億5000万円相当のビットコインを購入することを明らかにした。
06:30
2つのブラックロックファンド、1QにビットコインETF購入
グレースケールのGBTCは未だに同業他社より運用資産が多いが、ETFへ転換してから資金が大幅に流出しており、2位のIBITとはわずか20億ドルほどの差しかない。
06:05
トランプ氏、ビットコインが35兆ドルの米政府債務の解決に役立つか関心示す
仮想通貨ビットコインマガジンのデイヴィッド・ベイリー CEOはトランプ前大統領が米国政府の債務問題を解決するためにビットコインを活用できないかと尋ねたことを明らかにした。
05/28 火曜日
15:58
米マイクロストラテジー会長「ビットコインETF承認で資産クラスとしての地位は確固たるものに」
米マイクロストラテジー社のマイケル・セイラー会長は、今年1月に米国でビットコイン現物ETFが承認されたことで、機関投資家にとってビットコイン投資の地位が確固たるものとなったとその重要性を強調した。
13:50
Ledger Stax™配送開始 世界初の湾曲E Ink®タッチスクリーン搭載ウォレット
Ledger社が革新的なセキュア・タッチスクリーンデバイス「Ledger Stax™」の配送を開始。世界初の湾曲E Ink®スクリーンで暗号資産(仮想通貨)管理が簡単に。2024年夏に新規注文再開予定。
12:45
イーロン・マスク氏のAI企業「xAI」、9,400億円を調達
イーロン・マスク氏が設立したAI企業「xAI」は約9,400億円を資金調達した。「xAI」は3月、GPT4に匹敵するAIモデル「Grok-1.5V」をリリースしている。
12:25
7万ドル弱で揉み合うビットコイン、PEPEコインは過去最高値を更新
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインが7万ドル目前で推移する。イーサリアムETF承認でミームコイン相場の投機熱が高まり、PEPEコインが過去最高値を更新し時価総額TOP20入りする場面もあった。
10:25
アービトラム、Web3ゲーム開発への出資で投票実施中 賛成多数
イーサリアムL2アービトラムのコミュニティはゲーム開発に2億ARBトークンを割り当てる提案の投票を開催中だ。現時点で賛成が多数を占める。
09:35
アルゼンチン、エルサルバドルからBTCについて情報収集
仮想通貨ビットコインの法定通貨化などについて情報収集するため、アルゼンチンの規制機関がエルサルバドル当局と会合を開いた。今後の計画も明らかになっている。
08:28
世界のビットコインETF、保有額100万BTC超え
米国の仮想通貨ビットコイン現物ETFへのエクスポージャーの20%以上が、大口投資家や機関投資家によって保有されていた。大手ヘッジファンドや、投資銀行、さらにはウィスコンシン州の年金基金までも含まれる。
07:20
JPモルガン「SECはETH以降はETFを承認しない可能性」
米SECはイーサリアム以降ソラナや他の仮想通貨の現物ETFを承認しない可能性があるとJPモルガンは分析。同社の幹部がその根拠を説明している。
07:00
フレンドテックの仮想通貨「FRIEND」急落、Baseチェーン離脱を嫌気か
Friend.techの移転先に関しては、L2ブロックチェーン「Blast」やソラナなどが候補に上がっている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア