CoinPostで今最も読まれています

Web3企業チューリンガムの親会社クシム、仮想通貨取引所Zaifの親会社と経営統合へ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Web3事業の拡充へ

日本のWeb3スタートアップ企業チューリンガムを子会社に持つクシム(Kushim)は21日、カイカエクスチェンジホールディングスの株式を取得(連結子会社化)して経営統合することを、取締役会で決議したと発表した。

経営統合が実現すれば、カイカエクスチェンジホールディングスが子会社として持つ暗号資産(仮想通貨)取引所「Zaif」を運営するカイカエクスチェンジ、また仮想通貨投融資事業を行うカイカキャピタルの2社もクシムの連結対象となる予定だと説明している。

クシムのミッションは「ブロックチェーン技術の社会実装を推進し、その普及に貢献する」こと。同社は東京証券取引所のスタンダード市場に上場している。ブロックチェーンゲーム「Eternal Crypt -Wizardry BC-」の開発に携わり注目度を高めているチューリンガムは、昨年に子会社化した。

関連ブロックチェーンゲーム『Eternal Crypt – Wizardry BC -』、INO販売詳細スケジュール発表

クシムやカイカエクスチェンジホールディングスらの協業は今回が初めてではない。今年4月からはチューリンガムとカイカエクスチェンジが事業面で提携。両社の企業価値向上を目指して、チューリンガムがカイカエクスチェンジに対し、Zaifの開発プロジェクトマネジメントや仮想通貨の新規上場対応業務を支援してきた。

今回、発表の統合目的の欄でクシムは、日本では岸田首相が率いる政府がWeb3を推進していること、ステーブルコインの法制が明確化されたこと、税制の改正が進んでいること、ドコモやスクウェア・エニックスなど従来の大手企業がWeb3に参入していることなどを記載。そして、以下のようにコメントしている。

関連岸田文雄内閣総理大臣がビデオ登壇|WebXカンファレンス

こうした背景から日本のWeb3市場は次のフロンティアとしてグローバルに認知されています。

当社においては、法制度の整備や大手プレイヤーの参画、2024年のビットコイン(BTC)半減期以降の仮想通貨市場の上昇期待などの要因によりWeb3ビジネスの大衆化はさらに進み、ビジネスチャンスはいっそう拡大すると考察しております。

具体的な事業戦略

クシムは、Web3ビジネスの大衆化が進むために必要な要件の例として以下の内容を挙げた。

  • ウォレットやアプリケーションの利便性の改善
  • 仮想通貨を介した新たなユーザー体験の創出
  • 大手プレイヤーや仮想通貨流通プラットフォームを中心とした健全化

その上で今後の具体的な事業戦略を紹介。その中の1つに「垂直統合型のビジネスモデル展開」を挙げた。「トークン企画・発行」をチューリンガム、「上場審査」などをZaifが担当するというように、Web3ビジネスの根幹とされるトークノミクスのバリューチェーンを、グループ企業がワンストップで実現することが可能になるとした。

クシムの調査では、トークン企画・発行機能と取引所機能の両方を保有する国内法人は確認できなかったと述べている。

出典:クシム

そして、垂直統合展開によって外部ネットワークとの連携上の効果もあると主張。チューリンガムがトークン企画・発行機能による案件組成をする際に、グループ内で取引所機能を保有していることによって、サービス品質・コスト・納期(=IEOまでのスピード)を強みとして、収益性の高い案件獲得の可能性が飛躍的に高まるとみているとした。

IEOとは

「Initial Exchange Offering」の略。プロジェクトが開発・発行するトークンの資金調達を仮想通貨取引所が支援する仕組みのこと。

▶️仮想通貨用語集

関連仮想通貨の新たな資金調達法、IEOとは|ICOとの違いやメリットを解説

他にも以下のような事業戦略を紹介している。

  • 先進的なサービスの提供:ステーキングサービスの提供やWeb3企業との提携
  • Zaifのバリューアップ施策:機能・UI/UXの向上

関連Zaif、暗号資産FXサービス終了と「第一種金融商品取引業」の廃止を決定

クシムは今後の事業の見通しについて、今回の経営統合が業績に与える影響については精査中だが、中長期的に業績の向上に資すると考えているとした。そして、以下のように述べている。

本経営統合後は、それぞれの強みであるノウハウ、経営資源、顧客ネットワークを活用し、企業統合プロセスを推し進めながら、より強固な経営体制と事業戦略を構築し当社グループの企業価値向上を目指してまいります。

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/19 金曜日
16:08
JBA、暗号資産に関する税制改正要望を政府へ提出
日本ブロックチェーン協会(JBA)が2025年度の暗号資産(仮想通貨)税制改正要望を政府に提出した。申告分離課税や損失の繰越控除、暗号資産デリバティブ取引の適用、寄附税制の整備などを提案し、暗号資産の普及と市場活性化を図る。
13:15
香港当局がステーブルコイン規制法案を発表 今年中に立法会提出予定
香港の金融規制当局は、ステーブルコイン発行企業に対する規制導入についての公開協議結果を発表。今年中にステーブルコイン規制法案を香港立法会に提出する予定であると述べた。
12:36
NYダウ反落、ビットコインは上昇一服 アナリストは強気・弱気で見解割れる
暗号資産(仮想通貨)相場ではNYダウなど株式市場の反落もありビットコインが上昇を一服。今後の展望について、アナリスト間では、強気・弱気シナリオで見解が別れている。
11:30
韓国で「仮想通貨ユーザー保護法」が施行 保険加入など義務付け
韓国政府は19日、仮想通貨ユーザー保護法を施行した。投資家保護に重点を置いており、ユーザー資産保護や取引監視を定めている。
10:25
分散型予測市場ポリマーケット、バイデン米大統領の選挙撤退予測90%到達
仮想通貨ポリゴン基盤の分散型予測市場「ポリマーケット」で、バイデン米大統領が選挙から撤退する予測が一時90%まで到達した。
09:55
ビットゴーがビットコインL2・仮想通貨「Stacks」と提携 sBTCも取扱い予定
ビットコインのレイヤー2Stacks(STX)は大手仮想通貨カストディ企業BitGOと提携。BitGOはStacksのトークンなどを取り扱う。
08:00
中国テンセントなど、ブロックチェーンデータ企業「チェーンベース」に23億円出資
チェーンベースは、大手テンセント・インベストメント・グループとマトリックス・パートナーズ中国が共同主導するシリーズAラウンドで1,500万ドル(23億円)を調達した。
07:40
WazirXの仮想通貨の盗難被害、北朝鮮が関与か
シバイヌトークンやイーサリアムなど200種類以上の仮想通貨360億円超相当が、インド大手取引所WazirXから盗まれた。同社は初期調査の結果を公表している。
07:00
マウントゴックスの債権者の一部はビットコイン保有を選択か=Redditの世論調査で
マウントゴックスの受託者アドレスの現在の残高は47,228 BTCのビットコインで、4,740億円に相当する。まだ大部分の仮想通貨BTCは債権者の元へ返されていない状況だ。
06:30
トランプ氏、ビットコイン会議で1席当たり1.3億円調達予定
米共和党の大統領候補ドナルド・トランプ氏は、来週開催されるビットコイン会議「ビットコイン2024」の参加者に対し、円卓会議に参加するために84万4600ドルを支払うよう求めている
07/18 木曜日
15:15
米金融大手ステートストリート、独自のステーブルコイン発行検討か
米ボストン拠点の金融大手ステートストリートは、ブロックチェーン上の決済方法を模索しており、仮想通貨ステーブルコインの発行を検討していると報じられた。
14:00
ヴィタリック、仮想通貨支持派という理由のみで政治家を選ぶことに反対
仮想通貨イーサリアムの共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏は、米国選挙に向け「仮想通貨賛成派」であると主張しているか否かだけで、候補者を選ぶことに対して警告を発した。
12:00
SECが承認、グレースケールのイーサリアムミニ・ETF 手数料低減で資金流出を防ぐ狙い
米SECはグレースケールによるイーサリアムミニETFの19b-4様式を承認。他社のETH現物ETFと同時ローンチする可能性が高まった。
11:30
グレースケール、NEARやRNDRなどに投資する分散型AI関連ファンドを販売開始
米大手仮想通貨投資会社グレースケールは、新たに分散型AI関連のファンド(投資信託)をローンチした。投資割合はNEAR(31.87%)とFIL(30.03%)が最も高い。
10:45
TON、ビットコインのブリッジ機能をローンチへ
TONのブロックチェーンへ仮想通貨ビットコインをブリッジできる新機能が今年にローンチされる予定。プロジェクトが機能の概要を説明している。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア