仮想通貨ビットコインの相場回復はあるか?|歴史上には3段階の転換期

ビットコインの相場は回復するのか
ブロックチェーン専門メディアHackernoonに掲載した記事で、ビットコイの歴史的相場を三段階に分けて考察した結果、今後相場が回復する可能性が高いと示唆した。

ビットコインの3段階

ブロックチェーン専門メディアHackernoonに掲載した記事 で、図を兼ねて、仮想通貨相場がこれまで4つ段階を経てきたとの考察結果が見られました。

出典:Hackernoon

筆者は、現在「我々が見ている相場の起伏は過去にも起きていた」と、ビットコインを代表格として以下のように説明しました。

まずは、第一段階である「黎明期」

スマートマネー/最初の信者たち

  • 2007年:ビットコインは『サトシ・ナカモト』によって作られる
  • 2008年11月:ビットコインのホワイトペーパーが公開される
  • 2009年:サトシとHal Finney氏は初めてビットコインの決済を行い、ビットコインは誕生

ビットコインはこの時期には殆ど価値が無く、2010年3月になって初めて0.003ドル(=1セント未満)という値が付きます。

次に、第二段階である「意識期」

機関投資家

  • 2011年: ビットコインのことについて徐々に人々の耳にとまり、オープンソースであることから、アルトコインが誕生する
  • 機密情報を公開するウェブサイトウィキリークス(WL)が初めてビットコインの寄付を募金し、その他いくつかの組織がビットコイン支払いの受け付けを開始
  • シルクロードという闇市場サイトが開設
  • イーサリアムの共同創設者であるヴィタリック・ブテリン氏は『ビットコインマガジン』を立ち上げる

当時最大の『ビットコインバブル』が発生、2月から6月にかけて、0.3ドルから10ドルまで暴騰した後、1週間で30ドルまで3倍近く上昇。 この時期、ビットコインは100倍以上の成長を記録した。

そして、第三段階「マニアと急騰」

大衆が関わる現在

  • 2011年=初のマニアにおけるブームで、ビットコインは0.3ドルから30ドルまで暴騰した後、5ドルまで反落、その後20ドルへと反発、最終的に5ドルに留まるといった高いボラティリティ相場幕開け。
  • 2013年(前編)=第二マニアブーム(段階)が起こり、年始から3月中旬にかけて15ドルから50ドルへ上昇してから更に2週間では100ドルまで急伸。その後230ドルまで上昇する一方で、翌日には160ドルまで暴落する。
  • 2013年(後編)=引き続き、11月に250ドルに再反発して、一か月以内5倍の暴騰で1100ドルに至り、年末に70ドルに再暴落する。
  • 2017年~2018年=2017年6月までに900ドルから2700ドルまで上がり、8月中旬には4300ドル、そして、相場の起伏を伴い、ATHの2万ドルへ達する。
  • 2018年の初めから1万5000ドル、8000ドル、そして6200ドルへ下落、6000ドル付近を底値に推移、現在へ。

サイクルは再到来するか

筆者は、以上の歴史データから、2018年年始から、8000ドル~1万1000ドル、6800ドル~9200ドルという上昇と下落を交代し、しかも下落しては急上昇する傾向が見られて、相場回復は十分見込めると語りました。

ビットコインの値動きも就職傾向にあり、今後大きくどちらかの方向に大きく動く可能性も指摘されています。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します